【治療別】矯正歯科にかかる平均額はいくら?

歯の矯正は原則として保険が適用されない自由診療での治療となります。
このため矯正治療にかかる費用は歯科医院ごとに変わってきます。
また、子どもの矯正は治療を受ける時期によって費用と治療方法が大きく異なります。

 

では一般的な平均額としての矯正歯科にかかる治療費は一体いくらになるのでしょうか。

 

今回は、矯正歯科にかかる平均額について解説をさせていただきます。

■大人の矯正で行う治療内容と費用の内訳

ここでは大人の矯正で行う治療の内容と費用の内訳について説明します。

①治療前の診察と検査の費用

・初診料・・・0~5,000円程度

矯正治療の初診では歯科医師が患者さんの歯並びの悩みや困っている事についてヒアリングし、治療の流れや矯正方法、矯正装置の違いなどを相談します。

 

・診査、精密検査料・・・10,000~60,000円程度

レントゲンやCTを使って患者さんのあごの骨や口の形状を撮影する他、唾液検査や歯型の採取など、矯正治療に必要な検査を行います。

 

・診断料・・・10,000~50,000円程度

検査の結果をもとにして、患者さんそれぞれの治療計画を立てます。
この時、患者さんに矯正治療にかかる費用や期間、治療の方針などについて説明があります。

②治療中の費用

・矯正装置、基本料・・・矯正治療の種類によって異なります。

 

・処置(調整)料・・・矯正治療中に行う調整や治療経過の観察にかかる費用の事で、基本料金に含むケースもあります。

 

上記2つの費用は矯正治療の種類によって料金が異なりますので、詳細な平均費用については下の項目にある「各種の矯正にかかる費用について」で説明します。

③治療後の費用

・保定、基本料・・・10,000~60,000円程度

矯正治療後に装置を外しても歯が元に戻らないようにする保定装置(リテーナー)を装着して、患者さんの歯並びの安定を保ちます。

 

・定期検診、メンテナンス料・・・2,000~10,000円程度

矯正治療後に患者さんの歯並びが元に戻っていないか、虫歯や歯周病を発症していないかなど、口全体の検診を年に数回、定期的に行います。

■各種の矯正にかかる費用について

矯正治療は各種の方式があり、それぞれの治療方法ごとに使用する装置や料金が異なります。

1-1.表側矯正(通常のブラケット矯正)

○費用・・・60万~100万円程度

 

表側矯正はもっとも一般的に行われている治療方法のひとつで、歯並びと噛み合わせを治す事が可能です。

 

・メリット – 歯を動かす力が強く、幅広い症状に対応出来る

・デメリット – 歯の表側にワイヤーとブラケットを装着するため、外から見た時に目立ってしまう

 

表側矯正で使用するブラケットには、金属素材で作られている「金属ブラケット」、透明や白色で目立ちにくい「審美ブラケット」、そしてワイヤーをブラケットの本体部分の開閉クリップで留める「セルフライゲーションブラケット」の3種類の装置があります。

1-2.裏側矯正(目立たないブラケット矯正)

○費用・・・110万~150万円程度

 

裏側矯正はワイヤーとブラケットを歯の裏側(舌側)に装着する治療方法です。
リンガルブラケットと呼ばれる矯正装置を歯の裏側に装着する事で、矯正装置が外から見ても目立たなくなります。

 

・メリット – 外から見た時に目立ちにくい

・デメリット – 舌が矯正装置にあたってしまい発声しづらくなる、ブラッシングがしにくくなる、費用が通常の表側矯正と比べて高くなる

1-3.ハーフリンガル矯正(表側+裏側矯正)

○費用・・・90万~130万円程度

 

ハーフリンガル矯正は目立ちやすい上あごの歯に裏側矯正、舌に隠れて目立ちにくい下あごの歯に表側矯正を行う治療方法です。

 

・メリット – 外から見た時に目立ちにくい、通常の裏側矯正よりも費用が若干安くなる

・デメリット – 一般的な表側矯正より費用が高くなる、日本国内ではハーフリンガル矯正に対応している歯科医院の数が少ない

1-4.マウスピース矯正(目立ちにくい矯正)

○費用・・・60万~80万円程度

 

マウスピース矯正は透明なマウスピースを使い、小さな歯並びの乱れや「すきっ歯」を改善する治療方法です。
治療で使用するマウスピースは装着中でも目立ちにくく、マウスピースを患者自身で取り外す事が出来るのが特徴です。

 

・メリット – 外から見た時に目立ちにくい、自分で取り外す事が出来る、治療にかかる期間が短い、費用が比較的安くなる、通常の金具を使う矯正治療よりも痛みが少ない

・デメリット – 通常の金具を使う矯正治療よりも歯を動かす力が弱いため大きな歯並びの乱れには適用出来ない、決められた装着時間を守らないと矯正効果が出ない事がある

1-5.部分矯正(前歯のみの矯正)

○費用・・・15万~80万円程度

 

部分矯正は前歯の歯並びのみを整える治療法です。
部分矯正ではケースによっては前歯を抜いて歯の重なりを解消したり、歯を削って隙間を作る事で歯並びの改善を行う場合もあります。

 

部分矯正で採用する治療方式は通常の表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正など、各種の方式から患者さんに最適な方法を選択して実際の治療を行う流れとなります。

 

・メリット – 前歯のみの矯正のため通常の矯正よりも歯全体にかかる違和感や痛みが少ない、インプラント治療と並行して行う事が可能、治療にかかる期間が短い、部分的治療なので費用が安くなる

・デメリット – 症状によっては前歯の隙間を閉じる事が出来ないケースがある、前歯のみに矯正治療を行うため上下全体の歯の噛み合わせを改善する事は不可能

■子どもの矯正で行う治療内容と費用の内訳

子どもの矯正はあごの骨が成長段階であるケースが多く、なるべく早く矯正治療を受ける事によって抜歯を行わずに噛み合わせを改善出来る確率が高くなります。
子どもの矯正治療は乳歯や永久歯が生え始める混合歯列期に行う「一期治療」と、永久歯が生えそろった頃に行う「二期治療」に分かれているのが特徴です。

①一期治療(あごの骨格の矯正)

・一期治療の費用・・・20万~50万円程度

乳歯の時期から永久歯が生え始める混合歯列期(主に7歳から9歳ごろまでの時期)に取り外し可能な装置を使って矯正を行い、あごの正しい発育を促し、永久歯が綺麗に生える為の準備をします。

②二期治療(歯並びの矯正)

・二期治療の費用・・・30万~60万円程度

永久歯が生えそろう小学校高学年ごろの時期から中学生ぐらいまでの時期(主に11歳前後から15歳ごろまでの時期)にブラケットとワイヤーで出来ている装置を使って矯正を行い、上下の歯を整えて正しい噛み合わせにします。

自分に合った方法で矯正治療を受けよう

「矯正治療の種類と費用」について解説をさせていただきました。

 

矯正治療は保険が利かない自費診療のため歯科医院ごとに治療費用が異なります。

 

さまざまな治療方法がある矯正治療ですが、治療を受ける際には患者さん自身の目的やご希望に合わせた治療を受ける事をおすすめします。

 

もし現在、矯正治療について分からない事や聞きたいことがあれば、まずは一度、歯科医師に相談をしてみるといいでしょう。