痛くないインプラント治療

はじめに

インプラント治療を何度も受けたことがある・・という方はほとんどいないのではないでしょうか?

多くの方は初めてなので、痛みがどの程度なのか不安に思うはずです。
ここでは、インプラント治療の痛みはどの程度なのか、手術後の痛みを和らげる方法・・などをお教えします。
インプラント治療にはさまざまなメリットがあるので、痛そう、怖いなどという理由だけで治療に躊躇するのはもったいないので、ぜひ今後のご参考にしていただきたいです!

インプラント治療の痛みとは

治療中はほとんど痛みがない

インプラントとはあごの骨に穴をあけ、そこに歯を埋め込む治療で手術を必要とするため痛そうだと思うのは仕方がないでしょう。
ですが、手術中は麻酔を行うため痛みはありません。
痛みを感じるのは麻酔の注射をする時くらいで、それもちょっと痛みを感じる程度です。
つまり、激しい痛みを伴う治療ではありません。
基本的に、インプラント手術は30分程度で終わるため、それに合わせて麻酔が適切に処方されていれば安心です。
安心して治療を受けて下さいね。

麻酔が切れると痛みが出る?

もし、手術中に麻酔が切れてきたら痛みが出るのでは・・と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
確かに麻酔が切れてしまうこともありますが、その場合にも麻酔を追加して痛みを感じないようにしてくれるため特に問題ないでしょう。
ただ、奥歯などの治療の際には確かに麻酔が効きづらいこともありますので、少し痛みが起きることもあるようです。
ですが、麻酔をうまく調整するため治療中激しい痛みに耐え続けるなんてことはありません。
もし、麻酔について不安な点があれば前もって歯科医師に質問しておきましょう。

それでも不安な場合

インプラント治療では上で書いたように麻酔を行ってから手術をしますが、それでもまだ不安な方がいるようです。
そういった方は静脈内鎮静法という方法で手術をすることもできるため、歯科医師と相談するといいでしょう。
この方法は痛みをより和らげることができるもので、通常の麻酔より安心で、この方法だとうとうとと半分寝ているような状態になるため痛みをより感じにくくすることができます。
また、全身麻酔と比べると体への負担も軽減できるので、インプラント治療を受ける本数が多い方や手術が長時間にわたる場合などには静脈内鎮静法で受けるといいでしょう。

インプラント手術後の痛みを軽減するには

食事に気をつける

手術後は傷口を悪化させたり痛みを軽減するためにも硬いものは避けましょう。
できるだけ手術したところでものを噛まないようにしましょう。
また、辛いものなどの刺激物は血液の循環をよくするため血が出やすくなったりするので手術後数日間は控えましょう。
もし、インプラントが1本の場合には刺激物などを避ける程度で問題なく食事ができますが、何本もインプラントを入れる場合にはヨーグルトやおかゆ、雑炊など栄養価の高い柔らかいものを中心に食事を摂りましょう。
痛みの程度や傷口の状態に合わせた無理のない食事を摂り、だんだん通常の食事に戻していくといいでしょう。

お酒やたばこは控える

アルコールは血液の循環をよくするので傷口の治りを遅くしたり痛みの原因になったりするため、手術後数日はお酒は控えるようにしましょう。
また、たばこについては血管を収縮させるため傷の治りが悪くなったり、骨とインプラントの結合が遅れたりします。
日ごろたばこを吸う方はクリニックで相談していただき、決められた期間内は禁煙するようにしましょう。

歯磨き

手術後1週間程度は傷ぐちに触れないようにしましょう。
歯磨きの際にブラシを強く当てないよう歯磨きを行いましょう。
また、歯磨き粉の量も最小限にしておき、うがいをする際も強くするのはやめましょう。
なお、歯磨きの方法について歯科医師から指導を受けている場合はその通りに行い、常にお口の中を清潔にしておきましょう。

うがいは最小限に

インプラント手術を受けて数日間はかさぶたのはがれやすい状態になっていますので、傷口に違和感があったり出血したりすることもあります。
この状態でうがいを頻繁にしてしまうと、傷口のかさぶたが剥がれやすくなったり痛みが起きたりします。
かさぶたが剥がれると傷の治りが遅くなるため、歯磨きや食事の後などうがいは最低限にしておきましょう。
うがい薬を使いたい場合にはクリニックで相談してからにしましょう。

鼻をかむ時に注意する

あまり強く鼻を噛み過ぎるとそのせいでインプラント手術をしたところに悪い影響があることもあります。
鼻は口に近いので鼻をかむと骨を伝って振動が伝わるので、できれば優しくかむようにしましょう。

 

痛みが出た場合の対処法

 

患部を冷やす

手術後痛みが出てしまった場合、軽減するためにも患部をなるべく冷やすようにしましょう。
あまり冷やし過ぎますと傷の治りが悪くなることもあるため、氷などではなく水で冷やしたタオルなどで冷やすことをおススメします。
なお、手術の翌日からは逆に温めた方が痛みは和らぐと言われています。

お薬の服用

インプラント手術の後は抗生物質や鎮痛剤などが処方されます。
抗生物質は傷口から細菌が入り化膿するのを防止するもので、決められた時間に続けて飲むことで効果が出るため、必ず処方された分は全て飲み切りましょう。
また、鎮痛剤は痛み止めの役目がある他に手術した箇所の炎症を抑える効果もあるため、痛みがある時は飲むようにしましょう。
お薬を飲む期間や種類は手術の程度や患者さんのお口の中の状態、全身の状態などによって変わってきます。
もし、処方されたお薬が体に合わない、効果がない・・などの場合にはすぐにクリニックに伝えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
なんの痛みもなくインプラント手術が受けられるとまでは言い切れませんが、他の外科的手術とさほど変わらない程度なので、ほとんど痛みはないと言ってもいいでしょう。
インプラント治療は誰でも受けられるものではないですが、メリットの多い治療法です。
ぜひ、歯をなくしてしまった時の治療法の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?