ホームホワイトニングのメリットデメリット

はじめに

歯に対する美意識が海外より遅れている日本でも、歯を白くできるホワイトニングを行う方が増えています。
安く効果が高くて手軽なホームホワイトニングは特に人気で、女優さんやモデルさんなどは当然のようにこのホームホワイトニングを行っています。
そんなホームホワイトニングのメリットやデメリットについてご紹介しますので、ホームホワイトニングを始めてみようかな・・と思っておられる方ははぜひ読んでみて下さいね。

ホワイトニングとは

そもそもホワイトニングとは歯磨きやクリニックでのクリーニングでは落とせない着色汚れを落とし白くする施術のことです。

歯を削らず歯の内部の色素を分解して明度をアップし白くすることができます。
この歯のホワイトニングはアメリカで実用化されたもので、アメリカでは現在ほとんどのクリニックでホワイトニングを行っています。
ホワイトニングが行われる以前は歯の表面を削ったり、人工歯を被せるしか歯を白くできませんでしたが、現在ではホワイトニングで歯を白くできるようになりました。
歯は生活習慣や加齢により少しずつ黒や黄色に着色していくものです。
通常の汚れの場合は歯磨きやクリーニングによって白くできますが、着色汚れについては落とせません。
ホワイトニングを行うことでこういった着色汚れを白くでき、歯を美しくできるのです。
ホワイトニングに使われる薬剤は過酸化水素が含まれるものを使いますが、これを歯に塗ることで酸素と水に分解され、酸素が歯の色素と結合して着色汚れが落ちる・・というメカニズムです。
さらに、ここで発生する活性酸素により歯のエナメル質が乱反射する効果もあります。

ホワイトニングを行っても差し歯や入れ歯のような人工歯については効果がないので注意しましょう。
こういった人工歯については被せものなどで白くするほかありません。
前もってホワイトニングできるかどうかをクリニックで相談するようにしましょう。

ホームホワイトニングとは

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがありますが、ホームホワイトニングとはどういったものなのでしょうか?
ホームホワイトニングとはクリニックで専用のマウスピースを作ってもらい、そこにホワイトニング用の薬剤を入れて装着し白くしていく施術です。
ホワイトニングが生まれたアメリカではほとんどのクリニックでホームホワイトニングを扱っており、主流の施術です。
いっぽうで、日本ではまだアメリカほど普及していない状態でオフィスホワイトニングを行う方が多いです。
ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングを行った後に行うと効果的な方法でもあるため、オフィスホワイトニングを行った人もその後ホームホワイトニングを行うことで効果をよりアップできます。

ホームホワイトニングのメリット

  1. 自然な白さが手に入る
    ホームホワイトニングは歯の内部から白くできます。
    低濃度の薬剤を使って歯を少しずつ白くしていくため、後戻りしづらく自然な白さが手に入ります。
    ワインやコーヒー、カレーなどの着色汚れはオフィスホワイトニングで白くできますが、加齢などによる黄ばみについては内部からのものなので、ホームホワイトニングの方が向いています。
    たばこを吸わないのに歯が黄ばむ方は加齢によるものかもしれません。
  2. 知覚過敏が起こりづらい
    ホームホワイトニングはご自分で施術をするものですので、薬剤の濃度は刺激が少ないため知覚過敏が起こりづらいです。
    いっぽうで、オフィスホワイトニングは即効性の高い施術なので高濃度の薬剤を使っているためクリニックでしか取り扱いができません。また、多少痛みがあるのが特徴です。

ホームホワイトニングのデメリット

  1. 時間がかかる
    オフィスホワイトニングとは違いホームホワイトニングは薬剤の濃度が低いため効果を得るのに時間がかかります。2週間程度行うと1段階程度明るくなると言われています。
  2. 白さの調整が困難
    ホームホワイトニングは歯の白さを調整するのが困難だとも言われています。
    オフィスホワイトニングだとクリニックでプロによる施術が受けられるので希望した白さにできますが、ホームホワイトニングはご自分で施術を行うので細かい調整が行えないのがデメリットです。
  3. 歯に多少影響がある
    オフィスホワイトニングと比べるとホームホワイトニングで使われる薬剤の濃度は低いものの、歯に与える影響が全くないとは言いきれません。
    過酸化尿素と言われる薬剤の濃度が10~20パーセント程度だと安全性が高いですが、歯の表面の膜を溶かしてしまうのは否めません。ただ、知覚過敏になりやすいのはオフィスホワイトニングの方だと言えるでしょう。
  4. 食事制限がある
    ホームホワイトニング後は着色しやすい状態になっているため、ある程度の食事制限があります。
    12~24時間程度は次のような飲食物を控えた方がいいと言われています。コーヒー、紅茶、ウーロン茶、カレー、チョコレート、ワイン・・などですね。
    また、たばこを吸うとヤニが歯に付くことがあるためなるべく控えた方がいいでしょう。
  5. 持続的にケアの必要がある
    ホームホワイトニングのデメリットは持続的にケアする必要があることです。
    一度ホワイトニングで白くできても、効果が持続するわけではないため、持続的にケアしなければいけません。
    持続期間はホワイトニング法によって差があり、オフィスホワイトニングの場合3~6ヶ月程度経つと効果が落ちてきます。いっぽうで、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングより効果が持続すると言われていますが、それでも1~2年程度だそうです。ですので、歯を白く保つには定期的にクリニックで検診を受けていただき、必要であれば追加でホワイトニングを行いましょう。

まとめ

ホームホワイトニングのメリット、デメリットについてまとめてみました。
ホームホワイトニングは自宅で気軽にできるホワイトニング法ですが、メリットもあればデメリットもあります。
事前にしっかりと理解した上で施術を行うようにしましょう。
ホームホワイトニングで理想の白い歯を手に入れられるといいですね!