ホワイトニングの効果を持続するために知っておきたい注意点

はじめに

みなさんは歯のホワイトニングについて興味がありますか?

ホワイトニングを行うと、一般的な歯磨き粉では落としきれない黄ばみなども白くすることができます。

歯磨き粉で取れなかった方も、クリニックや自宅でホワイトニングを行えば白くすることが可能です。クリニックによって使用する機器や薬剤に違いはあるものの、歯を白くすることができるホワイトニング。

このホワイトニングは歯を削る必要もなく、痛みもないのがメリットです。

ここではそんなホワイトニングの効果を持続させるための方法をお伝えしますので、ぜひご参考になさってみて下さい。

 ホワイトニングとは

ホワイトニングとは過酸化水素を含んだ薬剤や専用の機器を使って歯を白くきれいにしていく施術のことです。

過酸化水素は日本において薬事法により劇物および毒物に指定されているので、高濃度のものはクリニックでのみ取り扱いが許されています。

最近よく見かけるデンタルエステなどで行われているホワイトニングは手軽に行えますが、専門家が行うわけではないので高濃度の薬剤を使うことは不可能です。そういったところで施術しても、理想の白さにできない可能性もあるのでどこで受けるのかを慎重に決めましょう。

1回の施術で白くなると思ってみたものの、実際にはならなかったという場合にはホワイトニングの種類を間違えた可能性があります。

ホワイトニングには大きく分けて3つの種類があり、それはオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、これらを併用したデュアルホワイトニングです。

人それぞれお口の状態は違うのでご自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

ご自分のお口の中の状態を把握しないまま手軽、安いといった理由だけでホワイトニングの種類を選んでしまうのは危険なのと同時に、お金や時間がムダになることもあります。

クリニックで無料カウンセリングを行っているところも多いので、相談してから決めるようにしましょう。

 ホワイトニングの持続期間

ホワイトニングは歯の表面にあるエナメル質を変質させ白くするものですが、変質したエナメル質は自分で元に戻ろうとするため、元の色に戻ってしまうと言われています。

せっかくお金をかけてホワイトニングしたのにと思うかもしれませせんが、歯の再生能力が正常に働いているということなので仕方ないことだとも言えます。

また、ホワイトニングの種類によっても白さを持続できる期間は異なります。

オフィスホワイトニングと比較すると、ホームホワイトニングの方が白さを持続できると言われています。

ただ、歯を白くするための期間も長くかかります。

オフィスホワイトニングは3~10ヶ月程度で色が戻りますが、ホームホワイトニングだと6~12ヶ月程度は効果が続くと言われています。

この理由はホームホワイトニングは濃度の高い薬剤を長期間かけ作用させるためで、薬剤が歯の内部にまで浸透するからです。

ホワイトニング後色が戻る理由

健康な歯は常に再石灰化というカルシウム分とリンが溶け出しているのですが、ホワイトニングを行うことによってエナメル質をガラス状に変化させることによって再石灰化しづらくなります。

ですので、歯の色が元に戻りやすい方は健康な歯だということになります。

 ホワイトニングの効果を持続させるために知っておきたい注意点

色の付きやすい飲食物を避ける

歯の白さを持続するには着色しやすい飲食物を避けることも大切です。

特にホワイトニング後は食事制限があることが多いので、そういったものを摂ってしますと着色しやすい状態になっているので注意が必要です。

たとえば、紅茶やコーヒー、緑茶などを毎日飲む方、たばこを吸う方などは歯が黄ばみやすいため特に注意しましょう。

オフィスホワイトニングの中には施術後食事制限のないものもあるので、そういったものを選ぶのもいいかもしれませんね。

 歯磨き粉を変えてみる

歯磨き粉の中に研磨剤が多く配合されているものだと、長期的に見て歯の表面を傷つけてしまうことになります。

細かい傷によって着色しやすい状態になってしまうかもしれませんので、研磨剤の多く入った歯磨き粉を使うのは注意が必要でしょう。

さらに、自宅でホワイトニングできるような成分が入った歯磨き粉なども売られており、これだとクリニックで行うホワイトニングよりかなり安く行えます。

ですが、日本で市販されている歯磨き粉には過酸化水素を配合することは許されていないので、元の歯の色より白くすることは不可能です。

それに、効果を得られるまでには時間がかかることが多いです。

トリートメント剤を使用する

クリニックによってはトリートメントを行ってくれるところもあります。

これを行うことで色が付きやすい食事を行っても着色しづらい状態にできます。

もともと歯の色が黄ばんでいる方は効果が得られにくいですが、ホワイトニング後のアフターケアには最適です。

定期的にホワイトニングを行う

上で書いたように、クリニックでのホワイトニングも永遠に効果が持続するわけではありません。

色戻りを防止し効果を持続するには定期的に施術を受ける必要があります。

薬剤によっても違いますが、オフィスホワイトニングだと3~6ヶ月に1回程度、ホームホワイトニングであれば2~3年に1回程度でメンテナンスを受けるといいでしょう。

特におすすめなのがホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用することです。

それにより効果をより得ることができ、後戻りしづらい白い歯が保てます。

クリーニングを受ける

クリーニングとは歯の表面に付いてしまった汚れやステインなどを専用の機器を使って取り除くもので、汚れがひどい場合はこれを行うことで歯が白くなるケースもあります。

ただ、歯の表面の汚れを除去するだけですので、もともと歯の色が黄ばんでいる方や変色している方にはあまり効果がないようです。

まとめ

ホワイトニングの効果を持続させる方法についていくつかご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

せっかく費用をかけてホワイトニングするのですから、効果をより長く持続させたいものです。ここでご紹介したことをぜひ実践していただき、白く美しい歯を保ってください。