ホワイトニング用歯磨き粉の効果はどれくらいか

はじめに

白い歯になりたいけれど、どのホワイトニング歯磨き粉を使ったらいいのか分からない・・と迷っている方も多いでしょう。
ホワイトニング歯磨き粉を購入する前に知っておきたいことは、実際にホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉で可能なのは汚れを落とすことまでだということです。
つまり、歯が白くするものではありません。
ただ、ずっとクリニックへ行っていないような汚れのたまった方にとっては落とせるので、白くなったと思われるかもしれません。
ですが、歯が元々きれいで汚れがほとんどなかった方の場合、ホワイトニング歯磨きだけでは限界があるため、それ以上の白さが欲しい場合はクリニックでのホワイトニングがおすすめです。
さらに、ホワイトニングを行った方が白さを維持するためにホワイトニング歯磨き粉を使うのもおススメできます。
ここではそんなホワイトニング専用歯磨き粉の効果などについて詳しくまとめてみました。

ホワイトニングとは

最近、美容への関心が高まっており、エステや脱毛、ネイルや美容整形・・など、一度はチャレンジしてみたいと思っている方が多いでしょう。
その中でも特に歯を白くできるホワイトニングへの関心は高まっており、ある調査によれば顔や体のエステの次にランキングされているそうです。
歯が美しく白いと明るく清潔なイメージになり、特に女性の場合は歯が白いと美人に見えたりします。
そういった理由からホワイトニングする方が急増しているのでしょう。
ですが、ホワイトニングの意味について勘違いされている方も多いです。
クリニックでプロが行うホワイトニングと歯磨き粉で汚れを落とすことは根本的に違っています。
一般的に言われているホワイトニングとは過酸化水素を使ってエナメル質を漂白して白くすることを言います。

ホワイトニング歯磨き粉とは

そもそもホワイトニング歯磨き粉とはどういうものなのでしょうか?
市販されている歯磨き粉の中でホワイトニングと書かれている歯磨き粉には色素を分解する成分が入っており、一般的な歯磨き粉には研磨剤が含まれています。
研磨剤には歯に付いたステインや着色を削って落とす効果があり、これにより白くなったと実感するわけなので、実際には白くなっているわけではありません。
歯科医療関係者はホワイトニングを行った後に使用するものだと考えている方が多いそうです。
海外のホワイトニング歯磨き粉はホワイトニング効果が高いものもありますが、日本ではそういった効果が認められるものはないと言われています。

ホワイトニング歯磨き粉の効果

では、実際にホワイトニング歯磨き粉を使えば歯を白くすることは可能なのでしょうか?
結論から言いますと、ホワイトニング歯磨き粉で歯を白くすることは不可能です。
ただ、歯磨きが不十分なことで黄ばみが付いている場合はその程度の汚れを除去することは可能です。
その理由はいたって簡単で、日本の薬事法により歯科用のホワイトニング剤に含まれているような成分を市販のホワイトニング歯磨き粉に入れることができないからです。
クリニックで使用されいているホワイトニング剤には過酸化水素などですが、歯磨き粉には濃度の高い漂白剤を入れるとリスクがあるため法律で規制がされています。
では、どうしてホワイトニング歯磨き粉と書かれているのでしょうか?
それは薬事法で歯磨きによって歯を白くできる、歯磨きによって歯のヤニを取り除ける・・という効果を表示することが許されているためです。
なお、代表的なホワイトニング成分には次のようなものがあります。
シリカ、ハイドロキシアパタイト、ピロリン酸ナトリウム・・などですね。
たとえば、シリカは研磨剤、ハイドロキシアパタイトという成分には清掃剤の効果があり、ピロリン酸には着色汚れを落とす効果があります。
ただ、一般の歯磨き粉であっても研磨剤や清掃剤は入っているため、ある程度歯を白くすることが可能です。
ですが、ホワイトニング歯磨き粉と書かれているからには何か違いがあるはずで、それは研磨剤です。
歯の汚れや黄ばみを効果的に落とせるよう研磨剤の量が多く含まれていたりするわけですね。
ただ、研磨剤にもデメリットがありよく削れてしまうため、毎日使い続けていると歯を傷つけてしまうこともあります。
週1回程度の使用にとどめておくといいでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉を使う際の注意点

さて、ホワイトニング歯磨き粉が汚れを落とす効果のほとんどは研磨剤によるものなので、磨きすぎると歯ぐきや歯のエナメル質にダメージを与えるため虫歯になったり、知覚過敏になったりすることがあります。
さらに、歯の表面が傷ついてしまうため色が付きやすくなり、エナメル質が薄くなるとその中にある象牙質の色が目立つようになるため、黄ばんで見えることがありますので注意しましょう。

  • 強く磨き過ぎない
  • 毎日使わない
  • やわらかめの歯ブラシを使う
  • 歯ぐきを磨かない    ・・などに注意しましょう。

ホワイトニング歯磨き粉選びのポイント

歯ぐきや歯を傷つけず歯の表面の汚れを効果的に落とせるかどうかがホワイトニング歯磨き粉選びのポイントと言ってもいいでしょう。

微粒子の研磨剤が配合されている

市販のホワイトニング歯磨き粉の中にはざらざらと舌で感じる程度の研磨剤が入っていますが、研磨剤の粒子が大きければ大きいほど削る力は強力になります。
研磨剤の粒子が細かくなれば、歯ぐきや歯への負担を軽減しつつ効果的に汚れを落とすことが可能です。

汚れを効果的に落とす成分が配合されている

最近、酵素やイオンの力で汚れを落とすなどで研磨作用を抑えつつ効果的に汚れを除去できる歯磨き粉も出てきているため、そういったものを選ぶのも一つの手ですね。

まとめ

ホワイトニング歯磨き粉の効果や注意点、選び方のポイントなどをまとめてみましたが、ご参考になさっていただけそうですか?
歯が白く美しいと笑顔が素敵になり、清潔感もアップするはずです。
ただ、ホワイトニング歯磨き粉だけでは歯の汚れが落とせるだけで根本的に白くはできないので、さらに白くしたい・・という方はクリニックでのホワイトニングをおススメします!