矯正治療後の後戻りを防ぐ方法

はじめに

矯正治療と聞くと矯正装置を装着することが治療の主体であると思われがちですが、実際には歯並びがきれいになり矯正装置を外してから後戻りを防いで歯並びが乱れないよう保定装置を付けることが必要です。
きれいになった歯並びを保定しておくためにこれも大切な治療の一つです。
ここでは歯科矯正後の後戻りを防ぐ方法、どうして後戻りしてしまうのか、リテーナーとは何か・・などをご紹介したいと思います。
これを読んでいたたき、矯正治療の後戻りについてまだ疑問点があれば、クリニックで一度相談してみるといいでしょう。

後戻りとは

では、そもそも後戻りとはどういったものなのでしょうか?
長時間かけて治療を行い手に入れた美しい歯並び。
ですが、せっかく美しく整った歯並びであっても治療が終った後のアフターケアがいい加減だと、元の乱れた歯並びに戻ることがあります。
これを後戻りと呼んでいます。
後戻りすると、最悪再治療が必要になることもあります。
それを防ぐためにもなぜ後戻りしてしまうのかをしっかり理解していただき、治療後の適切なケアが大切です。
では、そもそもどうして後戻りしてしまうのでしょうか?
美しく整った歯並びは歯を移動させきれいにしたものです。
ですが、歯ぐきや骨は本来あるべきところに収まるよう作られているので、これらは歯に比べ変化するのに時間がかかるため元に戻ろうとします。
これこそが後戻りの原因と言われるものです。
ですが、時間をかけてきれいになった歯並びが元に戻ってしまうのは避けたいものです。
それを防ぐためにリテーナーと言われる後戻りを防ぐための装置があります。
これを使った歯の保定期間は柔らかくなった骨を硬くするためのものなので、リテーナーによって歯を保定することで骨を硬くし後戻りを防止します。
つまり、矯正治療後のリテーナーは非常に重要なのです。

矯正治療後の後戻りを防ぐ方法

 

リテーナーを装着することが大変重要になっていきます。
どういった矯正治療を行った場合でも矯正装置を外したら保定を必ず行います。
歯槽骨がきちんと整うまでは歯並びが乱れないようリテーナーを付けますが、これはブラケット装置とは違って自分自身で取り外すことができます。

リテーナーとは

では、矯正治療後に後戻りを防止するリテーナーとはどういったものなのでしょうか?
リテーナーとはワイヤーとブラケットを使用した矯正装置により矯正治療をきれいにした後使う装置のことを言います。
矯正装置とは歯やあごを移動させるために使用するものですが、リテーナーはこの矯正装置を外した後、動いた歯が元に戻るのを防ぐために使う歯の後戻りを防ぐ装置を言います。
歯が動くメカニズムは矯正装置により力がかかった歯の周りにある歯槽骨が溶けてしまい、そのすき間に新たな骨ができることが繰り返されて起こると言われています。
つまり、歯が矯正治療によってきれいになった後も、その周りの骨はしっかり固定されているわけではなく、不安定です。
さらに、歯と歯ぐきを付けている繊維は簡単に変えられないため新たな歯の場所から元の場所へと戻そうとします。
ですから、矯正装置を外したらリテーナーを使ってしっかり保定し、動いた位置に保定する必要がある・・ということですね。

リテーナーの種類

リテーナーは樹脂製のマウスピースタイプや樹脂製のプレートとワイヤーが組み合わさったものがあり、どちらもご自分で取り外しが可能なので一般的な保定装置と言えます。
さらに、歯にワイヤーを付ける固定式のものもあります。

リテーナーの装着時間

なお、歯槽骨がしっかり安定するまで1年程度は1日中ずっとリテーナーを付けている必要があります。
せっかく矯正装置が外れたのに煩わしく感じるかもしれないですが、食事の際やブラッシングの際は取り外すことが可能ですし、矯正治療中ほど強く固定しないので、ストレスはそれほどないでしょう。

装着期間

一般的に矯正装置を装着していた期間と同じ期間リテーナーを付けるのが目安で、たとえば矯正装置を1年装着していたら1年間はリテーナーを付ける必要があり、この場合治療が終るのに2年かかるということになります。
ただ、骨が固定されてきたらリテーナーを付けるのが寝る時だけになるなど、1日当たりの装着時間を少しずつ短くすることは可能です。

保定にかかる費用

なお、リテーナーの費用については装置代として3~5万円程度必要で、これに加え定期的な診察料が加わる場合もあります。
ただ、リテーナーや診察料など矯正治療に関するトータルの料金を前もって治療を始める前に提示してくれるクリニックもあるため、それだと、もし治療が長引いてしまった場合でも追加料金が必要ないため安心です。

再治療になった場合の費用

もし、矯正治療後に後戻りしてしまい再治療になった場合、一番気になるのが費用の問題でしょう。
みなさんご存じの通り、矯正治療は費用がかかる治療です。
再治療になった場合さまざまなケースがあり、1回目と同額の場合もあれば無料というばあいもあり、クリニックによって違っています。
治療を始める前にクリニックで聞いておくといいでしょう。

まとめ

矯正治療は歯を移動させ審美性が改善されれば終わり・・という治療ではなく、歯は常に動くため元に戻ろうとする後戻りがあります。
これを防止するにはリテーナーと言われる保定装置を付けなければなりません。
これを使って矯正治療後も固定することにより、美しい歯並びを保つことが可能になります。
もし、リテーナーを付けないでいると、すぐ歯が後戻りしてしまうため、最悪の場合再度矯正治療をやり直す必要が出てきます。
もちろん、それ以外にセルフケアをしっかりと行って虫歯や歯周病を防止することも重要です。
矯正治療中はワイヤーが固定されていたのでセルフケアも大変だったでしょうが、リテーナーは取り外せるためケアが簡単です。
ぜひ、ここでご紹介したことをご参考にしていだたき、矯正治療後に後戻りしないためのお役に立てて下さいね!
みなさんが矯正治療で手に入れた美しい歯並びを維持できることを願っています!