インプラント治療のメリット・デメリットとは?

はじめに

インプラント治療を受けたいけれど、治療内容やどれだけ費用が詳しく分からないためなかなか踏み切れない方が多いのではないでしょうか?
インプラントとは歯をなくしたところに人工歯根を埋め込むものですが、全ての人がこの治療を受けられるわけではありません。
ここではインプラントのメリットやデメリットをご紹介しますので、治療を検討されている方はぜひご参考になさってみて下さい。

インプラントとは

そもそもインプラントとは体の中に埋め込む材料や医療機器などのことを言います。
たとえば人工関節やペースメーカーなどもインプラントです。
つまり、歯をなんらかのケガや病気でなくしてしまった場合に、あごの骨に埋め込むものもインプラントで、正確に言うと歯科用インプラントと言われています。
ここでは歯科用インプラントのことをインプラントを呼ぶことにします。

インプラントの歴史とは

ヨーロッパでは鉄製のインプラントが上あごに埋められた人骨が発見されているそうです。
また、中南米でも下のあごに貝製のインプラントが埋め込まれた人骨が見つかっていると言われています。
このようにインプラントは歴史ある治療なのですが、治療法が確立されたのは最近のことで1952年にチタンが骨と結合しやすいことが発見され応用が始まったとされています。
1965年になるとスクリュー状のチタン製インプラントが使われるようになったことで、インプラントの臨床成績はめざましい向上を遂げてきました。
さらに、インプラントにさまざまな改良が行われ最近では臨床成績も向上していると言われています。

インプラントのメリットとは

他の歯への負担が少なくて済む

ブリッジなどで治療した場合には、なくなってしまった歯の両隣の歯にバネなどで補てん物を埋め込む必要があり、これに合わせて健康な歯を削らなくてはならないことがあります。
ですが、インプラントであれば、なくなったの場所に、人工歯根を埋め込むだけで済むため、他の健康な歯まで削る必要がありません。

審美性が高い

インプラントで使用される人工歯は天然の歯に近い素材を使っているため、他の材料を使う時に比べて自然な仕上がりにすることができます。
よく使用されているのがセラミック製のもので、金属とは違いアレルギー反応が起きにくい素材です。
さらに、入れ歯の場合は硬いものが噛めないことがありますが、インプラントはあごの骨に埋め込む治療法なので、健康な歯と比べてもさほど違いがありません。

治療がシンプル

入れ歯やブリッジで治療した場合、土台となる歯が歯周病や虫歯になると全部やりなおさなければなりません。
たとえば、歯が3つつながっているブリッジの場合、全ての被せものをやり直す必要があります。
ですが、インプラントならそれぞれが独立しているため、悪いところだけを治療するだけで済むメリットがあります。

インプラントのデメリットとは

外科的手術が必要になる

インプラントが他の治療法と違う最大の点は外科的手術が必要になることで、人工歯根をあごの骨に埋め込む必要があるため、麻酔を使用して手術を行います。
手術をしている間は麻酔を使っているため痛みを感じることはないですが、手術が終わって痛みや腫れなどを感じる方もいます。
さらに、手術を行うことによって失敗のリスクがあります。
神経が傷ついてしまいマヒが残ったり、血管を傷つけてしまうことで大量出血することもあります。

自費診療なので費用がかかる

インプラントはブリッジや入れ歯と違い保険外診療となります。
どのクリニックで治療したとしても自費診療となります。
つまり、インプラント治療を受ける場合かなりの費用がかかることを知っておく必要がありそうです。
クリニックによってかなり料金に差があるようですが、相場としては1本当たり30~50万円程度です。
治療費をどうやって用意するかなど、前もって計画を立てておくといいですね。

体質に合わない方がいる

インプラント手術を行うとあごの骨の中に人工歯根を埋め込み経過観察を行う必要があります。
時間が経つとともにインプラントと骨が結合し土台が安定します。
ですが、まれに人によっては結合せずにぐらつくこともあるようです。
そういった場合、インプラントが結合しないので別の方法を考える必要が出てきます。
また、トラブルがある歯を長期間放っておくと歯を抜いても周りの骨が元通りにならず、人工歯根がぐらつく危険性が高まると言われています。

骨が弱いと治療ができない

インプラント治療はどんな人でも全て受けられる治療ではなく、特に骨粗しょう症や重い糖尿病の方は治療できないことが多いです。
それは骨が元々もろいためインプラントに骨が付かず、治療を行っても手術した部位が治癒しづらい・・ということが起こり得るからです。
ただ、糖病病であっても薬などできちんとコントロールされていたり、骨粗しょう症の薬を一時的に止めても骨の硬さが十分に見込まれる場合は、主治医と相談した上でインプラント治療ができることもあるため相談してみるといいでしょう。

治療期間が長い

インプラント治療では人工歯根をあごの骨に埋めますが、あごの骨の中できちんと結合しないままでは次の治療段階に進むことができません。
また、あとの骨の形や厚みに合わせ手術を行う必要があるため、CTスキャンなどを使用してあごの骨を詳しく検査したり、噛み合わせをチェックする必要があります。
インプラントが骨と結合し人工歯を付けるまでに3~10か月程度かかるので、治療期間を少しでも短くしたい方はすぐに仮歯を入れられる治療を行ってもらうといいでしょう。
最近ではそういった治療を行うクリニックも増えています。
仮の歯をその日のうちに入れてもらえれば歯が欠けた状態を短くできます。

まとめ

インプラント治療のメリットは健康な歯と同様の感覚で会話したり食事が出来たりすることです。
また、審美性にも優れており健康な歯とほとんど変わらない見た目を実現できます。
そのいっぽうで、インプラント治療のデメリットは保険が効かないので自費診療となることや、外科的手術を必要とすることなどがあります。
それに、治療が終っても適切なケアを怠るとインプラントが脱落してしまうことにもなりかねません。
ぜひ、メリットとデメリットの両方を理解した上で、インプラント治療に臨むようにしましょう!