必ず守ろう!矯正治療中の注意点

はじめに

矯正治療の種類にはワイヤー矯正やブラケット矯正、マウスピース矯正などさまざまなものがあります。
ブラケットなどを長期間装着したまま過ごすためにはさまざまな注意が必要です。
たとえば、硬いものや色の濃いものなどは避けた方が無難です。
ここでは矯正治療中に注意するべき点について具体的にご紹介しますので、今後矯正治療を検討している方はぜひ最後まで読んでみて下さいね。

矯正治療のメリット

消化器官への負担が減る

矯正治療のメリットは審美性を高めるだけではありません。
歯は消化器官の1つです。噛み合わせが悪かったりあごの動きが悪くなると咀嚼が十分にできなくなって、胃腸への負担が増大します。
歯並びをきれいにすれば噛み合わせがよくなって、しっかりと噛めるようになります。

顔の歪みが改善する

歯並びが悪いと噛む時に片方ばかりで噛んでしまったり、噛む力が弱くなったりします。
咀嚼のバランスが悪くなると、顔の筋肉のバランスも悪くなるため顔が歪んでしまうこともあります。
歯並びをきれいにすれば、口元だけでなくあごの骨格などもきれいになるため、顔の左右の筋肉のバランスがよくなり美しい顔立ちになります。
そうなると、顔全体の筋肉や血流を刺激することができるため、ほうれい線などがケアできアンチエイジング効果も期待できると言われています。

自分に自信が持てるようになる

表情が豊になるため、口元に自信が持て話したり笑ったりすることが楽しくなるので、積極的に人と接することができるようになり自分に自信が持てます。

口呼吸が改善される

歯並びが悪いと口呼吸になってしまうことがあります。
口呼吸を続けていると、お口の中や喉が乾燥してしまい虫歯や口臭が起きることがあります。
また、のどに直接乾燥した空気が当たり、のどが乾燥すると細菌やウイルスが付きやすくなり、風邪やインフルエンザになるリスクが高くなるため注意が必要です。
矯正治療を行えば口呼吸が改善でき、発音がしやすくなったり、お口の中の状態がよくなったりとメリットが多いです。

矯正治療中の注意点

  1. 日ごろのブラッシングはていねいに

    矯正治療中は矯正前と比べてブラッシングをていねいに行う必要があります。
    矯正治療中は歯を動かすのでワイヤーやブラケットを付けた状態になります。
    ですので、食べもののカスが詰まりやすくなるため、矯正前よりていねいなブラッシングが必要なのです。
    もし、矯正中に虫歯になると治療を中断し虫歯の治療を優先しなければならなくなります。
    クリニックの指導に従いていねいにブラッシングするようにしましょう。

  2. 口元への衝撃に気を付ける

    矯正治療中は矯正装置を口の中につけたままなので、スポーツをする際などには注意が必要です。
    口元に強い衝撃があると、矯正装置によってお口の中を怪我することがあるからです。
    ただ、専用のマウスピースを装着すれば保護することができます。もし、日常的にスポーツをされている方はクリニックで相談して作ってもらうようにしましょう。

  3. 食べものは避ける

    矯正装置を装着している間におせんべいやフランスパンなどの硬い食べものは避けた方が無難です。
    矯正装置は歯1つ1つに接着剤で付けられているため、装置が壊れたりするとそのたびにつけ治す必要があって、費用も手間もかかるからです。
    それに、知覚過敏の方の場合は装置をつけ治すたびに歯に痛みが起きることがあるからです。
    矯正治療が終ったらきれいな歯並びが手に入れられる・・と考え、矯正治療が終るまで我慢するようにしましょう。

  4. 色の濃いものは避ける

    また、色の濃い食べものは矯正装置に色が付いてしまうので、避けた方が無難です。
    特に表側ワイヤー矯正をしている場合には歯磨きだけでは完全に汚れが落としきれないことがあります。
    どうしても色の濃い食べものを食べたいという場合にはクリーニングを行う前に食べるといいでしょう。
    色の濃いものの代表としてはコーヒーや紅茶、カレーなどがあります。
    裏側矯正の場合はあまり気になりませんが、表側矯正の場合は装置に色が付くことを頭に入れておきましょう。

  5. クリニックでのクリーニングを受ける

    矯正治療中は毎食後の歯磨きに加え、クリニックでのクリーニングが重要です。
    矯正治療中はプラークコントロールが大切になってきます。
    クリニックで歯をクリーニングしてもらえば、虫歯になって治療を中断したり、歯を削るリスクが軽減できます。そのためにも、こまめに歯をクリーニングしてもらうことをおススメします。

  6. 疑問があれば何でも相談する

    矯正治療中に疑問点があったら、何でもクリニックに相談しましょう。
    矯正治療中に矯正装置に不具合がある、歯が痛む・・などがあれば不安なものです。
    こんなことを聞いてもいいのか・・と思うような小さなことであっても、遠慮せず質問するようにしましょう。ご自分で気になったことを質問することでクリニックとのコミュニケーション向上にもつながります。

クリニック選びの重要性

矯正治療を行う時はクリニック選びにも注意が必要です。
どういったクリニックを選べばいいのでしょうか?

矯正治療の経験が豊富

最も重要なことは経験と技術でしょう。
ご自分の治療に似た治療の経験があるクリニックだと適切な治療が受けられるはずです。

事前にしっかりと説明がある

矯正治療は保険外治療です。
治療プランや治療費の総額、追加料金は必要なのか・・などを事前にしっかりと説明してくれることが大切です。
その上で納得できれば契約するようにしましょう。

疑問や質問に答えてくれる

矯正治療には数年と長い時間がかかります。
つまり、クリニックとは長い付き合いになるわけなので、患者さんの疑問や質問にしっかりと答えてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。
また、受付や電話の対応などがいいかどうかもチェックしましょう。

まとめ

矯正治療は審美性がよくなるだけでなく、美容面や健康面においてもさまざまなメリットがあります。
矯正治療を始めたら、クリニックでの指導にしっかりと従って美しい歯になるよう努めましょう。
矯正治療を受けることで、自分の理想の歯並びを手にできるといいですね!