歯の黄ばみを落とすのに効果的な歯磨き粉の選び方

はじめに

 

歯のホワイトニングに関心が高い方は多いのではないでしょうか?
笑った時に白い歯が見えると清潔感があり仕事面でもプライベートでも相手にとってプラスの印象になります。
歯の黄ばみが気になると特に女性は肌の色や唇の色もくすんで見えてしまいます。

 

 

ホワイトニング施術を行っている歯科は近年多いですが、ホワイトニングに関心のある方は通院の手間や費用などを考えると、出来る限りのことは自宅で、自分でしたいとお考えなのではないでしょうか。
今回は毎日使う身近なデンタルケアグッズである歯磨き粉の中でもホワイトニング効果が期待できるものの選び方や、歯のホワイトニングについてお話しします。

歯が黄ばむ原因は?

 

私たち大人に生えている永久歯は子どもの頃に生えていた乳歯と比べると、真っ白ではなく元から多少黄色くくすんでいます。
これは歯の象牙質と呼ばれる部分がこのように黄味がかっており、乳歯に比べて永久歯の方が象牙質の割合が多いためそう見えるのです。
その状態から毎日の飲食を通してステインと呼ばれる着色汚れがついて更に歯が黄ばんでしまいます。これが黄ばみの原因です。

 

元々の永久歯の色味やステインの付き具合には個人差があるため、歯が黄ばみやすい方とそうでない方がいます。
ステインが多く含まれる食品としてコーヒーや紅茶、赤ワイン、緑茶などが代表的です。
また、喫煙習慣のある方はタバコのヤニも歯の黄ばみの1つの原因です。
それらを習慣的に摂取する方は歯の黄ばむスピードが速くなります。

 

これらの飲食や喫煙でついた黄ばみはある程度は定期検診のクリーニングでとることができますが、歯科に長年通院していない方は着色汚れがどんどん増えてとれにくくなってしまいます。
なので虫歯の確認やお口のクリーニングで行く定期検診は、歯のホワイトニングも兼ねているのです。

 

ホワイトニングケアができる歯磨き粉の選び方

そんな気になる歯の黄ばみを毎日使う歯磨き粉で抑えることができます。
審美歯科の1つであるホワイトニング施術を受けるよりは低コストで気軽に始めることができますよね。最近は歯磨き粉もいろんな種類が数多く出ていますがその中でもホワイトニングに着目した歯磨き粉を選びましょう。
ステインの除去に特化したもの、代表的なホワイトニング成分であるポリリン酸ナトリウムシリカハイドロキシアパタイトPEG-8PEG-600などを含んだものなどが効果的です。

また、薬局などで扱っていない歯科専売のホワイトニング歯磨き粉もおすすめです。
スタッフに効果や詳しい使い方を尋ねられる上、一般的な歯磨き粉に比べて研磨剤の粒が小さいものが多いため、歯の表面のエナメル質を傷つけることなく磨くことができます。

 

歯を傷つけてしまうと歯の表面に凹凸が出来るため着色汚れが付きやすく、歯の黄ばみを悪化させる原因となります。歯や歯茎に低刺激な歯磨き粉を使うことも効果的です。

 

また、巷では間違った独特なホワイトニング方法の情報も出回っていることがあります。
正しいのか否か、通っている歯科のスタッフや担当医にに尋ねた方がいいでしょう。

◇歯磨き粉で圧倒的なホワイトニング効果を得ることは難しい◇

確かにホワイトニング専用の歯磨き粉は他のものと比べて、ステインの除去力が高かったり汚れを付きにくくする効果がありますが、歯科でホワイトニング施術をしたような真っ白にまですることはできません。
ホワイトニング専用の歯磨き粉は医薬品ではありませんので使っていい成分が決められているからです。

そのためホワイトニングの歯磨き粉は飲食や喫煙などでついた黄ばみを落として、元々の永久歯の色味に近づける、という話なのです。
歯科で行うホワイトニングにはクリーニングやマニキュア、ダイレクトバンディングなど
様々な方法がありますが最近多くの方に認知されている歯のホワイトニング方法と言えば
ブリーチングと呼ばれる歯の漂白のことでしょう。

ブリーチングとは歯を削ることなく特殊な薬剤を使って歯の有機質を分解し漂白する技法のことです。審美歯科の1つなので自由診療となり費用は歯科によって異なります。
そんなホワイトニングも通院で受けるのものもありますが、自宅で出来るホームケアタイプのものもあります。
ホームケアタイプのブリーチングは歯科で受けるタイプのものに比べると、通院の手間がいらず自宅でいつでもできるので忙しい方や時間が不規則な方におすすめです。

ですが、自分で管理をしなければいけないことが多い点や、歯科で扱うものより濃度が低い薬剤になるので歯科へ通院して受けるブリーチングの方が高い効果が出やすいというデメリットがあります。
歯のホワイトニングの高い効果が欲しいとお考えの方は、自宅でデンタルグッズのホワイトニングだけではなく歯科で受けるの本格的なホワイトニングと併用することがおすすめです。

◇毎日歯を正しく丁寧に磨くことも大切◇

ホワイトニング効果を実感するには毎日の正しい歯磨きやケアも重要になります。
歯を磨く際に力を入れ過ぎると歯の表面に傷がついてしまうので、力を入れ過ぎずに細かく動かしながら磨きましょう。
また、あちこち磨くのではなく左上から始めたなら右上へ、上を磨き終えてから下の歯を磨くといった感じで順序良く磨いていきましょう。そうすることで磨き残しが減り、まだ磨いていない部分の汚れが磨き終えた部分につくのを抑えられます。

そして歯の表面、特に前歯の部分は縦横ブラシを変えながら磨き、歯の裏側もかきだすようにしながらしっかり磨くようにしましょう。
デンタルフロスやデンタルリンスを一緒に使うことも、落ち切れなかった汚れをとったり、着色汚れを付きにくくするので効果的です。
毎日正しい歯磨きをすることとケアグッズを併用することで、ホワイトニング歯磨き粉の持つ効果をより実感することができます。

まとめ

歯のホワイトニングに関心の高い方は美意識や健康管理の意識が高い方が多いと思います。
自宅でどんなにホワイトニングケアをしてもその方法が間違っていては意味がありません。
自宅で出来る歯磨き粉やデンタルグッズでのホワイトニングよりも、もっと高い効果を得たいと考える方は歯科での本格的なホワイトニングもぜひご検討ください。

 

 

星野歯科では通院で出来るオフィスブリーチと自宅で出来るホームブリーチの2つの方法があります。
ブリーチ以外にも一般的なクリーニングで改善できる黄ばみもありますので、患者様のニーズや歯の状態に合ったホワイトニング方法を提案いたします。
どなたでもお気軽にご相談ください。
電話でのお問い合わせも行っております。