インプラント治療に適した歯医者を選ぶポイント

はじめに

みなさんはインプラント治療を考えたことがありますか?

また、何かの原因でインプラント治療を受けようとした時、みなさんならどうやってクリニックを選びますか?

いつも治療してもらっているかかりつけのクリニックに相談する、ネットで口コミを調べる、インプラント治療した人に聞いてみる・・などいろいろでしょう。

でも、実際インプラント治療を行っているクリニックは想像した以上に多いですし、ホームページなどを見ても違いがイマイチわからず困るものです。

クリニック選びで失敗しないためにも、ここではインプラント治療に適したクリニックの正しい選び方のポイントを11個ご紹介してみましょう。

みなさんのクリニック選びのお役に立てるとうれしいです。

 

 

インプラント治療に適したクリニック選びとは?

クリニック選びはは、インプラント治療で失敗しないために大切なポイントになるので、ぜひご参考になさっていただきたいです。

また、インプラント治療の名医の条件についても書いてみましょう。

 

◇1.症例&実績が多いかどうか◇

インプラント治療の症例や実績が多いほどその医師の経験は豊富だと言えます。

たくさんの患者さんを治療して経験が豊富な医師であれば、治療も速いですし評判もいいはずなので、さらに症例や実績数が増える・・と好循環になるでしょう。

 

◇2.衛生管理がきっちりしているか◇

これはクリニックとして当然と言えば当然ですが、手術中や感染などが起きないように衛生管理を徹底していることが大切です。

どんなに料金が安くても衛生面が徹底されていないクリニックの手術は避けるべきでしょう。

 

◇3.インプラント治療に力を入れているか◇

インプラント治療は最先端の技術を使い、最新の設備が開発されています。

ですので、インプラント治療にあまり力を入れていないクリニックだと最先端の知識や設備がないため、性能の悪いインプラントを使っていることもあります

そういうクリニックで治療するのは避けましょう。

 

◇4.医師のレベルが高いかどうか◇

法律上では歯科医師であればインプラント治療は誰でもできることになっていますが、あまりにインプラントの知識がなく不慣れだと満足できる仕上がりになるか疑問ですよね。

つまり、インプラント治療を受けるには医師のレベルが高いことが絶対条件だと言えますね。

では、インプラントの名医の条件とはどういったものなのでしょう。

上で書いたことと重複しますが、インプラントの名医の鍵は実績と症例でしょう。

簡単に説明しますと、年間インプラント手術を数回しかしない医師と、100以上も行う医師では間違いなく後者の方が技量に優れていると言えます。

インプラント治療は虫歯治療などとは全く違っており、歯科医師ならだれでもできるというものではありません。

専門的な経験や技術が必要とされる難易度の非常に高い治療なのです。

なので、医師の良し悪しを見分けるには、年間どのくらいのインプラント治療を行っているか・・を聞いてみることが必要です。

それを聞いて気を悪くするような医師なら、治療をやめておくくらいの気持ちでいましょう。

 

◇5.設備が最新かどうか◇

インプラント治療において手術を行う際、安全で正確に行うために詳しくお口の中を知る必要があり、このような詳しい検査を行うためのCT撮影機などの設備が揃っているクリニックかどうかも大きなチェックポイントとなるでしょう。

 

◇6.カウンセリングが丁寧かどうか◇

インプラント治療とは患者にとって、手術を伴うため恐怖感や不安感があるものです。

なので、納得した治療を行うためには、カウンセリングで医師としっかり信頼関係を結べるかどうかが大切なポイントとなるでしょう。

 

◇7.治療期間がどのくらいか◇

インプラント治療は平均的に半年から1年程度の長期間の治療が必要になってきます。

ですが、治療法によってはこの期間を短くできる治療法もあるので、そういった点もチェックしておきたいものです。

 

◇8.保証とアフターケア◇

インプラント治療は治療後にメンテナンスを適切に行うことにより、その後何十年も使い続けることができる治療です。

なので、クリニックの保証制度や治療後のアフターケアなどについてもチェックしておいていただきたいです。

 

◇9.費用◇

インプラント治療は保険適用外なため高額になってしまいます。

それに、自由診療のため国で料金を決めているわけでなく、それぞれのクリニックごとに料金を設定していますので、料金についてもちゃんとチェックしておきたいものです。

 

◇10.インプラント以外の診療をしているか◇

営利目的のクリニックだと保険診療を軽視しがちなもの。

たとえば、ブリッジだと短期間でダメになりますとか、義歯だとよく噛めませんよ・・などと言ってインプラント治療へと無理やり誘導するようなクリニックは避けましょう。

大切なことは口の中の主役は自分の歯であり、インプラントは脇役であるということです。

ブリッジや義歯にもそれぞれメリットがあり、インプラントも同様です。

 

◇11.無理な治療法を勧めないか◇

次に、無理な治療を勧めてくるようなクリニックは絶対に避けましょう

クリニックの中には治療期間と費用節約のために、抜歯したその日のうちにインプラント治療や骨の造成を勧めてくるクリニックがあるそうです。

抜歯直後は当然感染などのリスクが高いため、そういった治療を勧めるクリニックは避けたいものです。

抜歯後の傷口がきちんと治って無菌状態で処置を行うことがインプラント治療の成功率をアップさせるのです。

このようなポイントに注意すれば、インプラント治療に適したクリニックを選ぶことができるはずです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

インプラント治療は自由診療のため費用も高額ですし、クリニックによって技術に差がある治療法です。

なので、インプラント治療を行う際にはできるだけ優れたクリニックを選びたくなるのは当然です。

もし、今後インプラント治療をお考えのことがあれば上でご紹介したポイントをご参考にしていただき、ご自分に合ったクリニックを選んでいただきたいです!

みなさんのお口の中がいつまでも健康でいられることを願っています!