保険が適応される入れ歯とされない入れ歯、それぞれの特徴について

はじめに

そう入れ歯や部分入れ歯で治療する際、保険を使うか使わないか・・を選びますが、保険を使うものの最大のメリットは費用が安く済むことでしょう。
いっぽうで、自費で作る場合は費用がかかるものの使用する材料を選ぶことができます。
どちらにするかは人それぞれ違っています。
そこでここでは保険が使える入れ歯と使わない入れ歯それぞれの特徴についてご紹介しますので、入れ歯治療を検討中の方はぜひ最後までお読みくださいね。

入れ歯治療とは

なくした歯を補う治療にはブリッジやインプラント、入れ歯などがありますが、部分的になくした場合は部分入れ歯、全てなくした場合は総入れ歯で補います。

総入れ歯

総入れ歯とは全ての歯をなくした時に行われる治療法で、粘膜の上に乗る歯ぐきの色をした床とご自分の歯の代わりになる人工歯から構成されており、粘膜と総入れ歯との吸着力で固定しています。

部分入れ歯

いっぽうで、部分入れ歯は部分的に歯をなくした時に補う方法で、粘膜の上に乗る歯ぐきの色をした床とご自分の歯の代わりになる人工歯、これらを残された歯に固定するための留め具からなっています。
対応できる本数は1~数本までとなっており、残された歯がたった1本であっても可能と言われています。
保険適用では樹脂の人工歯および床と金属のクラスプの部分入れ歯になりますが、保険外では白いクラスプを使用した部分入れ歯や金具を使わない部分入れ歯もお選びいただけます。

入れ歯のメリット

では、入れ歯のメリットにはどういったものがあるのでしょうか?
入れ歯はいつでも取り外すことができるため、お口の中を常に清潔に保つことができます。
また、見た目にもさまざまな形態のものを付与できるため審美性の高い口元を回復できます。
さらに、インプラント治療などに比べて費用面で安く済み、手術の必要がないため肉体的、精神的ストレスも軽く済みます。
入れ歯はうまく使いこなせればなんでも食べることができ、口元の審美性も保てると言われています。
加齢に伴って何度も作り直す必要があると勘違いされている方も多いですが、実際にはあごの骨に均等に力がかかるような入れ歯を作っておけば歯ぐきが痩せる心配もなく、一生使うことができると言ってもいいでしょう。

保険を使った入れ歯と使わないもの違い

1.使う材料の違い

入れ歯と一言で言っても、さまざまな種類がありますし、使用する材料もさまざまです。
保険を使って作製する場合はプラスチックしか使うことができないと決まっており、総入れ歯の場合、床になる部分も人口の歯も全てプラスチックを使うことになっています。
いっぽう、自費で作製する入れ歯の場合、歯ぐきの色のプラスチック部分を薄くするため金属のプレートを使ったり、セラミックや強化プラスチックを使って人工歯を使うことができます。
さらに、部分入れ歯の場合金属のバネを付ける必要がありますが、その材料も限定されており、保険を使った入れ歯の場合必要最低限の材料の中からしか選べないという決まりがあります。
材料的に良質なもので体にも優しいものを使いたい場合には保険を使わない入れ歯にする方がいいでしょう。

2.設計上の違い

総入れ歯の場合、全て歯をなくしてしまったものを元に戻すので設計の違いは大きくないですが、部分入れ歯の場合はかなり設計が違ってきます。
保険を使った入れ歯の場合、使用するバネの部位や本数が限定されているほか、材料も限定されるためバネを理想通りに付けられなかったり強度上問題があるため入れ歯が厚くなることが多いです。
バネを理想の場所に付けたい場合には残された健康な歯にも悪影響を与えてしまうため、最悪抜歯する可能性も出てきます。
いっぽうで、保険を使わない入れ歯の場合設計も緻密に考えられるため、残された健康な歯や周りの組織に悪い影響を及ぼす心配がほとんどなく、長期間安定して使うことができます。
また、最近材料が進歩したことで金属製のバネを使わない部分入れ歯も登場してきており、見た目をよくしたい方や金属アレルギーの方などはこういったものを使用するといいでしょう。

3.咀嚼力や装着感の違い

保険を使った入れ歯の場合限られた材料で作るため割れやすいという特徴があります。
ある程度厚みを持たせて作らないと噛む力に耐えることは不可能です。
なので、お口の中に違和感があったり熱を伝えづらいため味覚が鈍くなり、食事をおいしく感じられなくなったりします。
保険を使わないものは装着感が非常によく、噛んだ時に違和感がほとんどないため硬いものでもしっかり噛むことができ食事を楽しめます。

4.審美性の違い

保険を使った入れ歯とそうでない入れ歯では審美性が大きく違っています。
保険を使ったものだと見た目におすぐに入れ歯だということがわかるので、審美性が非常に低いです。
また、つけ心地もしっくりくるとはい言いがたいですね。
いっぽうで、保険を使わない入れ歯の場合保険を使ったものと比べて性能がよく、審美性も非常に高いです。
ただ、その分費用もかなり高額になりますし、治療に関する全ての費用を保険を使わずに支払うことになります。
見た目も重視して作られるので、ご自分の歯とほとんど変わらない審美性を得られます。
保険を使わない入れ歯の費用は材質によって違ってきますが、それぞれのライフスタイルやお口の中の状態、希望・・などにより最適なものを選べるため15~50万円程度になることが多いです。
そう聞くと高価なものだと感じるでしょうが、入れ歯は毎日使うものですので快適性やメンテナンスを考慮すれば高すぎるとは言いきれませんね。

まとめ

保険を使った入れ歯と使わない入れ歯との違いについてまとめてみました。
生活する上で保険を使ったものであってもそうでなくても、日ごろのケア方法やメンテナンスはどちらも必要になるため、入れ歯ができたからと言ってもメンテナンスを怠ると、長期間使用し続けることは不可能です。
歯をなくした場合の回復方法は入れ歯の他にブリッジやインプラントなどがありますが、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。
それぞれの特徴をよく理解した上でご自分のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。