歯並びの悪さにも種類がある!不正咬合の種類とは

はじめに

不正咬合とはあまり聞き慣れない言葉ですが、不正咬合とは悪い歯並びのことを言い、一言で歯並びが悪いと言ってもその種類はさまざまです。

ここでは不正咬合の種類やその原因、治療法などについてご紹介しますので、もしかして不正咬合かも?と思われる方は最後まで読んでみて下さいね!

不正咬合の種類

歯並びが悪いと聞くと出っ歯やすきっ歯などが思い浮かびますが、不正咬合にはほかにも多くの種類があります。

過蓋咬合

過蓋咬合とは前歯の噛み合わせが深いもので、下の前歯が上の前歯の裏の歯ぐきを噛んでおり下の前歯が見えない状態を言います。

デメリットとしては上の前歯に負担がかかってしまうので歯の寿命が短くなったり、痛みが起きたりする・・などがあります。

開咬

奥歯で噛んだ時に前歯が何本か噛まない状態を言い、麺類などを前歯を使って噛むことができない状態です。

上顎前突

いわゆる出っ歯と言われる歯並びのことで、上の前歯が出ているため歯をぶつけて欠けさせてしまったり、折ったりするなどが起きます。

叢生

前歯がでこぼこしている乱ぐい歯のことを言います。叢生はあごの大きさと比較して歯が大きすぎることが原因だと言われています。

歯同士が重なり合っているため歯ブラシが届きづらくなっており、歯周病や虫歯になるリスクが高いです。

下顎前突

いわゆる受け口のことで、上の歯より下の歯が出ている状態を言います。奥歯に虫歯ができやすく、サ行やタ行が発音しづらいと言われています。

正中離開

正中離開とは前歯の間にすき間があいた状態、いわゆるすきっ歯のことで、原因としては正中埋伏過剰歯と上唇小帯なの発育異常などによるものがあります。

空隙歯列

空隙歯列とはあごの大きさに対して歯が少なかったり、小さかったりすることによって起こり、歯並びにすき間が多くなっている状態です。

前歯のすき間が目立ったり、歯に食べもののかすが詰まりやすくなります。

不正咬合の原因

遺伝

不正咬合の原因に遺伝があり、体質や顔、髪の毛の色などが遺伝するのと同様に歯並びや噛み合わせなども遺伝すると言われています。

受け口は特に骨格が原因とされています。また、親の歯の本数が少ない場合はお子さんにも遺伝すると言われており、大人になるまでに徐々に歯並びが悪くなった場合は後天的な原因の可能性が高いです。

あごの発育不足

あごの発育は咀嚼という行為によりあごの骨が刺激され、発達が促されると言われています。

そのため、咀嚼回数が少なければ少ないほどあごの発育が悪くなると言われており、現代人の食生活は柔らかいものばかりで顎が小さくなっていると言われています。小さい頃は硬いものを食べよく噛むようにすることが大切です。

歯周病

歯周病によって歯を支えている骨が溶けると歯がぐらついてしまい動きやすくなるので不正咬合になりやすいです。また、歯周病は自覚症状がほとんどないので、知らない間に歯並びが悪くなります。

ですので、歯の動きを止めるため歯周病の治療を受けることが最優先です。

悪いくせや習慣

指しゃぶりや舌で前歯を押す、頬づえ・・などお子さんがよくやるくせによっても不正咬合になることがあります。

舌で前歯を押したり、指しゃぶりによって上顎前突になることがあります。お子さんの骨格は大人より悪いくせや習慣で歪みやすいと言われているため注意するようにしましょう。

口呼吸

人間は通常舌は上のあごに付いておりその力によって広げられていますが、口呼吸をしていると口が常に開いているので上のあごが広がらない状態になっており、スペースが狭くなるため上顎前突になりやすいと言われています。また、口呼吸を続けていると、口の中が乾燥してしまい唾液の分泌量が少なくなってしまいます。

唾液には抗菌効果があるので虫歯になりやすくなってしまい、歯並びが悪化することがあります。

不正咬合の治療法

ワイヤー矯正

不正咬合の治療法として矯正治療があります。

多くの方が矯正治療と聞くと歯に矯正装置を付けワイヤーを使って歯を動かすものを想像するでしょう。一般的なワイヤー矯正は歯の表面に3ミリ程度の細いブラケットと言われる装置を接着してさらに細い0.5ミリほどのワイヤーを通してその弾力性を使って歯並びを改善していくという方法です。

この矯正治療法は日本で最も行われているものです。

マウスピース矯正

歯を正しい位置に動かすための患者さん専用のマウスピースを装着します。

取り外すことができるのがメリットで、食事の時にも好きなものが食べられますし、ブラッシングしやすいのでお口の中を常に清潔に保てるメリットがあります。

裏側矯正

裏側矯正では本来歯の表側に装着する矯正装置を歯の裏側に付けるので、人目に触れずに歯並びを美しくできる方法です。

職業目立つ矯正装置を装着できない方や、人と会話する機会が多い方にオススメの矯正治療法です。

また、歯の表側に付けないため傷つける心配もなく、治療後の審美性も保てます。

矯正治療の費用

矯正治療を行う際に気になるのがその費用ではないでしょうか?

矯正治療は自由診療なのでクリニックが治療内容や費用を決めることができます。

初診から矯正治療が終った後の保定期間を含む総費用はおおよそ80~120万円程度のことが多いです。クリニックや患者さんのお口の状態、治療方法によって違ってくるためそれ以上かかることもあります。

前もってクリニックで見積もりを出してもらい、納得した上で治療に臨みましょう。

定期検診の重要性

クリニックで定期的に検診を受けていれば虫歯や歯周病、歯並びが悪くなるのを早期発見できます。

ご自分の歯を使って一生食事をしたり、会話したりしたいなら小さな頃から定期的に検診を受けていただき、お口の中の状態を定期的にプロの目でチェックしてもらうようにしましょう。早めに気づくことで治療になった時も治療法の選択肢が広がるはずです。

まとめ

不正咬合と一言で言っても、さまざまな種類があることをお分かりいただけましたか?

ご自分がもしこの中のどれかに当てはまっているのなら、早めにクリニックで診てもらい最適な治療法を選ぶようにしましょう。

最近では矯正治療法もさまざまなものがあり、人の目を気にせず済む目立たない治療法もあります。

ぜひ、ここでご紹介したことを参考にしていただき、美しい歯並びを手に入れてくださいね!