失敗しない矯正歯科医院の選び方

はじめに

あなたは歯科矯正を受けたいと思った時、どうやってクリニックを選びますか?
最近では矯正治療専門のクリニックがあるいっぽう、一般歯科で矯正歯科を診療項目に掲げているクリニックも増えているようです。
では、どうやってクリニック選びをすれば安心して治療が受けられるのでしょうか?
虫歯治療でかかっているクリニックで矯正治療が受けられればいいですが、そういった選び方でいいのかどうか疑問が残ります。
どうやって矯正歯科を選べばいいのか、ここで詳しくポイントをお伝えしましょう。

歯並びが悪いままだとどうなるのか

お口のケアがしづらい

矯正治療を行わず歯並びが悪いままだと、歯磨きを行っても磨き残しが起きます。
歯間ブラシやデンタルフロスなどを使い丁寧に行っている方でも、ブラシやフロスが使いにくいため磨き残しが起きるのは当然です。
さらに、歯周病や虫歯の原因である細菌は唾液で活動を抑制されますが、歯並びが悪いため口呼吸がくせになっている方は常にお口の中が乾燥してしまうため唾液がじゅうぶんに出ず、歯周病や虫歯のリスクが高まると言われています。
最近、80歳で20本の歯を残そうという8020運動が盛んですが、実際にそれを実現できている人のほとんどは歯並びが整った方だそうです。

コンプレックスを抱えたままになる

歯並びが悪いままだと口元にコンプレックスを持つことが多いです。
口元は顔の大切な場所にあるためその部分の問題はとても深刻です。
それに、凸凹した歯並びに加え口から飛び出しているような歯並びの方もいらっしゃいます。
そういった場合、口が閉じづらくなり、無理やり閉じようとすると下あごにしわができることもあります。

矯正歯科の選び方のポイント

  1. 気軽に質問できるか

    何か質問したいと思うことがあっても、聞きにくい雰囲気のクリニックだとそのままにして帰ってしまうことになります。
    ですが、それをずっと繰り返しているとこんな結果になるとは思っていなかった、こんなに治療期間が長引くとは思っていなかった・・など、最初のうちは小さなことでも後になってかなりのストレスになることがあります。

  2. 治療の選択肢の説明があるか

    さて、矯正治療とは悪い歯並びを正しい歯並びに治療することを言いますが、歯並びの状態や年齢などによって治療方法が変わってきます。
    手術が必要な場合とそうでない場合、抜歯が必要な場合とそうでない場合、表側矯正か裏側矯正か、矯正治療かそれ以外の治療法か・・など、人によって選択肢はさまざまです。
    ご自分に考えられる治療法を全て聞いた上で、納得して治療法を選ぶことが大切です。

  3. 通いやすいかどうか

    当然と言えば当然ですが、クリニックに通いやすいかどうかも重要なポイントです。
    いくら腕のいい歯科医師がいるからと言って、自宅からあまりに遠いクリニックだと長期間通院するのは負担になります。自宅から通いやすいか、仕事や学校帰りに立ち寄りやすいかなど、よく考えた上でクリニックを選ぶようにしましょう。

  4. メリットだけでなくデメリットも説明してくれる

    矯正治療を受けるかどうかを最終的に決めるのは患者さん自身です。
    なので、クリニック側が無理に矯正治療を受けさせようとするのはいかがなものでしょうか?
    治療を受けないとどうなるか恐怖心をあおるなどして無理やり治療を受けさせようとするクリニックは避けた方が無難でしょう。
    そういったクリニックは患者さんの立場に立っているとは言えないからです。あくまでも客観的な視点で説明を行ってくれるクリニックがおススメです。つまり、メリットだけでなくデメリットもちゃんと説明してくれるクリニックなら安心して治療を受けられそうですね。

  5. きちんと治療計画を立ててくれるか

    矯正治療を開始するにあたり、どの程度の費用がかかりどういった治療をどのくらいの期間受けるのか、どういった歯並びにするのか・・などの治療計画の説明を受けることが大切です。
    患者さんによって治療内容はさまざまですので、きちんと検査を受け正確な診断をしなければ適切な説明ができるはずもありません。臨床経験の豊富な歯科医師であれば、治療計画や治療方針などについて治療前にきちんと説明できるのが当然です。
    もし、説明がふじゅうぶんだったり、話の内容が分かりづらい、話が変わる・・などの場合は注意した方がよさそうです。また、矯正治療にかかる費用は治療内容や期間によって変わってくるものなので、どういった方法でどの程度の治療を行うのかが分かれば治療費もおおよそ決まってきます。
    検査を行ったのに治療計画を説明してもらない、治療費を提示してもらえない・・などの場合は他のクリニックに変わることを検討してもいいかもしれませんね。

  6. 治療期間が延びたら理由を説明してくれるか

    これは治療を始めてからになりますが、基本的に治療を始める前におおよその治療期間が予想できるものです。ただ、患者さんのお口の状態や生活環境などの条件により、治療前に決めた期間より長引いてしまうこともまれにあります。
    そういった場合、どうして治療期間が延びてしまったのかをきちんと説明してもらえなければ不信感や不安感を持つものです。そんな時は歯科医師に聞いてみるといいでしょう。ほとんどの治療期間が延びた理由は、患者さんがきちんと矯正器具を付けていないことによるものですが、クリニックに原因がある場合でもきちんと説明を行ってくれるクリニックなら信頼できると言ってもいいでしょう。
    もし、どうしても納得できる答えを得られないなら、治療の途中であっても他のクリニックの意見を聞いてみるようにしましょう。

まとめ

矯正治療を受けたい場合、前もって正しい情報を集めることが大切です。
初診時のみ無料カウンセリングを行っている矯正歯科もあるようですので、実際に行ってみて院内の様子や歯科医師と相性がいいかどうかチェックしてみるといいでしょう。
矯正治療は時間も費用もかかる大がかりな治療ですので、信頼できるクリニックを見つけていただき、安心して治療を受けたいものですね。
ぜひ、ここでご紹介したクリニック選びのポイントをご参考にしてみて下さいね!