インプラント治療を受ける前の検査の種類

はじめに

みなさんはインプラント治療についてどの程度ご存じでしょうか?
インプラント治療の際に外科的手術を行いますが、その前に歯ぐきや歯、あごの骨などを調べるために検査を行う必要があります。
この検査を行わないと、インプラント治療を行った後にさまざまなトラブルの原因になるためしっかりと検査をする必要があります。
では、具体的にどういった検査を行うのかここでご紹介してみましょう。

インプラントとは

そもそもインプラントとは体内に人工材料や部品を入れることを言いますが、歯科医療分野では歯をなくした場合にあごの骨に親和性の高い材料を埋め込んで、そこに人工歯を装着するものを言います。
このインプラントは3つのパーツからできており、あごの骨に埋め込まれるインプラント体と、インプラントの上に付けるアバットメント、歯の代わりとなる上部構造からなっています。
なお、インプラント体の材質はチタン合金またはチタンで、直径が3~5ミリ、長さは6~18ミリのものが多いです。
アバットメントはチタン合金やチタンなどでできており、上部構造はセラミックやハイブリッドセラミックなどが多いです。

インプラント治療のメリット

では、インプラント治療のメリットとはどういったものなのでしょうか?
インプラント治療は少なからずデメリットがあるものの、残された健康な歯への負担が少なくて済み、天然の歯に近い審美性や機能性が望める・・などといったメリットが多く、豊かな生活を送るための

快適性、審美性、利便性が得られるのがメリットです。

 

インプラント治療前に行う検査の種類

ここではインプラント手術前に行うべき検査についてご紹介します。

①問診

まず、問診を行います。
問診はインプラント手術前に行う検査項目を決定するための判断材料となるため、適切に診断したり治療法を提案するために大変重要ですので、ご自分の現在の健康状態をしっかりと伝えることが大切です。
過去にかかったことのある病気や、現在持っている病気などがあるかどうかを伝えます。
インプラント手術では出血や痛みを抑えるため麻酔を使用したり、手術後の痛みや細菌感染を防止するためお薬を飲むことがあります。
もし、重篤な疾患があるにもかかわらず手術をしてしまうと、全身の健康状態が悪くなったり、せっかくインプラントを埋め込んでも骨と結合しなかったり・・などのトラブルの原因になるため、当てはまるものがあればきちんと伝えるようにしましょう。

治療方法を検討するために、かかりつけの内科医などに歯科医師から連絡を入れる場合もあるため、かかりつけの医療機関の連絡先を伝えておきましょう。

次に、過去に食べものやお薬、金属、麻酔などによって体調が悪化したことがあれば申し出ましょう。
たとえば、湿疹が出た、下痢をした、気分が悪くなった・・などですね。
一般的にインプラントはアレルギーの出にくいチタンでできているものを使用しますが、アレルギー検査を行うこともあります。
検査内容としては治療前に皮内テストパッチテストなどを行います。
この検査を行う場合、皮膚科に行って行うことが多いです。
また、飲んでいるお薬があれば、そのお薬の説明書かお薬そのものを持って行きましょう。
その理由はインプラント手術の際に飲むお薬と重なっていないかどうか、飲み合わせはどうか・・などを確認するためです。
もし、骨粗鬆症の方でそれまでにお薬を飲んだり注射などをしたことのある方はそれを伝える必要があります。
最悪あごの骨が壊死してしまう可能性があるからです。

②尿検査

重い腎臓病の方は血が止まりづらかったり、傷が治りづらいことがあったり、あごの骨とインプラントが結合しづらかったりします。
尿検査を受けて過去に異常があったのにもかかわらず放置している方や、健康診断を長期間受けていない方は尿検査を受ける必要があります。

③口腔内検査

インプラント手術を行う場合、埋め込む本数に関係なくお口の中全体を管理する必要があり、全身の健康状態を把握する必要があるため噛み合わせの検査や虫歯、歯周病の検査が必要になります。

④血液検査

インプラント手術前には必ず血液検査を行う必要があります。
外科的手術に耐えうる体調かどうか、血が止まりにくくないかどうか・・などといった全身の健康状態を把握しておく必要があるからです。
そのためにも、血液検査によってデータが必要になり、1年以内にこのデータがない場合は歯科医院かかかりつけのクリニックで検査を行います。
ただ、年齢や外科的手術の種類、問診の結果によっては行わないこともあるようですね。
血液検査では赤血球、白血球、血小板数、ヘモグロビン、血中たんぱく、糖質、脂質・・などを調べ、その結果肝臓疾患や糖尿病、高脂血症、心臓疾患などにかかっているかどうかわかります。

⑤血圧検査

インプラント手術前には血圧を検査することも必要です。
何度か血圧を測り日ごろの血圧を把握しておく必要があるからです。
血圧が高い場合にはインプラント治療中に脳梗塞や脳出血などの原因になるため、内科で治療を受けなければならないことがあります。

⑥X線検査

パノラマX線検査やデンタルX線検査なども必要です。

⑦インプラント3D画像

間のあごの骨の形は非常に複雑なので、高精度の診断を行うためにはインプラント治療に大切なあごの幅や高さ、血管や神経の位置を正確に調べるためのCT検査が必要になります。
このデータを高精度なデータ処理を行い、コンピューターの画面上に歯や骨、神経や血管などを映し、実際にインプラント治療を行うとどうなるかシュミレーションをする必要があります。
この画像によって三次元的に骨の状態を把握できるため、より安全にインプラント手術が行えると言われています。

まとめ

インプラント手術前に行う検査についてご紹介しました。
インプラント手術前にしっかりと検査を行うことで最小限に手術のリスクを抑えることができると言われています。
検査を受ける前にしっかりとカウンセリングを受けていただき、今の前身の状態や治療計画、費用や治療後のメンテナンスなどを説明してもらい、納得した上で治療に臨むようにしましょう。