合わない入れ歯を使用して起こる体への影響とは

はじめに

入れ歯が合わなくて悩んでいる方は非常に多いです。
ほとんどの方が保険内診療で作られた入れ歯を使っているため、合わないまま使用しているようですね。
入れ歯が合わない原因にはさまざまなものがあり、合わないまま使っていると全身への弊害も起こると言われています。
ご自分にぴったり合った入れ歯を作っていただき、しっかりと噛んで食べることはとても重要です。
ここでは入れ歯が合わない理由や、合わないまま使っていると全身にどういった影響があるのか・・など、詳しくご紹介してみます。

入れ歯が合わない原因とは

入れ歯を作った時に明確に違和感がある場合、その入れ歯が歯ぐきとうまく合っていなかったり、筋肉や舌の動きや噛み合わせなどと合っていない・・などの可能性があります。

調整が不十分

経験が豊富な歯科医師であっても、それぞれの患者さんにぴったり合った入れ歯を最初から完璧に作成することは非常に難しいと言われており、何度も患者さんと相談しながら作り上げていく必要があります。
相談がきちんとされず調整が不十分なまま通院をやめてしまいますと入れ歯を合わないまま使い続けることになりますので、作った当初からおかしいなと思ったら、すぐにクリニックへその旨を伝え調整してもらうようにしましょう。

骨の変化

入れ歯を支えている土台となるあごの骨は毎日変化していて、古い骨は分解され壊されますが、新しい骨が作られる・・という新陳代謝が行われています。
この新陳代謝が加齢によって衰えてくると骨が痩せてきます。
つまり、土台が痩せて小さくなるので、入れ歯とお口の粘膜との間に隙間ができてしまい合わなくなる・・というわけですね。

摩耗

咀嚼によって入れ歯の歯がすり減ってしまい、上下の噛み合わせに変化ができて入れ歯が合わなくなってくることもあります。

汚れ

入れ歯についた食べものかすやプラーク内の細菌が床へと侵入すると入れ歯が変質してきます。
唾液中のカルシウム分が沈着し歯石のようになってしまい、入れ歯の床に付いてお口の粘膜が炎症を起こすこともあります。

乾燥や熱による変形

入れ歯は一般的に乾燥や熱に弱い素材で作られているので消毒しようと熱湯をかけたり、乾燥させてしまうと変形して合わなくなってきます。

合わない入れ歯を使っていると

噛み合わせのトラブルが起きる

合わない入れ歯を使い続けていると、噛み合わせが悪くなることがあります。
当然、入れ歯の噛み合わせが悪いままだとちゃんと噛めないので柔らかいものばかり食べるようになってしまい、栄養のバランスが乱れてしまいます。
咀嚼は咀嚼機能以外に頭の筋肉を活発にして脳の血流を促し、脳に酸素や栄養を送って脳神経細胞を刺激すると言われています。
この脳神経細胞への刺激が減ってしまうと認知症になりやすいと言われており、実際に認知症の高齢者のほとんどは噛むことが上手くできない方が多いです。
健康な高齢者の歯の残存数は平均14.9本なのに対して、認知症の方は9.4本だという調査結果があります。
歯の残存数が少なかれ場少ないほど学習能力や記憶を司っている海馬というところや、思考や意志機能を司っている前頭葉の容積が小さくなる・・とも言われているほどです。
つまり、ぴったり合った入れ歯を付けることでしっかりと噛むことができ脳へ刺激が伝わりますが、合わないままだとしっかりと噛めないので歯がないのと同じ・・ということになりますね。

食事が楽しめなくなる

入れ歯が合わないと入れ歯の機能がじゅうぶんに発揮されないため、会話や食事の楽しみが激減します。
合わないままだと歯ぐきにダメージが与えられ歯ぐきで感じられるはずの食感や味覚などが損なわれてしまい、どんなものを食べても味が分かりづらくなります。

あごの骨が変形したり吐き気や痛みが起きる

入れ歯が合わないと噛む際に力がかかるところとそうでないところができるため、あごの骨が変形してしまいさらに入れ歯が不安定になり合わなくなる・・という悪循環に陥ります。
また、合わない入れ歯を使っていると、すぐに外れてしまい吐き気や痛みが起きることがあります。
そういった場合には入れ歯安定剤を使うといいでしょう。
ただ、入れ歯安定剤で固定する場合自己判断によって入れ歯の場所を決めてしまうので、正しい位置からズレてしまい骨に余計な負担がかかることがあります。
また、痛みを我慢しながら使い続けることで炎症が起きたりします。

 

発音しづらくなり会話が楽しめなくなる

入れ歯が合っていないと、お口の中で舌が自由に動かせなくなり発音に支障が出ることがあります。
特にサ行やタ行などの発音がしづらくなるため、発音が不明瞭になることで何度も聞き返されるようになってしまうので会話を楽しめなくなることもあります。

消化器官に負担がかかる

健康な歯と比べて入れ歯は2~3割程度しか咀嚼力を回復できないと言われています。
入れ歯が合わないと、さらに咀嚼力は低下してしまい咀嚼力が低下するので食べものをしっかりと噛みくだくことができなくなり、消化器官に負担がかかります。

顔にしわが増え老けて見える

顔の表目には表情筋や咀嚼筋というものがあり、これによって支えられているそうです。
ですが、合わない入れ歯を使っていると咀嚼力が発揮できなくなるため筋肉が衰えてしまい、しわが増えて実年齢より老けて見えます。

・残された歯に負担がかかる
入れ歯が合わないまま使っていると、入れ歯が動くためフックがかかった歯も揺れてきます。
また、残った健康な歯でばかり噛むようになるため余計な負担がかかります。

まとめ

合わない入れ歯を入れていて痛いなどの理由ですぐに入れ歯を外そうとする方がいます。
そうなると、残っている健康な歯や歯ぐきに悪い影響が起きることがあります。
また、入れ歯を外すと食べられるものが限られてしまうため栄養が偏ってしまうので、体全体へ悪影響が及ぶこともあります。
なので、入れ歯が合わず痛みがあったり、違和感がある場合はかかりつけのクリニックで相談していただき調整してもらうようにしましょう!
ぴったり合った入れ歯で楽しく食事をしたり、会話をしたりできるようになればいいですね!