インプラント治療を受けることができない人とできる人

はじめに

みなさんはインプラント治療に興味がありますか?
最近注目されつつあるインプラント治療ですが、この治療はブリッジや入れ歯などのような違和感もほとんどなく、天然の歯と同様の咀嚼力を回復できる治療法だと言われています。
また、インプラントは第二の永久歯とも言われており、治療を希望する方も増えています。
ただ、インプラントはほとんどの方が治療を受けられますが、治療を受けられない方もいます。
ここではインプラント治療を受けられる人と受けられない人はどういった方なのかを具体的にご紹介しますので、ぜひ今後のご参考になさってみて下さい。

インプラント治療が受けられる人

お口の中のケアが十分できている人

インプラントを埋め込むお口の中の状態がインプラントの成功率と深く関係していることがはっきりしています。
インプラントを埋め込む周囲の歯が歯周病になっているかどうかで成功率にかなりの差が出ます。
なので、インプラントを埋め込む前に歯周病を治しておく必要があるでしょう。
また、お口のケアが十分にできていることが重要です。

奥歯から順番に抜けている方

歯周病などが原因で一番奥の歯が抜け、そこから次々と歯が抜けていく・・というケースはとても多いです。
こういった場合、歯の本数が減るにつれ残った歯への負担が増えます。
奥歯がなければブリッジ治療は難しくなりますし、部分入れ歯だと
よほど前歯に必要以上の負担をかけないような方法でないと逆に残っている歯を早く失ってしまうリスクがあります。
このような場合、インプラント治療が最もおすすめです。
それと同時に残された歯をいつまでも保てるような処置を受ける必要もあります。

なくした両隣の歯が健康な歯であること

たった1本歯をなくしただけで部分入れ歯を選択するケースはほとんどないでしょう。
ブリッジ治療なら両隣の健康な歯を削る必要がありますが、インプラント治療なら健康な歯を削る必要がありません。

総入れ歯が合わない、違和感がある場合

総入れ歯のトラブルで悩んでおられる方はとても多いです。
なので、総入れ歯にする必要が起きた時に思い切ってインプラント治療を受けることがおすすめです。

インプラント治療が受けられない可能性のある方

肝臓病の方

肝硬変や重度の肝臓病の場合肝機能障害があるため、インプラント手術の際に出血が止まりにくくなるリスクがあります。
さらに、インプラント手術前後に薬を服用する必要がありますが、その薬によって肝機能を低下させる可能性があるためインプラント治療を受けられない可能性が高いです。

腎臓病の方

腎不全のために人工透析を受けている方や重度の腎臓病の方は免疫力が下がっているため傷の治りが遅かったり、血が止まりづらいことがあります
さらに、骨の状態が弱くなっていることもあり、そうなるとインプラントと骨が結合しづらくなることもあるので、インプラント治療を受けるのが難しくなります。

骨粗しょう症の方

骨粗しょう症の方の場合治療のためにある特定の薬を飲んでいたり、過去に飲んでいた方は抜歯やインプラント手術の際に骨が壊死する可能性があります。
ただ、お薬の種類は飲んでいた期間や時期によっては治療できることもあるため、クリニックで相談するといいでしょう。

心臓病の方

1ヶ月以内に狭心症の発作の回数が増えた方や安静な状態でいても発作がある方は不安定狭心症と呼ばれる状態のため、クリニックを受診すること自体避けた方が無難でしょう。

高血圧の方

高血圧の方でも内科医の指示通りに通院や薬を飲んでいない方はインプラント治療が難しいと言ってもいいでしょう。
治療中に脳梗塞や脳出血などを起こす可能性があるからです。

糖尿病の方

血糖値が高いにも関わらず医師の指示通り通院や血糖値のコントロールができない方の場合、インプラント治療を受けるのは難しいと言えます。
糖尿病だと血液の循環が悪くなり酸素や栄養を十分に送れなくなるため、傷口から感染しやすくなると言われています。
適切な血糖値コントロールができていない状態のままでインプラントを埋入する手術をしてしまうと、手術後に感染を起こしてしまい可能したりインプラントがあごの骨と結合しづらくなります。
さらに、治療中に受けるストレスにより血糖値に変化が起こり高血糖や低血糖状態になるリスクが高まります。

骨の量が不足している方

インプラント治療はあごの骨にねじを埋め込んで人工歯を被せる治療法ですが、あごの骨の量が少ないとネジを固定するための土台が不足するため骨を増やす処置が必要になります。
骨の量を増やすためにはさまざまな方法がありますが、そうなると通常のインプラント治療の期間より1年程度長くなったり、手術の回数が増えることがあります。
また、身体的にも精神的にもかなりの負担がかかることになります。

定期的にクリニックに通院できない方

歯周病にかかっている方は歯周病治療を行ってからインプラント治療を始める必要があります。
治療をしないままインプラント治療を行うと、手術中に細菌感染してしまうことがあるからです。
また、歯周病治療を行わずインプラント治療を行うと、手術中に細菌感染してしまう他インプラントの寿命が短くなる可能性があります。
インプラント周囲炎という病気になることもあるので、インプラントの最終段階の歯の被せ物の処置が終ってもクリニックに定期的に通う必要があります。
インプラント周囲炎になってしまうとインプラントの寿命が短くなるからです。

まとめ

インプラント治療ができる人とできない人について具体的にご紹介してみました。
もし、インプラント治療について不安が残ったり、クリニックとのコミュニケーションがうまく取れない場合は他のクリニックの意見を聞くセカンドオピニオンを行うことも考えましょう。
セカンドオピニオンで同じ意見が得られれば安心して治療に進めるはずです。
また、ここでご紹介したインプラント治療を受けられない方にあてはまっても場合によっては受けられることもあるため、クリニックで相談してみてくださいね!