保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯の違いとは

 

歯を失うと、失った歯の代わりの治療法を選ぶときに、入れ歯をまずはじめに思い浮かべると思います。他にもブリッジやインプラントなどがありますが、入れ歯は私たちにとっても、歯を失った人がするもの、という共通認識がありますね。

 

しかし、入れ歯にもさまざまな種類があり、保険が適用される入れ歯と、自費診療で制作する入れ歯があることや、その違いを知っている人は少ないかもしれません。

 

今回は、保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯の何が違うのかをみていきましょう。

 

入れ歯とは

失った歯の代わりの役目をし、自分で取り外しできる人工の歯です。

歯を失う原因は、虫歯や歯周病の他に事故やケガなどそれぞれですが、永久歯は失ってしまったら元には戻りません。

 

入れ歯にもいろいろな種類があり、失った歯の場所や本数などでどのようなタイプの入れ歯が適しているかが異なってきます。

 

入れ歯の種類

失った歯の本数によって「総入れ歯」「部分入れ歯」に大きく分けられます。

 

・総入れ歯

全ての歯を失った場合に装着する入れ歯で、人工の床と人工の歯という構造で、人工の床が歯茎に吸着して固定するようになっています。

 

・部分入れ歯

部分入れ歯は歯を1本~数本失った場合に装着する入れ歯です。

床と人工の歯に留め金がついており、残った健康な歯にひっかけて使用します。

 

保険適用の入れ歯と適用外の入れ歯の違い

保険適用の入れ歯は、費用は抑えることができますが、使う素材などが限られています。

自費診療の場合は自分の症状や悩み悩みにより適した入れ歯をつくるために、様々な材料の中から選ぶことができます。

 

使用する材料の違い

保険が適用される入れ歯を製作する場合は、使用できる材用が決まっているため、プラスチック素材のものでしか作ることができません。

歯茎のような役割をする床の部分もピンク色のプラスチック素材のものとなります。

 

自費診療の場合は、例えば噛み心地に関係がある床の部分を強度を強くするために、他の材料を使用することができます。

 

材料の選択肢が広がることで、見た目を気にせずに、しっかりした噛み合わせで食事することができます。

また、金属アレルギーの方は体質に合わせた材料を使用することができます。

 

作り方が違う

総入れ歯の場合はそれほど構造に違いはありませんが、部分入れ歯は保険適用とそうでない場合は自由度があがります。

 

保険適用の場合、留め金の数やかける箇所が決まっており、強度や噛み合わせに影響が出る場合があります。

プラスチックの床を分厚くすることで強度を補強しますが、そのために装着時に違和感を感じたり、留め金をひっかけている健康な歯に負担がかかってしまったります。

 

自由に構造を変えられると、健康な歯を残すことができたり、部分入れ歯自体の安定も得られ、機能性の向上につながります。

 

丁寧さ

保険診療の場合は材料や構造が決められていますが、自費の入れ歯の場合は個人の噛み心地などで、何度も素材や構造を変えて作りなおすことができ、丁寧な入れ歯作りが可能です。

 

入れ歯があっていないと、噛み心地に影響し、食事を楽しむことができなくなるだけではなく、歯茎が炎症をおこしたり、痛みが出たり、すぐ外れてしまったりします。

自費診療だと、自分が納得するまで歯科医師と話しあいながら、噛み合わせなどを調整しながら製作することができ、入れ歯で大切なポイントとなる付け心地を確認することができるのが大きな違いです。

 

費用

入れ歯を作る費用も大きく違います。

保険を適用させたものだと3割の負担ですむため、費用は安価に抑えられます。

材料はプラスチックなので、総入れ歯の場合は約10,000円~、部分入れ歯の場合は約5,000円~ほどです。

 

自費診療の場合は自分の希望に合わせた分だけ費用が掛かってきます。

痛くならないためのフィット感や金属が見えないなど見た目の問題などを叶えるほど、材料や工程がかかってくるからです。

 

保険適用外の入れ歯をオススメする人

  • 保険の入れ歯を何度も作り直している
  • 入れ歯で食事をすると痛い
  • 見た目が気になる
  • 話しているときに外れそう
  • グラグラしている

 

高齢になればなるほど、歯を失う人が多くなり、入れ歯をしている人が多くなります。

しかし、保険適用の入れ歯で食事や会話のたびに不快な思いをしている人も数多くいます。

保険適用の入れ歯を何度も作り直すなら、保険が適用されない入れ歯を製作する選択をしてもいいでしょう。

 

保険適用外の入れ歯の種類

シリコンの床(総義歯)

しっかり噛んでも痛みを感じにくい入れ歯で、床の部分にシリコンを使用しています。

しっかり噛めることや、金属アレルギーの方でも不安なく使用することができます。

 

金属の床(総義歯)

金属を使うのでしっかりとした強度を保つことができ、その分、厚みを薄くすることができ、入れ歯をしている、という感触を少なくすることができます。

噛む力もしっかりとし、また食べ物の温度が伝わるので、食事をする楽しみが増えるメリットがあります。

 

スマイルデンチャー(部分入れ歯)

部分入れ歯は金属の留め金を健康な歯にひっかけて使用しますが、留め金がかかっている歯の負担もあり、また、金属が見えるという審美的なデメリットもあります。

 

スマイルデンチャーは、金属を使用せずにプラスチックで歯茎を覆うタイプで、入れ歯が目立ちにくくなります。

他にもミニインプラントを使って入れ歯を固定したり、様々な入れ歯があります。

かかりつけの歯医者さんに入れ歯の種類を問い合わせたり、相談するのがよいでしょう。

 

保険適用外の場合は個人の調整を細かくすることが多いので、痛くなりにくく、外れにくい、というメリットにつながることが多くあります。

入れ歯安定剤などで固定していると、噛み心地も安定せず、力がくわわらないことで歯茎もやせていくので、入れ歯が合わなくなり、また作りなおす…という悪循環に陥りやすくなります。

 

まとめ

保険適用の入れ歯は、失った歯の最低限の役割を果たすことはできますが、見た目が気になったり、よりフィットする装着感や満足のできる噛み心地などを求める方は、保険適用外の入れ歯を考えるのも一つの方法です。

 

費用と入れ歯の出来は比例する点もありますが、じっくり相談できる歯医者さんと技術、そのうえで自分の納得ができる材料を使用することが活かされてくるので、まずは保険適用で入れ歯のことを知るのもいいかもしれません。