オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでかかる費用の違い

ホワイトニングは種類によって治療費用が異なる

歯を白く美しくするホワイトニングには、主な方法として審美歯科で行う「オフィスホワイトニング」、ご自宅で自分自身で行う事が出来る「ホームホワイトニング」の2種類の方法があり、それぞれの方法ごとにかかる費用も異なります。

 

2種類の方式から治療方法をご選択可能なホワイトニングですが、患者さんの歯の汚れ具合などの状況に合わせ、最適なホワイトニング方法を行う事により、治療にかかる期間も短縮され効率的に歯を白くする事が可能です。

オフィスホワイトニングで行う治療内容と費用について

治療費用

1本の歯につき「2,000円~10,000円程度」
(歯科医院ごとに価格が異なります)

 

審美歯科で行うオフィスホワイトニングは、歯科医院ごとに料金が異なります。

 

保険が適用されない自費診療の治療となるオフィスホワイトニングでは歯科医院によってホワイトニングの方式に違いがあるほか、検査や診断、治療にかかる料金設定も歯科医院ごとに異なります。

 

そのため、比較的安い価格でオフィスホワイトニングを受ける事が出来る歯科医院もあれば、高めの料金を設定している歯科医院もあり、ホワイトニングにかかる費用の平均額は一概には言えません。

治療に必要な通院回数と治療にかかる期間

通院回数:平均で5回の通院が必要

 

オフィスホワイトニングの最大の特徴として、「歯を白くする際に強い成分のホワイトニング剤を使う」という点があります。

 

ご自宅で行うホームホワイトニングではホワイトニング剤の成分も弱めの物になるのに対して、より強い成分のホワイトニング剤を使用するオフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングよりも歯を白くするためにかかる治療期間を短縮する事が出来ます。

 

オフィスホワイトニングの施術にかかる時間は1回あたりおおよそ30分から1時間程度です。

 

施術の間隔は歯にかかる負担を考慮して最低でも1週間前後は空ける必要がありますので、週5回通院するケースでは1ヶ月半から2ヶ月間程度の治療期間となります。

歯の白さが持続する期間

1回の施術でおよそ3ヶ月から6ヶ月の間、歯の白さが持続。

 

オフィスホワイトニングでは、過酸化水素水から作られる成分が強いホワイトニング剤を歯の表面に塗り、光をあてる事によって歯に浸透している着色汚れを効果的に落とします。

 

強いホワイトニング剤の成分により、歯を速く白くする事が出来るオフィスホワイトニングですが、ご自宅で行うホームホワイトニングよりも「歯の白さが持続する期間が短い」、というデメリットがあります。(=ホワイトニング後に歯が色戻りを起こしやすい)

 

その理由は、審美歯科で行うオフィスホワイトニングでは強い成分のホワイトニング剤を使用出来るものの、施術時間である1時間前後に限られている事から、光を照射して汚れを浮き上がらせるために必要な時間や、薬剤を歯の中に十分に浸透させるために必要な時間がとれないためです。

■ご自分で出来るホームホワイトニングの治療内容と費用について

治療費用

歯全体で「25,000円~35,000円程度」
(歯科医院ごとに価格が異なります)

 

上記費用の内訳は、歯科医院で作るマウスピースと診察料、患者さんが自宅で使用するホームホワイトニング用のキットを合わせた金額となります。

 

ホームホワイトニングの治療の流れとしては、初診の際にカウンセリングと検査を行い、二回目の来院時にホームホワイトニング用のマウスピースと専用のジェルを渡されます。

 

その後、患者さんが自宅でホームホワイトニングを行う際には、マウスピースの中にホワイトニングジェルを充填してから装着し、ホワイトニングを行います。

 

自宅で気軽に行う事が出来るホームホワイトニングは「歯科医院に通う時間がない」「自宅でゆっくり歯を白くしたい」という方に最適の方法であり、装着時にも目立たないマウスピースを使いますので、毎日の通勤時間を利用して通勤中にもホワイトニングを行う事が可能です。

治療に必要な通院回数と治療にかかる期間

通院回数:「合計二回」

 

初診時のカウンセリングと検査、そしてマウスピースとジェルを含むホワイトニングキットを受け取るために通院する事となりますので、「合計二回」の通院が必要です。

 

ホームホワイトニングではどのくらいの白さを患者さんが希望されるのかにもよって治療にかかる期間は異なりますが、多くの人から「白い歯ですね」と言われるほどの白さの歯にするには、1日あたりおよそ1~2時間程度のホワイトニングを2ヶ月から3ヶ月の間、継続する必要があります。

 

30分から1時間程度で施術が終了するオフィスホワイトニングと比べて、ホームホワイトニングは1回あたりのホワイトニング時間も1時間から2時間と長めですが、「通院せずご自宅で自分自身でホワイトニングを行う事が出来る」、という点がホームホワイトニングの最大のメリットとなります。

歯の白さが持続する期間

6ヶ月から1年間程度、歯の白さが持続。
(1日あたり1~2時間のホワイトニングを2~3ヶ月間かけて毎日行った場合)

 

ホームホワイトニングは歯を白くするスピードは歯科医院で行うオフィスホワイトニングには及びませんが、ホワイトニングをして歯を白くした後は歯の白さが持続する期間がオフィスホワイトニングよりも長いのが特徴です。

 

ホームホワイトニングで使用するホワイトニング用ジェルはオフィスホワイトニングで使うホワイトニング剤よりも濃度が低く成分としては弱めなのですが、患者さんが自宅で毎日1~2時間のホワイトニングを行う事により、薬剤の成分がゆっくりと時間をかけながら歯の奥まで浸透していくので白い歯が長持ちします。

 

また、ホームホワイトニングでは、ホワイトニングで一度しっかりと白い歯を作ってしまえばその白さがベースとなるため、ホワイトニングから時間が経って歯の汚れが気になった時でも再度マウスピースとホワイトニングジェルを使ってホームホワイトニングを行い、気軽にメンテナンスをする事が可能です。

身体に安全なホワイトニングで若々しい口元をよみがえらせよう

いかがでしたか?

 

「オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでかかる費用の違い」についてご説明をさせていただきました。

 

人の歯は年齢を重ねるごとに黄ばみや変色が発生します。

 

歯が黄ばんだり茶色く変色してしまうと、顔全体の印象が老けて見えるようになってしまいます。
ホワイトニングは身体に安全な薬剤を使って歯を白くするため、安心して治療を受ける事が出来る優れた審美治療のひとつです。

 

歯の黄ばみや変色でお悩みの方は、ぜひホワイトニングを行い、「若々しい口元」を取り戻してみてはいかがでしょうか。