入れ歯に良く起こるトラブルと適切な使い方

はじめに

入れ歯を入れていると違和感があったり、痛みがある・・などよくあることですよね?
入れ歯は人工的な修復物なので、それによる弊害によりさまざまなトラブルが起きます。
ここでは入れ歯によく起こるトラブルや正しい使い方、ケア法などをご紹介します。

入れ歯とは

入れ歯とは取り外し可能な人工歯のことで、一般的に高齢者が使うものだと思われていますが、さまざまな事情で歯を失った方が使うこともあるものです。
入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があって、保険で作成できるものとそうでないものがあります。
また、スーパーやドラッグストアに行くと専用の洗浄剤や接着剤などが販売されています。

入れ歯が適した人とは

高血圧や糖尿病、骨粗しょう症などの持病がある方はインプラント治療が行えません。
また、インプラント治療は歯ぐきに人工歯根を埋め込むものなので、歯ぐきがしっかりしていない方は不向きです。
重度の歯周病やあごの骨が弱い方は入れ歯の方が適しています。
インプラント治療を始める前にさまざまな検査があり、その際に入れ歯の方が向いているとクリニックで勧められることも多いです。
さらに、インプラントだと入れ歯や天然の歯よりケアに手間がかかるため、こういったケアを行えない方に入れ歯の方が向いています。

入れ歯のメリットとは

最近ではインプラント治療が広く行われるようになってきましたが、それ以前は入れ歯が主流でした。
入れ歯はインプラントのような人工歯根をあごの骨に埋め込むものではなく、人工歯を装着するだけの治療です。
具体的に言うと、人工歯を装着するためのバネを歯にひっかけて床の部分を入れ歯の下に作成します。
さて、入れ歯のメリットはと言うと大きく分けて2つがあります。
まずは広い歯の欠損に使える治療だということです。
欠如が比較的広いところに利用できる治療なので、なくなった歯の部分が広範囲な方にとってはメリットが大きいです。
次のメリットとして残った健康な歯を傷つけずに治療できることです。
入れ歯の他の治療法としてブリッジやインプラントなどがありますが、ブリッジだと残された健康な歯を削る必要があります。
ですが、入れ歯はその必要がなくバネで固定するだけで済みます。

入れ歯によく起こるトラブル例

  • すぐに外れてしまう
    お口の中に入れ歯を入れたら定期的にチェックしてお口にきちんと合っているかどうかを確かめる必要があります。
    ですが、何度調整してもらっても合わずすぐに外れてしまう場合には形がそもそも調整できないほど合っていない・・ということがあります。
    さらに、以前は合っていたはずの入れ歯がすぐに外れてしまうという場合は歯ぐきが痩せる、噛みぐせがある・・など、お口の状態に変化が起きているのかもしれません。
    また、部分入れ歯がすぐ外れるという場合はそれを固定するためのバネが使っている間に緩んでしまい、外れやすくなっているのかもしれません。
  • 噛んだ時痛みがある
    この場合の原因として考えられるのが入れ歯の変形や骨の形が変わったこと・・などが挙げられます。
    加齢によっての骨の変化と入れ歯の使用感や安定感などと深く関わっており、同じ入れ歯を生涯ずっと使えるということはまずありません。総入れ歯ではなく部分入れ歯の場合には残った健康な歯の傾きや移動などがあると入れ歯に動きが起きるので、痛みが起こることがあります。
    そうなると、クリニックで調整したり、新しく作り替えるなどの必要があります。
    さらに、入れ歯が変形の場合には入れ歯の取り外し方法がそもそも違っている・・ということが考えられます。それは入れ歯を噛んではめるという方法で、指を使ってしっかりと押してはめるようにしましょう。

正しい入れ歯の使用方法

部分入れ歯の場合

では、具体的に正しい入れ歯の使用方法とはどういったものなのでしょうか?
まず、部分入れ歯の場合ですが、クラスプを指でつまみ口に入れます。
次に、クラスプをこう歯に沿わせきちんと収まるまでゆっくりと指で押さえていきましょう。
クラスプを指でつまんで、お口の中に入れます。次にクラスプを鉤歯にしっかり沿わせて、入れ歯がしっかり収まるまで指でゆっくりと押さえます。
その後、きちんと収まったらそっと歯を噛み合わせましょう。
外し方はクラスプに親指か人差し指のつめをかけ外したい方向にゆっくりと外していきます。

総入れ歯の場合

上の入れ歯は前歯を指でつまみ奥に入れていきます。
入れ歯の床の中心部を親指で押さえ、あごの粘膜に沿い静かに治まるまで入れていきましょう。
下の入れ歯については上とは違いU字の形をしています。
片方のはしをつまみ、お口の中にゆっくりと入れていきます。
さらに、両方の人差し指を入れ歯の奥歯に当て、あごの粘膜に沿い静かに収まるまで入れていきましょう。
きちんと収まったことが分かったら咬み合わせるようにします。
上の入れ歯は前歯を指でつまみ上にあおり、下の入れ歯は前歯を指でつまんで下にあおるように外します。
舌を使って入れ歯を外す方がいますが、これはやめておいた方がいいでしょう。

入れ歯の正しいケア法

入れ歯は衛生的に保たないとお口の中の細菌が増えてしまい、歯ぐきの腫れや健康な歯が虫歯になったり、カビが発生したりして嚥下機能が下がっている方の場合には誤嚥性肺炎になったりします。

入れ歯を外しこすり洗いする

入れ歯の表面、裏面のほか歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目などをしっかり歯ブラシの毛先を当てて洗っていきます。
この時、お口の中と同様入れ歯でも付いてしまったプラークは歯石になってしまい、それによって汚れが溜まりやすくなると言われています。

入れ歯を洗浄する

入れ歯洗浄剤と水を混ぜたものに入れ歯を入れていきます。
その時、完全に入れ歯が液に浸かっていることをしっかり確認しましょう。
1時間程度浸けておくようにしましょう。
入れ歯洗浄剤は除菌を目的としており、プラークや汚れを除去するものではありません。

まとめ

入れ歯のトラブル例や正しい使い方、お手入れ法などをご紹介しました。
すでに入れ歯を使っている方、今後使ってみようと思っている方のご参考になれば幸いです!