インプラント治療を行う前に知っておきたい基礎知識

 

歯を失ってしまったときの治療法の一つに、インプラント治療があります。

インプラント治療は最近よく耳にするようになってきましたが、どのような治療なのでしょうか。

 

歯を失ったときに挙げられる他の治療法である、入れ歯やブリッジとはどのように違うのでしょうか。

 

インプラント治療とはどのようなものか、インプラント治療に向いている人はどのような人なのか、みていきましょう。

 

■インプラントとは

虫歯や事故などで失ってしまった歯の代わりに人工の歯根を埋め入れ、人工歯を被せる治療法です。

入れ歯やブリッジで、補っていた場合の代替法としても選択されたりします。

 

顎の骨にチタン製のインプラントを埋入する外科手術を行い、インプラントが骨と結合した後に人工歯を被せます。

天然の歯のような見た目で審美性と、噛み合わせなどの機能性を回復させます。

 

インプラント治療を受ける際には、希望する歯並びや白さなども自分のイメージに合わせて治療計画に盛り込むこともできます。

 

■インプラント治療の流れ

実際の治療はインプラント埋入まで、どのような流れで進むのか、事前に知っておくことも大切ですね。

 

  1. 検査&カウンセリング

はじめに丁寧にカウンセリングします。

 

レントゲン撮影などで口腔内を検査し、虫歯がないかなどの診察をします。

その結果をもとに治療計画を立てます。

 

患者さんの口や体の状態により、インプラント本数や補助手術が必要な場合もあります。

 

治療計画に同意していただき手術日を決めます。

費用などのお見積りをお渡しします。

 

  1. インプラントの埋入

インプラントを埋入する手術をします。

歯茎を切開し、顎の骨にチタン製のインプラントを埋め入れます。

 

  1. 治癒期間

埋め入れたインプラントと骨が結合されるまで待ちます。

結合する期間は通常2~6カ月程度かかります。

 

  1. 人口歯の装着

インプラントと骨が結合したことを確認して、人工の被せ物を装着します。

自分の歯と変わらない噛み心地、見た目も天然の歯のようになります。

 

  1. メンテナンス

インプラントと一生付き合っていくために、メンテナンスはかかせません。

人工の歯なので虫歯にはなりませんが、インプラント周囲炎という病気にかかることがあります。

 

治療の完了後は、半年に1度定期検診を受けるようにしましょう。

 

■インプラント治療をおすすめする方

健康な歯が隣に残っている

インプラント以外の選択肢の部分入れ歯やブリッジ治療は、歯を削らなければいけません。

歯を削ると歯が弱くなり、削った歯は元に戻すことはできないので、失った歯の場所にはインプラント治療をおすすめすることが多いです。

 

奥歯の歯を失った方

虫歯や歯周病が原因で歯を失っている場合、奥歯から病気になりやすく、治療しても、その後失われる可能性が高くなります。

 

歯が失われると残った歯に負担がかかるので、奥歯から徐々に歯が弱くなっていくことがあります。

 

奥歯はかかる力も多いので、周りの歯に負担をかけずに、そこだけで力を受け止めるインプラント治療は最適です。

 

自分で管理できる方

インプラント治療は口腔内の環境も大切な事項です。

虫歯や歯周病などの菌が口の中にいる場合、インプラントと骨がうまく結合しない場合もあります。

 

歯周病や虫歯をしっかりと治療し、継続して口腔内のケアができる人がよいです。

インプラントした後も、メンテナンスのために歯科医院に通うことも大切です。

 

事故などで歯を失った方

虫歯や歯周病で歯を失った場合と異なり、失った歯の周りの組織の状態が良いことが多く、なおかつ、周りに健康な歯が残っていることが多いです。

 

ブリッジや部分入れ歯は周りの歯を削ったり、負担がかかってしまいます。

 

とくに若い方は見た目も気にすることのない、インプラント治療で、ケガをする前の状態に早く戻せるようにしましょう。

歯がない状態がつづくと歯茎がやせてインプラント治療も難しくなってしまうこともあります。

 

■カウンセリングが大切

治療相談や計画を立てる際に、カウンセリングはとても大切です。

一度埋め入れたインプラントは取り除くことは難しく、再手術が必要となるので、不安や心配なことがあったら、カウンセリングの場で解消しておきましょう。

 

■インプラント手術は痛い?

インプラントの治療は初めてのことで不安や心配が多くあり、その中に手術への不安が多くあり、インプラント治療に踏みだせない方もいると思います。

 

手術中の痛みは麻酔をするので、痛みはほぼ感じないでしょう。

体質で麻酔が効きにくいかも、など心配なことがあれば、カウンセリング時に相談しておきましょう。

 

また、他にも静脈内鎮静法という、手術中の意識をうっすらとさせ、恐怖や不安を感じにくくする作用のある麻酔もあります。

 

手術時の不安から静脈内鎮静法を希望する人も多いので、実施しているかどうか歯医者さんに確認しましょう。

 

まとめ

残った歯を少しでも長く残すことも考えた治療法を選ぶことも大切ですね。

 

もし歯を失ってしまったときは、前向きに考えて、顔全体の印象が変わる治療法の一つとしてインプラントのことを覚えておいてくださいね。