インプラント治療後のケアが重要な理由

はじめに

最新の歯科治療であるインプラント治療を受けて歯を回復できたとしても、その後しっかりとケアしないとトラブルが起きたり、最悪インプラントが抜け落ちたりします。
ですが、適切なケアを行っていればインプラントは20年程度は持つ優れた治療法です。
高い費用をかけ治療を行うので、油断せずインプラント治療を受けたらきちんとアフターケアを行いましょう。
ここではインプラント治療後のケアが重要な理由やケア方法などをまとめてみましたので、インプラント治療を受けた方も今後治療を検討している方もぜひご参考になさってみて下さい。

インプラントの寿命

そもそもインプラントの寿命はどの程度なのでしょうか?
最近では当然のように治療法として広がりつつあるインプラント治療ですが、実際に歴史はまだたった40年ちょっと・・というから驚きです。
つまり、寿命を正確に把握するにはまだ時間が経っていないので、それを表すのに生存率を使うことが多いです。
インプラントの生存率はさまざまな研究結果がありますが、10年で95パーセント程度、いっぽうでブリッジは10年で7割程度と言われているためかなりインプラントの方が寿命が長いと言えるでしょう。
ただ、この生存率に関しては人それぞれ違っています。
たとえば、歯磨きの仕方や歯周病の有無、噛み合わせの状態や喫煙するかどうか、歯周病菌や虫歯菌の有無・・など、生まれつきのものや生活習慣によって変わってきます。
ただ、共通するのは日ごろのケアやクリニックでの定期検診が大切だということでしょう。

インプラントの治療後のケアの重要性

さて、日ごろのケアや定期的なメンテナンスが大切なのは歯周病を予防するためだと言いきれます。
言うまでもありませんが、インプラントは金属やセラミックなどの材質でできているので、虫歯になることは絶対にありません。
ですが、プラークが原因であるインプラント周囲炎になる可能性があり、最悪インプラントが脱落することもあります。
また、インプラントは人工物なので神経がないためこういった症状が起きても最初のうちは全く自覚症状がなく、気づかないうちに進行してしまいます。
これを防止、早期発見するには日ごろの適切なケアとクリニックでの定期検診を受けることに尽きます。
少しでもインプラントの寿命を延ばしたいならアフターケアを確実に行うようにしましょう。

インプラントを長持ちさせるには

プラークをきちんと落とす

インプラント周囲炎の最大の原因はプラークと呼ばれる最近で、これは日ごろのていねいな歯磨きによってきれいにできます。
プラークをきちんと落とすにはお口の状態に合ったブラッシングと適切な道具を使うことが大切で、これは人それぞれお口の状態によって変わってきます。
インプラント治療を受けたら歯並びが変わってしまうことがあり、それまでのブラッシングでの注意する点とは変わるため、インプラント治療を受けたらクリニックで適切なブラッシング指導を受けましょう。
日ごろの適切な歯磨きによってきちんとプラークを除去し、常にお口の中の環境を清潔に保ちましょう。

食事は時間を決めて

食事の回数とプラークの形成は比例すると言われており、時間を決めずに食事や間食を行っているとプラークが増殖しやすいため、インプラント周囲炎の原因になります。
もし、あなたが仕事や勉強、家事などをしながらだらだら食いをするくせがあるなら、すぐに改めるようにしましょう。

しっかり噛んで食べる

食事の際にしっかり噛むことで唾液が分泌される量が多くなります。
唾液量が増えると歯や歯ぐきに食べものが残りづらくなると言われています。
ですが、柔らかいものばかり食べていると咀嚼回数が少ないので、海藻類や野菜類など咀嚼回数が増えるようなものを積極的に摂るようにしましょう。

喫煙する

喫煙するとインプラント周囲炎や歯周病になりやすいと言われています。
もし、禁煙しづらいという方はクリニックを受診して禁煙指導してもらうか、歯科医院で相談するといいでしょう。
歯科医院の中にも禁煙補助剤を出してくれるところがあるそうですよ。

クリニックでのクリーニングを受ける

さらに、セルフケアだけでは落としきれない汚れをクリニックできれいに落としてもらうことも大切です。
全ての歯をきちんとブラッシングしているつもりでいても、磨き残しが出来てしまうのは当然です。
歯ぐきの周りにプラークが溜まることで歯石ができやすくなり、この歯石は軽石のような形なので、さらにプラークが付きやすくなってしまい細菌のすみかになります。
歯石にまでなると自分では落とすことが不可能になるため、クリニックで専用の器具や機器を使い除去してもらうしかありません。
プラークや歯石を除去してもらうことで汚れが再付着するのを防止できるので、定期的にクリーニングを受ければインプラントを長持ちさせることができるでしょう。

クリニック選び

インプラントの寿命を延ばすにはインプラント治療を最初に受ける際のクリニック選びも大切です。
インプラントのねじはあごの骨に埋め込むものなので、周りの神経や血管などの位置から全身の健康状態までさまざまな検査が必要です。
つまり、検査設備が整った上で実績が豊富なクリニックを選ぶ必要があります。
また、インプラントだけでなく他のさまざまな治療法を提案してくれ、患者さんの立場に立って親身になってくれるクリニックこそが信頼できるクリニックだと言えるでしょう。

まとめ

いくらていねいに磨いているつもりでも、必ず汚れは残っているものです。
インプラントを長持ちさせるには日ごろのケアに加え、定期的にクリニックで汚れが残っていないか診てもらったり、クリーニングしてもらうことが必要です。
また、インプラントには歯石が付くためインプラントに悪影響を及ぼす前に除去する必要があります。
噛み合わせの悪さもインプラントに悪影響を与えるので、定期検診の際に調整してもらうといいでしょう。
ぜひ、インプラント治療を受けたら少しでも寿命を延ばすためにセルフケアと定期的な検診を受けるようにしていだたきたいです!
ぜひ、ご参考になさってみて下さいね!