知っておきたい!入れ歯治療のメリット・デメリット

 

はじめに

みなさんはご自分の歯で食事ができていますか?
もし、歯がなくなった場合はそれを何で補おうと考えていますか?
歯が何かのきっかけで欠けたり、なくなってしまった場合に、

入れ歯やインプラント、ブリッジなどで補うことができますが、ここでは入れ歯を使ってなくなった歯を補った場合のメリットとデメリットについてご説明したいと思います。

入れ歯とは?

そもそも入れ歯とは歯が折れてしまったり、虫歯や歯周病などが原因で失ってしまった歯を補って

噛む力や嚥下機能、正しい発音などを補うため装着する人口的な歯を総称します。
また、一般的に義歯というのは入れ歯のことを指します。
この入れ歯は、床と言われるピンク色をした土台に人工の歯が並んだもので、噛み合わせや見た目の美しさを元通りに近づけられるのが特徴です。

 

入れ歯の種類とは?

入れ歯には大きく分けると2つの種類があり、歯をなくした範囲に合わせいずれかを選べるようになっています。

◇部分入れ歯◇

これは自分の歯が一部残っており、その足りない部分を人工的な歯によって補うものを言います。

 

◇総入れ歯◇

これは自分の歯がすべてなくなった時に使う入れ歯のことを言います。
上の歯は合成樹脂でできた床が顎全体を覆いますが、下の歯は舌を避け顎の骨に沿って覆うのが特徴的です。

○入れ歯のメリットとは?○

では、入れ歯のメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

 

◇歯を削らなくて済む◇

入れ歯は一部の入れ歯を除き、残っている歯を全く削らず作ることができるメリットがあります。

◇手入れが楽◇

また、入れ歯はブリッジと違って自分で取り外せるのが特徴です。
ブリッジの場合は取り外せないので手入れができません。
なので、歯と歯の隙間に汚れが残ってしまい、虫歯になる確率が高いのですが、入れ歯ならお手入れができるため残った歯が虫歯になりにくいです。

◇残った歯が抜けても修理できる◇

ブリッジだと支えになっている歯が抜けた場合、また最初から治療を行う必要がありますので、種類によっては高額な費用が再びかかることになります。

 

インプラントの場合もまた、他の歯が抜けた場合は追加する本数分だけ負担する必要があるため非常に治療費が高額になり、本数によっては数百万円もかかる場合があります。
ですが、入れ歯の場合は歯を失っても修理できるメリットがあります。
お口の状態がどういった状態になっても、割と安い費用で手間がかからないと言えるでしょう。

 

◇外科処置が必要ない◇

最近欠損部の治療として増えているのがインプラントですが、インプラントだと外科処置が必要となり不安に思って敬遠する人が多いです。

 

それに、歯科医師の多くがこのインプラント治療を行っていますが、その中には経験があまりない医師がいるのが現実です。
患者から見るとその判断はしにくいため、外科処置に不安を持つ方が多いです。
そういった意味では、入れ歯は外科処置が必要でないのでかなりのメリットだと言えるでしょう。

◇どんなお口の状態でも対応できる◇

ブリッジだと隣の歯を支えにする治療法のため歯がない場合は治療できませんし、インプラントの場合は顎の骨が少ない人は治療ができないことがあります。

 

そういった意味で、入れ歯ならまったく歯が残っていなくても、また顎の骨が少ない場合でも治療できます。
さらに、中には少し削る必要がある入れ歯もあるにはありますが、ブリッジなどと比較すると他の歯への負担はかなり少なく手済む治療法です。

 

入れ歯のデメリットとは?

◇高額なものもある◇

これはブリッジやインプラントも同様ですが、種類によっては入れ歯も保険適用外となり高額になることがあります。

◇痛みがある場合も◇

入れ歯はお口にぴったり合った調整を行わないと痛みが出る場合もあります。
さらに、プラスチック義歯の場合はうまく調整されていてもすぐに痛みが出る場合があるようですね。
ですので、信頼できるクリニックで治療を行ってそれぞれの特徴を含め医師と相談する方がいいでしょう。

◇違和感がある◇

ブリッジや差し歯とは違ってどうしても装着した時に違和感があるため、自分の歯と同じように使うのは難しいと言えるでしょう。

 

そのせいで咀嚼力が低下し、それまで食べられていたものが食べられなくなることもあり、また食べたものが入れ歯の隙間に詰まりやすく、それがもとで虫歯になるリスクが上がる場合があります。

 

さらに、保険適用の入れ歯についてはサイズがぴったり合うものが少ないので、さらに不快感や違和感を感じることが多いようですね。

◇両側の歯に負担がかかる◇

入れ歯のデメリットで大きなものと言えば、バネによって入れ歯の両側の歯にかなりの負担がかかることでしょう。
噛む回数が増えるとその分バネの振動が歯に影響しやすいと言われています。
なので、健康な歯まで弱くなってしまう可能性があります。

◇ガタつきやすい◇

また、入れ歯はこまめなお手入れを怠ると

すぐにガタついてしまう可能性もあります。
インプラントのような歯根を受けているわけではないため、

固定性は低く、がたつきやすいのが特徴です。
しっかりと装着しておかないとすぐに隙間ができ、

そこに食べ物のが詰まってしまうことがあります。
つまり、お口の中が不衛生になるため注意する必要があるわけですね。

○クリニック選びも重要○

入れ歯にする場合、自分にったクリニック選びが重要でしょう。
安心できるクリニックを選びましょう。

 

ご自分の症状をきちんと医師に説明した上で、医師は適切な入れ歯の治療を行ってくれるはず。
このとき、しっかりとご自分の意見を聞いてくれるかどうかをチェックしてみてください。
また、居心地のいいクリニックか、通院しやすいかどうかもチェックポイントにしてくださいね!

○まとめ○

いかがだったでしょうか?

 

入れ歯のメリットとデメリットについてご説明してみました。
入れ歯にしようとお考えの方のご参考になったでしょうか?
メリットだけでなくデメリットについてもしっかりと把握した上で、

ご自分のお口の状況や症状にぴったり合った適切なクリニックを見つけてくださいね。
みなさんのお口の中がいつまでも健康であることを願っています!