再治療をしない!繰り返す虫歯の原因と治療方法について

はじめに

虫歯の治療や歯のクリーニングのために歯科に通院している方はとても多くいらっしゃいます。

 

多くの歯科ではだいたい半年に1回の定期検診が勧められますが検診のたびに虫歯が見つかり、何度も通院を繰り返し、再治療をするのを少し面倒に思う方もいるのではないでしょうか。
そういった経験のある方は意外と多いと聞きます。

 

1回で終わるものならまだしも何度か通院し、治療に麻酔が必要となると仕事などにも支障が出てしまいますよね。
忙しい方は通院の時間もとれないのではないでしょうか。

 

今回は虫歯の根本的原因や繰り返す原因と再治療をしなくて済む予防方法についてお話しします。
虫歯ができやすい方は体質でもあります。気になる方は参考にしてください。

 

〇虫歯を繰り返す原因は何?〇

虫歯ができる根本的原因は赤ちゃんの頃の大人からの感染になります。

虫歯菌を持つ大人が食べたものを自分の子どもに食べさせたり、大人が使った箸やスプーンを使って食べ物を与えたりすることにより、本来は虫歯菌のないきれいな子どもの口の中に菌が入り込んでしまうのです。
昔は今よりもそういった意識が低かったので、自分の口で噛んで柔らかくしたものを子どもに与えるお年寄りも多かったため、の感染が続いていったのです。

 

また、虫歯がひどくなると歯科で治療を受けますがその際詰め物をします。
ほとんどの方は保険の効く金属などを詰めると思いますが、再治療が必要な繰り返す虫歯の多くがその詰め物の隙間からできる二次カリエスと呼ばれる虫歯の種類なのです。

 

詰め物をし、時間が経つとずれが生じたり、詰め物が劣化したり、毎日の咀嚼で少しずつ削られていきます。
そうなると依然削った歯と詰め物の間に隙間ができます。

 

この隙間に口の中にある虫歯菌や食べかすが入ってしまい、虫歯の繰り返しの原因となってしまうのです。
虫歯を繰り返す方は虫歯菌が常にお口にあるということです。

 

虫歯体質と言われるもので先ほどあげた子どもの頃からの習慣、毎日のデンタルケア不足、間食や甘いものの摂りすぎ、歯の質が弱い、唾液の量が少なかったり力が弱いなどが原因で虫歯体質になってしまいます。

 

残念ながらその体質を治すことは難しいのですが、しっかりとしたケアや習慣を正すことで虫歯体質を抑えることができます。
虫歯体質を改善できれば虫歯の再治療もせずに済みます。

 

また、歯並びが悪い方は歯が重なっている部分や歯ブラシの届きにくい部分が多いため、虫歯ができやすい傾向にあります。

虫歯の基本的な予防法について

そんな虫歯の予防法をご紹介します。
まず基本は歯をよく磨くことです。食後や寝る前はしっかりと磨きましょう。
歯を磨かずにいると虫歯菌が繁殖し、その量が多くなり虫歯になると空いた穴から菌が体内へ入っていきます。海外では虫歯が原因で死亡した例も出ています。
また妊婦さんが虫歯や歯周病になってしまうと早産や流産傾向が強くなります。
それだけ虫歯をそのままにしておくことは体に影響を及ぼすのです。

 

最近は歯磨きを毎日しっかりする方に比べてしない方の平均寿命が数年短くなることも分ってきました。
べたら磨く、当たり前のことですが基本に戻り虫歯予防に努めましましょう。
そしてフッ素配合の歯磨き粉やケア製品を使うこともおすすめです。

 

フッ素とは虫歯の原因となる酸の抑制やカルシウムやリンの再石灰化を抑える効果があります。再石灰化はいわゆる歯石のことです。
子どもが3歳くらいになると歯科でフッ素塗布をするというご家庭も多くなりました。

 

歯質も強化されるのでフッ素配合の歯磨き粉やデンタルリンスを使うこと、定期的なフッ素塗布はおすすめです。
また、一番気をつけていただきたいこととして、

小さなお子様がいるご家庭は口移しや同じ箸、スプーンを使うことは絶対に避けましょう。
虫歯体質は子どもの頃の環境も影響します。

 

保護者に虫歯がない状態でも大人は誰でも少なからず虫歯菌を持っています。
大人の虫歯菌を子どもに移さないよう気をつけましょう。

繰り返す虫歯の予防法

繰り返す虫歯については治療をしたり詰め物をしている部分やその間のケアを毎回欠かさないことで、二次カリエスを抑えることが可能です。

 

デンタルフロスを用いて食べかすが溜まりやすい歯と歯の間をしっかりケアしましょう。
虫歯のできにくいお口の環境を整えることも大切です。
例えば口呼吸の方は鼻呼吸の方と比べて口内が乾燥しやすくなり、菌が多く繁殖してしまいます。そうなると虫歯菌の動きも活発になってしまいます。

 

また、間食や甘いものを食べる機会が多い方も酸が出やすくなるため虫歯を進める原因となります。
定期的に歯科へ通院し、担当医に歯の状態を尋ねて把握することも再治療を減らす予防になります。
歯垢がどの歯に溜まりやすいか、どの歯が磨けていないか染め出しをしてもらい確認ましょう。

歯科で出来る予防法

歯科で出来る二次カリエスの予防法としては虫歯の部分に詰め物をする際は、劣化の少ないセラミックなどを使用することで予防できます。

 

保険はききませんが金属の詰め物よりも耐久性が高く、密度も高いので二次カリエスのリスクや再治療の回数は格段に減り、金属アレルギーの方も安心して使うことができます。
今までの詰め物をセラミックに変えることも可能です。

 

そして歯並びを整えることも虫歯を防ぐ方法の1つです。
セラミックも歯列矯正も自由診療となるので費用は歯科によって異なりますが、1度しっかり治療をしておくとそれ以降の再治療の回数や通院の手間がなくなります。

 

虫歯を繰り返し治療している方は歯を削りすぎてなくなってしまったり、抜かなければならなくなる場合もあるのでセラミックや歯列矯正を検討されるのもいいでしょう。
最近は高性能なマイクロスコープでの診察や治療も可能なので担当医に相談してみましょう。

まとめ

虫歯は毎日の積み重ねや生活習慣でひどくなったり抑えることもできます。

 

再治療が多い方やこまめに通院をしているのに虫歯を繰り返してしまう方は、家での歯磨きの仕方や生活習慣が原因かもしれません。磨き方や食生活を一度見直してみましょう。

 

星野歯科では問診から治療を終えてまでのアフターフォローまで、細かい説明と患者様に合った検査や定期検診、治療計画をご提案しています。
自由診療の歯列矯正やセラミックも取り扱っているのでお気軽にご相談ください。