インプラントの費用について

近年、よく言葉を聞くようになったインプラント治療。
インプラント治療とは、歯を虫歯や歯周病、事故やケガなどで失ってしまった場合に、失った歯の代わりになる治療法です。
インプラント体と呼ばれる金属を顎の骨に埋め入れて、人工の歯を被せて第2の歯として使用します。

 

かみ合わせや噛む力などの機能性と見た目の審美性、使用年数の耐久性など、多くの面においてメリットが多く、また自分の歯のように感じられる点も優れています。

 

インプラント治療に興味があっても、治療や費用面など、初めてのことで不安や疑問も多くあると思います。
今回はインプラント治療にかかる費用についてみていきましょう。

 

インプラントの費用

インプラント治療には保険が適用されないため、歯医者さんによって費用が大きく異なります。

1本あたりの費用は、使用する種類や症状によって、20~70万ほどの開きがあります。
なぜ、そのように金額の差がでるのか項目ごとにみていきましょう。

 

インプラントの構造

技術や設備などで価格の設定が異なることもありますが、インプラント治療に使用するインプラントの構造が、患者さんの症状や希望によって様々な選択肢があることも、その理由の一つです。

インプラントは大きく分けると、インプラント体アバットメント被せ物に分かれています。

 

インプラント体とは、インプラント治療において、失った歯の歯根に代わる部分として、直接顎の骨に埋め入れるものです。
材質の多くはチタンという金属でできており、顎の骨と結合して歯を支える根幹となります。

 

アバットメントとは、顎の骨に埋め入れたインプラント体と被せ物をつなぐ役割をする部分です。
個人差のある歯茎の高さを調節するために、患者さんに合ったアバットメントを選びます。

 

被せ物とは、アバットメントの上に取り付ける、人工の歯です。
素材は金属やセラミックなどいろいろな種類から選ぶことができ、この材質面でも費用に差がでてきます。

 

インプラント体の種類

  • インプラント体が一体のもので、被せ物はセメントで接着するタイプ
  • インプラント体にスクリューでアバットメントをつけ、歯茎と歯の高さを調節できるようになっているもの。被せ物はセメントで接着する。
  • インプラント体にアバットメントと被せ物が一つになったものを、スクリューで固定する。
  • インプラント体とアバットメントをスクリューで固定。その上に被せ物をスクリューで固定。

など、様々に選択できます。

 

インプラント体の選び方

患者さんの噛み合わせや、インプラントを埋め入れる骨の状態や、埋め入れる場所による審美性や強度などを考慮しながら決めていきます。

また、年齢による耐久性や手入れのしやすさなども、なるべく長く使いつづけるためには大切な項目です。

例えば、アバットメントや被せ物をスクリューで固定しないタイプのものは、費用が抑えられる傾向があります。

 

しかし、インプラント周囲炎にかかりインプラントが使えなくなったり、歯茎がやせたり腫れたりで高さが変わったり、年月を経て被せ物がかけてしまった時などの治療法が限定的になってしまいます。

スクリュー式のインプラントであれば、アバットメントや被せ物を単体で交換することができますが、セメントで接着している場合はインプラントそのものを交換しなくていけないことになってしまいます。

 

歯科医師の技術の差

インプラント治療は歯科治療ですが、外科手術をともない、歯科医師の知識や技術が影響しやすいです。

歯科医師の経歴や今までの治療実績や治療年数などを確認したほうがいいでしょう。

インプラントに関する学会が認定する認定医の資格を有していることも目安になります。

 

歯医者さんの設備環境

外科手術をする歯医者さんの環境も大切です。
日々進歩する医療技術を患者さんのために使用し、治療の成功をあげる努力や、身体的にも気持ち的も、患者さんの負担が軽減されるような環境が整っているか、もチェックしましょう。

 

インプラント治療には麻酔が用いられますが、手術を執刀する先生の他に専門の麻酔医がいる方が安心です。

手術中の患者さんの容態を常にチェックできるような体勢や設備がある歯医者さんの方が、安全性はあがります。

 

補助手術

治療法や費用で、大きく差がでるのは、インプラントの補助手術です。

インプラントを埋め入れる骨の厚みや幅が足りなかったり、薄かったりして、インプラント治療ができない場合に、骨を増やしたり再生させる補助手術を受けることができます。

 

・GBR法

骨が足りない場合にする手術で、インプラントを埋入する箇所の骨の足りない部分に、自分自身の骨や人工の骨を埋め入れ、骨を再生させる治療法です。

 

・ソケットリフト/サイナスリフト

上の歯にインプラントをする際に、骨が薄いとインプラントが頬にある空洞の上顎洞に突き抜けて、固定できないケースがあります。
ソケットリフトとは、この上顎洞を押し上げて空間を作り、骨をつくる方法です。

サイナスリフトはソケットリフトでは対応できないほど、骨の厚みが薄くなっていたり、インプラントを数本埋め入れるケースにする補助手術です。

口側からではなく、頬から穴をあけるので、ソケットリフトよりも大掛かりな手術になります。

 

・ブロックボーングラフト

骨が痩せて、インプラントするには骨の量が少ない場合にする手術で、顎などから骨を移植して、骨の厚みを足します。
GBR法だけでは対応できない場合に適しています。

 

デンタルローンについて

歯科医療関連に対するローンで、患者さんの代わりに信販会社が歯医者さんに立て替え払いをして、患者さんは信販会社にお金を支払う方法です。

インプラント治療したいけれど、費用の面で自分の希望に合った治療法を選べない時や、お金が貯まる前に治療したい場合、などに利用できます。

自分の生活や収入に合わせた借り入れ額や返済方法、支払い回数などを選ぶことができます。
まとまった費用を用意できない時も、月々の返済額を無理のない範囲で決めて、治療に臨むことができますね。

デンタルローンを取り扱っている歯医者さんは限られているので、もし利用を考えている場合は、問い合わせてみましょう。

 

まとめ

歯医者さんごとに費用が異なり、費用が安いから粗悪、高いから安心、というわけではありません。

しかし、費用が安いから、という理由で歯医者さんや治療方法などを選ぶのはとても危険です。

費用が安く抑えられるのはとても魅力的なことですが、治療結果も見合ったものになることが多く、安価なのにはちゃんとした理由があります。

歯医者さんの設備や歯科医師の経験や技術、使用しているインプラントや材質など、自分にあった治療法を適正な価格で受けるようにしましょう。