インプラントは誰でも治療を受けられるの?

 

歯がダメになってしまったけれど、以前のように思いきり美味しいものを噛んで食べたい。

このような方におすすめできる治療が、インプラントです。

たとえば、一時的に食品を噛むことができるだけで良ければ、差し歯入れ歯という方法があります。

ですが、これらの治療は永続的な効果を見込むことが難しく、差し歯であれば抜けてしまう可能性、入れ歯であれば、サイズが合わなくなる可能性があります。

では、インプラントではそのような心配はないのでしょうか?

また、インプラントは、誰でも受けることかできる治療なのでしょうか?

 

インプラントってどんな治療?差し歯とどう違うの?

入れ歯はともかく、差し歯とインプラントは仕上がりの見た目が似通っていますので、混同してお考えの方は多いのではないでしょうか?

ですが、差し歯とインプラントは全くのベツモノで、差し歯は将来的に抜けてしまう可能性がありますが、インプラントではそのような心配はありません。

 

まず差し歯ですが、これは歯が抜け落ちたあとの根の部分に、プラスティックなどの素材で作られた土台を差し込み、プラスティックやセラミックで作られた人工歯を被せる治療です。

一方で、インプラントは歯が抜け落ちた部分にインプラント体と呼ばれるボルトのような金属を埋め込み、その芯となる部分に人工歯を被せる治療です。

また、差し歯では手術が必要ありませんが、インプラントでは頬の骨にインプラント体を埋め込む手術が必要となります。

つまり、インプラント体が骨にしっかりと埋め込まれている限り、差し歯のように抜けてしまう心配はまずないということです。

 

インプラントのメリットについて

まず、インプラントはインプラント体が骨にしっかりと埋め込みれている状態ですので、ご自身の歯と同様の安定感を得ることができ、噛む力の回復に役立つというメリットを持っています。

つまり、入れ歯や差し歯とは異なり、硬い食品も怖がらずに食べることができるということですね。

また、インプラントは入れ歯や差し歯よりも仕上がりが自然であるというメリットも持っています。

それでは次に、インプラントは誰でも受けることができるのか?という疑問に迫ってみることにしましょう。

 

インプラントは誰でも受けることができる?

残念ながら、インプラントは誰でも受けることができる治療ではなく、以下の疾患をお持ちの場合では、治療を行うことができない場合もあります。

 

糖尿病

糖尿病の方の場合、確実にインプラントを受けられないということではありませんが、多くの歯科医院では、糖尿病患者に対するインプラントは行っていないようです。

そして、その理由には、糖尿病の方は免疫力が低下している可能性があり、細菌などによる感染リスクが高いという点にあります。

この部分については、糖尿病の重症度にもよりますので、糖尿病治療を行っている医師に確認してみるのがいちばんの方法です。

 

心臓疾患

心臓疾患にはさまざまな種類がありますが、軽い不整脈など、重症度が低い患者さんの場合では、インプラントを行えることがあります。

ですが、心不全など、重症度が高い心臓疾患をお持ちの方、あるいは心臓ペースメーカーなどを使用している方の場合では、インプラントは避けたほうが良いとされています。

 

高血圧

高血圧の基準値は、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90140mmHg以上とされています。そして、高血圧と医師に診断されている方の場合では、内科で血圧をコントロールした上でインプラントを受けることができる場合もありますが、インプラントの治療中に血圧が急上昇することも考えられます。

したがって、特に重症度が高い高血圧の方は、インプラント治療を受けることができない場合もあるということです。

 

肝臓疾患

肝臓は血液を凝固させる成分を生成する臓器です。そのため、肝臓になんらかの疾患がある方は、治療中に血液が凝固せずに流れ出てしまう可能性があると考えられ、インプラントを行うことはできません。

また、肝臓は薬物を代謝する臓器でもありますので、治療中の薬物を代謝することができない可能性を考えて、インプラント治療は避けるべきとされています。

 

腎臓疾患

腎臓疾患を発症すると、免疫力の低下によって傷が治りにくくなります。そのため、手術が必要となるインプラントを受けることはできないと考えられています。

 

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨密度が低く、骨が非常にもろくなっている状態です。

そして、インプラントはインプラント体を骨に埋め込んで骨と一体化させる治療ですので、骨粗鬆症の方が受けるには、リスクが大きいと考えられます。

そのため、特に重症度が高い骨粗鬆症の方の場合では、インプラントを避ける歯科医院が多くなっています。

 

がん

あご周辺に放射線治療を受けている方、または過去に受けていた方の場合では、骨の自己治癒力が低下していることが考えられますので、インプラントは避けたほうが良いとされています。

 

インプラントは、誰でも気軽に受けることができる治療ではないということがわかりましたね。

ただし、それぞれの疾患の治療に当たっている医師の判断によっては、特定の条件つきでインプラントの許可が下りる可能性もあると考えられます。

この部分については、それぞれの疾患の重症度や現在の健康状態が左右すると考えられますので、なんらかの疾患をお持ちの方は、ひとまず疾患の治療を行っている医師に、インプラントの可否についての確認を行ってみると良いでしょう。

 

まとめ

失ってしまった歯は、二度と生えてくることはありません。そして、失った歯の部分を補うために行われるのが、差し歯、入れ歯、インプラントといった治療です。

そして、仕上がりが自然で、硬い食品もしっかり噛むことを重視するのであれば、インプラントが最も適した治療であるといえるでしょう。

ですが、インプラントは骨にインプラント体を埋め込む大掛かりな治療ですので、誰もが受けることができるわけではありません。

 

今回は、インプラントを受けることができない可能性のある疾患をいくつかご紹介してきましたので、これらの疾患をお持ちの方の場合では、まずは疾患の治療を受けている医師に相談し、インプラントの可否を確認してみることをおすすめします。