失敗しない!矯正歯科を選ぶ10のポイント

はじめに

矯正歯科を選ぶ時、どういった基準で選べばいいか分からない・・という方が多いようです。

矯正歯科は一生に一度しか行わない治療ですので、クリニック選びには慎重にならざるを得ません。

実際に、安易に矯正歯科を選んでしまって失敗した・・という方を耳にします。

矯正歯科選びに失敗してしまうと、治療した後すぐに元の歯並びに戻ったり、肩こりや頭痛などの症状がひどくなることもあります。
そうならないよう、ここでは矯正歯科の選び方のポイントを10つご紹介してみたいと思います。

 

矯正歯科の選び方

1.無理なく通院できるか

治療方法によっても違いますが、歯科矯正は一般的に数年間など長期にわたって通院する必要があります。

また、装置が壊れた時などのためにも通いやすいかだけでなく、通学や通勤、引っ越しなどの予定も考慮した上で選ぶことが大切です。

 

2.予約が取りやすいか

矯正歯科と一般歯科の両方を行っているクリニックは多いです。

そういった場合、決まった曜日に他のクリニックから矯正歯科専門の非常勤の歯科医師が来て治療を行う・・というところがほとんどえす。

なので、矯正装置が壊れて対応して欲しい場合でもすぐに対応してもらえなかったり、予約を取りたくても取れないことがあるかもしれません。

あまり混み合っている矯正歯科だと予約が取りにくく、次の通院まで期間があき過ぎてしまったり、決まった曜日にしか予約が取れなかったりします。

矯正歯科を選ぶ時は予約が取りやすいかどうかもポイントになります。

 

3.歯科衛生士がいるかどうか

歯科矯正治療を受ける上で、経験が豊富な歯科衛生士さんがいるかどうかは重要なポイントです。

なお、歯科衛生士さんの仕事にはさまざまなものがあり、歯科医師のサポート以外にもお口の中や矯正装置のメンテナンス、歯並びを悪くするくせをコーチングする・・などがあります。

なので、経験が豊富な優れた歯科衛生士さんがいるクリニック選びが大切です。

 

4.希望に沿った治療プランを立ててくれる

また、患者さんの希望に沿った治療プランを立ててくれるかどうかも重要なポイントです。

なるべく目立たたない装置を使いたい、治療期間を短くしたい・・など、それぞれ患者さんによって希望があるはずです。

それらの希望を聞いた上で希望に沿った治療プランを提案してくれるクリニックが望ましいでしょう。

また、矯正方法にもさまざまなものがあり、歯科医師の得意なものや考え方によっても変わってきます。

ご自分のお口の状態によって最も適した治療法を提案してくれるのは当然ですが、それだけを強く押し付けてくるようなクリニックの場合には一度考え直してみた方がよさそうですね。

 

5.見た目だけを重視しない

最近歯科矯正治療でトラブルになっているのが患者さん側もクリニック側も審美性だけを目的に治療を行うケースです。

歯科矯正治療で最も大切なことは歯並びをきれいにして審美性を高めることではなく、あごの位置を考慮しながら噛み合わせをよくすることです。

歯を削ったり、神経を抜いたりして被せものを行うセラミック矯正や歯を抜かない歯科矯正や部分矯正などの人気が高まっていますが、こういった治療を詳しい説明もなく押し付けてくるようなクリニックは注意した方がよさそうですね。

 

6.治療計画を具体的に説明してくれる

CTやレントゲンなどを撮影してみないと正確な治療プランを立てることはできませんが、専門の歯科医師ならそれまでの経験によって費用や治療期間などについてもある程度は説明してくれるはずです。

 

7.メリット&デメリット両方説明してくれる

矯正治療を受けるかどうか最終的に決定するのは患者さんなので、歯科医院側が矯正治療を受けるように強引に勧めてくるのはいかがなものでしょうか?

中には英会話や宗教の勧誘のような説明を行い、無理に矯正治療を受けさせるようとするクリニックもあるようです。

もし、必要以上に矯正治療をしないことでの恐怖心をあおるようなことを言われて治療を受けさせられそうになった場合にはいったん家に帰り、冷静になってから判断するようにしましょう。

 

さらに、説明が患者さんのことを本当に心配してのことか、逆にクリニックが治療をしてほしいから言っているのか・・などを考えて決めるようにしましょう。

つまり、客観的な立場に立って説明を行ってくれるクリニックが望ましいです。

メリットは当然ですが、デメリットについても詳しく説明してくれるクリニックほど信頼できると言っても過言ではありません。

 

8.アフターフォローがしっかりしている

歯科矯正治療は矯正が終ったらそれで終わりというものではありません。

その後長期間にわたって歯周病や虫歯をチェックしてくれるなど、総合的に歯を管理してくれるクリニックを選びましょう。

 

9.経営が安定している

最近、競争が激化したことで歯科医院が倒産するケースが増えています。

矯正治療中にクリニックが倒産してしまい治療費が返金されないなどのトラブルが起きるケースもあるようです。

なので、矯正歯科を選ぶ際には経営が安定しているかどうかを見極めることも大切でしょう。

歯科矯正を始めたのはいいけれど、治療が済むまでにクリニックが倒産してしまっては困りますよね?

経営がうまくいっていないクリニックは院長が精神的に余裕がないため、患者さんに無理やり治療を押し付けようとします。

そういったクリニックは避けた方が無難でしょう。

 

10.必要以上の治療を勧めない

最初のカウンセリングの際、実際に見てみないと判断できないのでお口のレントゲンを撮りましょうとか、精密検査の際に必要以上の検査まで行いその必要性をきちんと説明しない、悩みとは別の治療まで勧めてくる・・など、患者側の話も聞かずに必要以上の治療を勧めてくるクリニックはやめた方がよさそうです。

 

まとめ

クリニック選びに慎重になりすぎ、雑誌やテレビなどで取り上げられているクリニックまで飛行機で通院する方もいらっしゃると聞きます。

ですが、日本は欧米などに後れを取っているとは言っても先進国なので、ここでご紹介したことを参考にしていただいてクリニック選びをすれば、きっとご自分に合ったクリニックが見つかるはずですよ!