【治療別】歯科矯正にかかる平均費用

歯科矯正とは、歯並びや噛み合わせを矯正するための歯科治療です。

たとえば、歯並びが悪いというだけで、言葉の発音が不明瞭になってしまったり、見た目に対してコンプレックスを持ってしまったりすることがあるでしょう。

また、噛み合わせが悪いと、食物をきちんと噛むことができず、消化不良の原因になることがあります。また、噛み合わせが悪いせいで、骨盤に歪みが生じてしまうこともあるといいます。

そして、このようなときに役立つのが、歯科矯正です。

それでは、気になる矯正歯科の治療にかかる、平均的な費用をご紹介して行きましょう。

 

ワイヤー矯正

歯科矯正の治療の中で最もポピュラーな方法です。

この治療は、ワイヤー矯正とは、「マルチブラケット」という矯正装置を歯の表面に取り付け、時間をかけて少しずつ歯を動かして行くという方法です。

また、ブラケットは、金属製のメタルブラケット、セラミック製やプラスティック製の審美ブラケット、ハイテク形状記憶ワイヤー製のセルフライゲーションブラケットの3種類に分類され、それぞれに特徴や費用が異なります。

 

メタルブラケット

最も一般的なタイプで、丈夫で低価格というメリットを持っています。ただし、金属アレルギーの方はプラケットに敏感に反応してしまう可能性があり、また、金属部分が目立つというデメリットを持っています。

  • 平均費用…650,000円~
  • 治療期間…1~2年が目安

 

審美ブラケット

美容面を重視したブラケットで、透明または白色であるため、目立ちにくいというメリットを持っています。

また、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けることができるという点もメリットとして挙げられますが、メタルブラケットよりも費用はやや高額で、素材が若干弱いというデメリットを持っています。

  • 平均費用…700,000円~
  • 治療期間…1~2年が目安

 

セルフライゲーションブラケット

通常の矯正装置は、ブラケットにゴムやワイヤーを通して固定しますが、セルフライゲーションブラケットの場合では、ブラケット本体のシャッターの開閉で固定しますので、ワイヤー矯正の中では最も違和感や痛みが少ないというメリットを持っています。

  • 平均費用…750,000円~
  • 治療期間…1~2年が目安

 

裏側(舌側)矯正

リンガルブラケットと呼ばれる治療法です。

この治療は、歯の表面ではなく、裏側にブラケットを装着しますので、ワイヤー矯正よりも目立たないというメリットがあります。

 

この治療は、矯正治療中であることを他人に知られたくない方にピッタリな方法であるといえますが、デメリットがないわけではありません。

たとえば、歯の裏側にブラケットが装着されている分、異物感は強いと考えられます。

さらに、歯の裏側に矯正装置がありますので、話しにくくなるというデメリットも持っています。

  • 平均費用…1,100,000円~
  • 治療期間…1~3年が目安

 

マウスピース矯正

ブラケットを装着するのではなく、マウスピースを使用して行う矯正治療です。この治療は、約2週間に1回を目安としてマウスピースを交換し、少しずつ歯を動かして行くという方法です。

この治療の最大のメリットは、マウスピース自体が非常に薄いため、外部からマウスピースが見えにくいという点にあります。

また、マウスピースは装置を固定する治療法とは異なり、患者さんご自身で取り外しが可能であるため、大切な日だけ外しておくということもできます。

そして、マウスピースはプラスティック製であるため、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けることができるというメリットも持っています。

  • 平均費用…600,000円~
  • 治療期間…2~2年半が目安

 

部分矯正

前歯の気になる部分だけを矯正する治療で、ブラケット、マウスピース、裏側矯正、矯正用インプラントなどの方法があり、それぞれに費用や治療期間が異なります。

この治療は、前歯の歯と歯の間が開いている、あるいは、前歯のみ歯並びが悪いという方におすすめできます。

 

ブラケット

  • 平均費用…150,000円~
  • 治療期間…6カ月~1年が目安

 

マウスピース

  • 平均費用…300,000円~
  • 治療期間…6カ月~1年が目安

 

裏側矯正

  • 平均費用…400,000円~
  • 治療期間…1~2年が目安

 

矯正用インプラント

ブラケット治療と併用させることが多い治療法で、歯が前に出ている方に適しています。

  • 平均費用…180,000円~
  • 治療期間…半年~2年が目安

 

これらの矯正治療は、歯科医院によって費用が異なり、また、治療期間はそれぞれの歯の状態によって、短くなったり長くなったりすることがあります。

また、どの治療方法であっても、治療期間中には1~2カ月に1回程度の診察を受ける必要があります。

 

歯科矯正は保険適用になるの?

歯科矯正治療は基本的に自由診療扱いとなりますので、健康保険は適用されません。

つまり、自費になるということです。

歯科矯正治療は、どの方法であっても高額な設定となっていますが、歯科医院によっては医療ローンに対応しているところもあります。費用面が心配な方は、まずは医療ローンの取り扱いがある歯科医院を探してみてはいかがでしょうか。

 

このように、通常であれば自由診療扱いとなる歯科矯正治療ではありますが、厚生労働省が定める先天性異常が認められた場合では、健康保険の対象となることがあります。

そして、歯の噛み合わせの問題による顔の変形(額変形症)がめだっている場合でも健康保険が適用されることがあります。

これらの症状に該当すると思われる方は、まずはお近くの歯科医院で診察を受けてみて、ご自身が保険適用に対象になるかどうか、確認してみると良いでしよう。

 

まとめ

話す、笑う、ものを食べるなど、私たちの口元は、毎日忙しく働いています。そして、意外に目立つのが歯並びです。

歯並びが悪いというだけで、顔全体の雰囲気が変わることが考えられますし、話しにくい、あるいは食品をうまく食べられないなど、物理的な部分で生活に支障をきたしてしまうことも考えられます。

 

歯科矯正は短期間で終了するものではなく、部分矯正であっても、最低半年間は必要とする治療です。

歯科矯正治療を思い立ったのであれば、できる限り早い段階で歯科医院に足を運び、どの治療法がご自身に合っているのか、とりあえず確認だけでもしておいてみてはいかがでしょうか。