歯が黄ばむ原因と歯を白くする効果的な方法について

はじめに

歯の黄ばみがあると想像以上に人に与えるイメージが悪くなるものです。
ある調査によれば、歯が黄ばんでいると見た目が実年齢より5歳も老けて見えるそうです。
歯が黄ばむ原因にはさまざまなものがあり、それにより黄ばみを取り除くための方法が変わってきます。
ここでは歯が黄ばむ原因や、歯を白くする方法ついてご紹介しますのでぜひご参考になさってみて下さい。

歯が黄ばんでいることで相手に与えるイメージとは

歯が黄ばんでいると相手に不潔なイメージを与えてしまうものです。
人は歯は本来白くあるべき・・という意識があるので、黄ばんでいるとイメージが悪くなるのは当然です。
顔立ちが同じの人であっても歯の色によってイメージが変わってきます。
そのいっぽうで、歯が白いと相手に与えるイメージがいいと言えるでしょう。
つまり、きれいな女性でも歯が黄ばんでいると台無しになりますので注意したいものです。
笑顔が素敵な方は歯も美しくて白いことが特徴で、白い歯であることは自分にとって大切な財産だと言えるでしょう。

歯の黄ばみの原因とは

内部からの黄ばみ

歯の表面にあるエナメル質ではなく内部にある象牙質が黄ばんだもので外から白くするのは難しいとされており、クリニックでホワイトニングするしかありません。
その中でも加齢による黄ばみの場合、歯の内側の神経が新陳代謝を繰り返すことで黄ばんでくるもので、エナメル質も歯ぎしりや歯磨きなどによって少しずつ薄くなってしまうので、さらに黄ばんでくると言えるでしょう。
抗生物質の服用による黄ばみは、風邪薬などに以前配合されていたテトラサイクリン系の抗生物質を歯の形成される時期に服用することで、象牙質の部分がグレーっぽい色や縞模様ができます。
重度のものでなければ、ホワイトニングを我慢強く続けることによってある程度白くなりますが、セラミック治療を選ぶ方もいらっしゃいます。

外部からの黄ばみ

食事をすると歯の表面に着色汚れが付着しますが、この汚れは歯磨きなどによってきれいにすることもできますので、研磨効果のある歯磨き粉を使ってブラッシングすることが大切です。
色の濃い食品たとえば赤ワインやコーヒーなどを摂るとその色素が歯の表面に付くと言われています。
また、たばこを多く吸う方も歯が黄ばむことが多いですが、これも歯の表面にヤニが付くためです。
こういった外部からの黄ばみは洗浄効果が高い歯磨き粉を使って取除くことができます。

歯の黄ばみを取り除く方法

セルフケア

歯の黄ばみを取り除くためにはブラッシングをていねいに行うことが重要です。
具体的には次のように行うのがいいでしょう。

  1. 口を水でゆすぎ、歯磨き粉をつけた歯ブラシで黄ばみが気になるところを
    歯ブラシを小刻みに動かして磨きます。
  2. 磨き足りないな・・と思ったところは繰り返し磨き、最後によく水でゆすいで終了です。

この時、歯の黄ばみを落としたいからと言って強く磨き過ぎるのは歯に負担がかかるため絶対に止めましょう。
さらに、黄ばみが気になるところをしっかりと磨いているつもりでいても意外とできていないことが多いため、歯ブラシを小刻みに動かして磨くといいでしょう。
鏡でこまめにチェックしながら磨くのがおススメです。

クリニックでクリーニングを受ける

セルフケアだけではちょっと不安・・という方にオススメなのがクリニックでのクリーニングです。
プラークが歯石となり溜まっているところがあるため、それを取り除くだけでもかなり歯は白くなるでしょう。
かなりの期間クリニックへ行っていない方はぜひクリニックでのクリーニングをおススメします。
黄ばみがしっかり除去できるほか、虫歯や歯周病予防になるのでぜひクリニックでクリーニングを受けていただきたいです。
他にもさまざまなお口のトラブルを見つけてもらえるかもしれないので、ぜひかかりつけのクリニックでケアしてもらいましょう。

生活習慣に気を付ける

歯の白さを保つには黄ばみの原因になるものをできる限り避けることが大事です。
たとえば、たばこを吸っている方なら禁煙する方がいいでしょう。
さらに、色の濃いものを飲んだり食べたりしたら、すぐに口をゆすぐことも大切です。
歯の黄ばみは時間が経つほど取りづらくなるものなので、歯をきれいに白く保つためには日ごろのケアやチェックが必要です。
後ですればいいや・・と思うことによって歯をどんどん黄色くしているのです。

ホームホワイトニング

クリニックでのクリーニングでも黄ばみが取れない場合にはホームホワイトニングをおススメします。
クリニックで専用のマウスピースを作成し、そこに専用の薬剤を入れ日に数時間程度装着する方法です。
これはオフィスホワイトニングと比べて低濃度の薬剤を使うので、効果はじわじわゆっくりと現れます。
数週間~数か月かけ少しずつ歯を白くしていきます。
クリニックに通院しなくてもホワイトニングできるメリットがありますが、知覚過敏や虫歯のある方はあまりおススメできません。
さらに、ホワイトニングを行っている間は色が付きやすい食品は避けた方がいいでしょう。
このホームホワイトニングはオフィスホワイトニングより安く済むのもメリットです。
ただ、効果を早く得たい方には不向きなホワイトニング法だと言えるでしょう。

オフィスホワイトニング

次にオフィスホワイトニングについてご紹介しましょう。
このホワイトニング法はクリニックで濃度の高い薬剤を使ってレーザーなどの光を当て、薬剤の効果を高めて行うものです。
オフィスホワイトニングは即効性が高い施術で、数回の施術だけでかなり歯を白くできます。
ただし、オフィスホワイトニングによって知覚過敏になることがあるため覚えておきましょう。

まとめ

歯が黄ばんでいることは本人にとってかなり深刻な問題です。
ですが、歯の黄ばみの原因のほとんどはホワイトニングによって解決できると言ってもいいでしょう。
それに、日ごろのセルフケアやクリニックでのクリーニングでもかなり黄ばみを取り除くことができます。
ここでご紹介したことをご参考にしていただき、黄ばみのない白く美しい歯を手に入れて下さいね!