インプラント治療後に注意したい”インプラント周囲炎”について

はじめに

みなさんはインプラント周囲炎という言葉を聞いたことがありませんか?
インプラント周囲炎とはインプラントの歯周病のことで、インプラント自体は人工物なので虫歯になることはありませんが、埋め込まれている骨と歯茎は歯周病になってしまうのです。
お口のケアがおろそかになってしまうと、インプラントの根元にプラークが溜まり悪化してしまうと、天然の歯と同様、歯周病菌によってインプラントを支えている骨が溶け出してきます。
そうなると、インプラントを支える土台がなくなるので、インプラントがぐらつき出し最悪抜けてしまうことがあります。
ここではそんなインプラント周囲炎について詳しくご説明します。

インプラント周囲炎の症状

インプラント周囲炎はその進み具合によって2つの症状に分けることができます。
インプラントを埋入した歯ぐきや粘膜だけに起こるのがインプラント周囲粘膜炎と言い、さらに進行してインプラントを支えている骨まで達したものをインプラント周囲炎と呼びます。

症状としては歯ぐきが腫れて赤くなり、さらに進むと出血や痛み、歯ぐきが痩せる・・などが起きます。
ですが、自覚症状があまりないため治療しないまま放っておくと、最終的にインプラントが脱落してしまうこともあります。
インプラント周囲炎にまでなってしまうと、他の健康な歯にまで悪影響が起きることがあります。
歯周病菌が増殖すると他の歯ぐきにまで炎症が起きてしまい、インプラントがぐらつくと噛み合わせ全体が悪くなって、歯に余計な力がかかってきます。
それ以外にも歯周病菌が歯ぐき内の血管を通って全身に流れると心臓病や糖尿病、呼吸器系の病気になったり、動脈硬化になったりすると言われています。

インプラント周囲炎の原因

このインプラント周囲炎の原因としては日ごろのケアやクリニックでの定期的なメンテナンスを怠ることで、お口の中の歯周病菌が増えることだと言われています。
その他に、歯周病になったことがあったり、たばこを吸う方や糖尿病の方、お酒を多く飲む方、遺伝的な問題・・などが挙げられます。
インプラント周囲炎が進んでしまわないよう、インプラントの状態をチェックしてもらうためにも定期的にクリニックでメンテナンスを受けましょう。

インプラント周囲炎が与える影響

  • 健康な歯への影響
    インプラント周囲炎の原因となる菌は歯周病菌で、増えてしまうと健康な歯にまで炎症が起きてしまいます。
    また、すでにインプラントがぐらつき出していると、噛み合わせに悪影響が出てしまい健康な歯へも悪影響が及ぶことがあります。
  • 全身への悪影響
    インプラント周囲炎の原因となる歯周病菌は全身疾患の原因となったり、進行を促すことがあります。
    特に、心臓病や糖尿病、動脈硬化などにかかっている方は注意しましょう。

インプラント周囲炎を予防するには

インプラントは耐久性が非常に高いものの、治療後のメンテナンスがいい加減だとインプラント周囲炎になることがあります。
そうなると、せっかく高い費用をかけて治療したインプラントが抜け落ちてしまうことがあります。
インプラントは人工物なので人間の体にとっては異物ですよね。
そんな異物であるインプラントをより長持ちさせるためにはメンテナンスをしっかりと行うことが重要です。
インプラントを埋め込んだところには歯根膜がないので、天然の歯にあるような痛覚や触覚などがない状態です。
なので、治療前に比べて異常に気付きづらくなっています。
インプラント治療を行ったからと言って安心したりせず、お口の中のトラブルを防止するためにもクリニックで定期的にチェックしてもらったり、メンテナンスを受けたりしましょう。

日ごろのセルフケア

特にご自分でのケアが最も重要だと言われています。
基本的に天然の歯と同じで、日ごろのブラッシングが重要だそうです。
特に、インプラント周囲炎を予防するには歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットをていねいにブラッシングすることが重要です。
歯ブラシを使う以外にデンタルフロスや歯間ブラシを補助的に使うことも大切です。
もし、ご自分のケア方法に不安な点があれば、治療を受けたクリニックで指導を受けるようにしましょう。

クリニックでの定期検診

ご自分でのセルフケアに加えてクリニックで定期検診を受けることも大切です。
クリニックでの定期検診ではインプラントや周りの組織をチェックしたり、プラークや歯石を取ったり、ブラッシング指導を行ったり、噛み合わせをチェックしたりします。
これらはすべてインプラント周囲炎を予防するために重要なことばかりです。
さらに、歳を取るにつれ噛み合わせが悪くなるので、インプラントの寿命を延ばすためにも噛み合わせのチェックを受けるようにしましょう。

禁煙する

たばこを吸うと歯周病やインプラント周囲炎になりやすいと言われています。
もし、禁煙するのが難しいという方は禁煙外来のクリニックに行ったり、インプラント治療を受けたクリニックで相談してみるといいでしょう。
中には禁煙補助剤を処方してくれるクリニックもあるようですよ。

骨粗しょう症を予防する

また、意外かと思われるかもしれませんが、骨粗しょう症を予防することもインプラント周囲炎の予防につながります。
インプラント周囲炎は骨の病気なので、骨粗しょう症だと骨密度が低下してしまい感染症のリスクが高くなってしまうからです。
他にも、インプラントはあごの骨に埋め込まれているので、その土台部分がもろくなってしまうと、しっかりと結合できなくなるからですね。最近では若い人でも無理なダイエットや、カルシウム、ビタミンD不足が原因で骨粗しょう症にしまうことがありますので注意が必要です。

まとめ

インプラントの寿命を延ばすにはインプラント周囲炎にならないように気を付けることが大切です。
特に、日ごろのセルフケアやクリニックでの定期的なメンテナンス、骨粗しょう症を予防したり禁煙する・・などを行うことによってインプラント周囲炎は予防できます。
ここでご紹介したことを参考にしていただき、インプラント周囲炎にならないように努めてくださいね!