自宅でも出来るホワイトニング方法5選

最近は審美志向の方が増え、歯を白く美しくするためのホワイトニングが人気を集めています。

 

ホワイトニングというと、一般的に知られているのは歯科医院で行うオフィスホワイトニングですが、自宅で簡単にホワイトニングを行いたい方のために、様々な方法やグッズが発売されています。

 

今回は、自宅でもできるホワイトニングのセルフケアについてお話します。

 

歯が汚れる理由

歯が汚れる理由としていちばんに考えられることは、日常の飲食における着色汚れです。

 

コーヒーや紅茶、緑茶などを摂取することで、どうしても歯にステイン(着色による汚れ)は付着します。

 

またカレーやミートソースなど濃い色身の食べ物も、ステインが付きやすくなります。

 

この飲食による汚れは不可抗力とも言えるでしょう。

 

またタバコを吸う人は、歯の裏にヤニがつきやすくなります。

 

ヤニは強力にこびりつくため、どうしても歯が茶色くなってしまいます。

 

このように、日常の飲食や嗜好品によるステインはある程度は歯みがきで落ちますが、次第にくすみが出てきます。

 

ではこの汚れをできるだけ除去し、綺麗な歯をキープするために自宅で出来るセルフケアとはどんなことでしょうか。

 

1.ステイン除去やホワイトニング用歯磨きペーストを使う

毎日行う歯みがきでも、歯磨き粉にステイン除去用を使うことで着色を抑えることができます。

 

またホワイトニング効果がある歯みがき粉は、成分の中に美白成分が含まれています。

 

この成分は歯を白くするというよりも、日常の飲食で付着した汚れを吸収する効果があるため、歯の汚れを付きにくくしてくれます。

 

そういった意味でも最近ではたくさんのホワイトニング効果のある歯磨き粉が発売されていますが、本来のホワイトニングは、薬剤を使って歯の表面と内部の象牙質の黄ばみを漂白し、分解する方法です。

 

ホワイトニング用歯磨きは歯を漂白して分解する成分は入っておらず、汚れが付きにくい着色予防という認識で使ってください。

 

2.着色しやすいものを飲食後は水を飲む

飲食の中でも特に着色しやすいものとして、コーヒー、紅茶、赤ワイン、ウーロン茶、コーラやカレー、ミートソースなどがあげられます。

 

このような着色しやすいものを口にしたあとは、水を飲んだり口をゆすぐことで色素を薄め、着色しにくくします。

 

その上で、飲食後速やかに歯みがきをすることで、さらに着色を予防することができるでしょう。

 

面倒くさいと思いがちですが、歯みがき同様習慣づけることで慣れてきます。

 

またリンゴは歯を美しく綺麗にするリンゴ酸が含まれており、色素沈着や黄ばみを落としてくれる働きがあります。

 

歯磨き粉や洗口剤などにもリンゴ酸が含まれているものが数多くあるくらい、着色対策としてポピュラーなものです。

 

このことからリンゴを食べることもステイン除去に良いと言われていますが、酸が持つ特徴から、歯が溶けてしまう酸蝕症になる危険性もあるため、歯にリンゴを貼り付けるようなことはしないで下さい。

 

食後のデザートとして摂取する分には問題ありません。

 

 

3.重曹を入れた水でうがいをする

重曹には歯を白くする作用があると言われていますが、同時に研磨作用も強いため、重曹を歯につけて歯みがきをすることはエナメル質を傷めることになるためあまりオススメできません。

 

そこで重曹を使った水でうがいをすることがオススメです。

 

重曹は食品添加物として使われているため、口に入っても体に問題はありません。

 

 

4.歯のマニキュアや歯専用の消しゴムを使う

歯に塗るタイプの歯のマニキュアも手軽にホワイトニングができることから人気を集めているアイテムです。

 

爪のマニキュアと同じような感覚で歯に塗りますが、自分で塗ることで色ムラが出てしまうこともあり、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

 

また持続性もあまりなく、数時間で取れてしまうことがあります。

 

例えば結婚式などで「この日だけでも真っ白な歯になりたい!」というときには良いかもしれませんが、何度も塗る時間とコストを考えると、歯科医院でホワイトニングを行うほうが結果的に良いかもしれません。

 

歯専用の消しゴムは、歯の表面に付着したステインを手軽に落とすことができます。

 

歯の表面を専用消しゴムで優しく擦ります。

 

力強く擦ると歯の表面を傷めてしまうことがあるため、力を入れて何度も擦ることは禁物です。

 

あくまでも歯の表面の汚れを落とすことが目的であって、歯を白くするわけではありません。

 

また似たようなものだから、と家庭用のメラニンスポンジで歯を磨くことは絶対に行わないようにして下さい。

 

研磨力が強いため、歯の表面を確実に傷めてしまう原因になります。

 

5.ゴシゴシとブラッシングしすぎない

最後はブラッシングについてです。

 

歯の汚れを取りたい、歯を白くしたい一心で力強く歯の表面をブラッシングすることは、エナメル質を傷つけ、かえって汚れが入り込みやすくなる原因を作り出します。

 

特に研磨剤が入った歯磨き粉は磨き上がりがツルツルとして気持ちよく思えますが、力加減が強いと、歯磨き粉の研磨剤の影響もあり歯の表面が傷ついてしまいます。

 

研磨剤不使用の歯磨き粉を使って、マッサージするように小刻みに歯ブラシを動かして下さい。

 

 

歯科医院で定期的にクリーニングを受けて、自宅でセルフケアを

家庭で行うセルフケアは、あくまで汚れを付きにくくすることを目的としています。

 

歯を白くするには歯科医院で行うオフィスホワイトニングの施術を受けるか、自宅で好きな時間に薬剤を入れたマウスピースを装着するホームホワイトニングが最も効果的です。

 

しかし歯科医院で受けるホワイトニングは値段が高くて躊躇する方は、定期的に歯のクリーニングを受けるだけでも見違えるくらいに歯が白くなります。

 

歯科医院で行うPMTCとよばれる歯のクリーニングは、日常の歯みがきでは落としきれない細かな汚れはもちろん、歯周病などの原因となるバイオフィルムとよばれる細菌まで綺麗に落とすことができます。

 

歯科医院で定期的にクリーニングを受けること、それと平行して日常のセルフケアを行うことで美しく健康な歯を保つことができるため、是非参考にしてみて下さい。