虫歯知らずの歯に!自宅で出来るオーラルケアのポイント

はじめに

みなさんはオーラルケアという言葉を一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか?

オーラルケアとは歯周病や虫歯などを予防するため、お口の中や歯をキレイに保つお口のセルフケアことです。

オーラルケアは歯磨きに限っておらず、お口の中のケア全体のことを言います。

最近、そんなオーラルケアに対する意識が日本でも高まっていますが、まだまだ先進国では低い方だと言われています。

ここでは、自宅で気軽にできるオーラルケアのポイントについてご紹介しましょう。

 

オーラルケアの重要性

お口の中には30億個もの細菌がいると言われており、歯をよく磨いたとしても多くの細菌が常に存在し、磨かない人なら1兆もの細菌がいると言われています。

このような状態が続くと歯周病になってしまい、歯周病によって歯が抜けるだけでなく、心臓病や糖尿病、認知症や脳梗塞などの病気になることもあります。

お口の中の環境が整っていないと体が不調になるなんて怖いと思いませんか?

それを改善するのがオーラルケアです。

自分の健康のためにも、今日からはじめてみてはいかがでしょう。
 

歯を汚す食材に注意する

歯の黄ばみやくすみが気になる・・という女性は多いでしょう。

われわれは食べたり飲んだりすることで歯の白さを失うさまざまな着色成分のあるものを取っています。

たとえば、よく知られているものにカフェインポリフェノールがあります。

チョコレートや赤ワインはポリフェノールを多く含んでいて、これは健康にいい成分なのですが、歯に着色汚れをつけてしまいます。

お茶やコーヒーの中にあるカフェインも歯の黄ばみの原因になります。

また、シチューやカレー、キムチ、漢方茶なども歯に色を付けてしまいますが、食事の後すぐに歯磨きをすることで防ぐことができます

さらに、食物繊維を摂らないことも歯のくすみの原因になります。

ファストフードやスナック菓子などのジャンクフードと呼ばれるものは歯に粘り気のある汚れがつく原因となり、そのいっぽうでリンゴやキャベツ、にんじんなどの食物繊維の多い食べ物を取ることでブラッシングと同様の効果があり、自然にオーラルケアになると言われています。

とは言っても、お酒やごはんを我慢するのはストレスの元ですよね?

どんな食べ物や飲み物を口にしたとしても、食べた後に歯を丁寧に磨く習慣を作ればステインが溜まっていくのを防ぐことができます。

なので、外出先でもすぐに歯磨きできるよう携帯用の歯磨きを持っておくといいでしょう。

 

 

オーラルケアグッズは優れたものを

最近、おうちで気軽に使えるオーラルケア用品が多く売られるようになりました。

オーラルケアの基本とは、歯垢をしっかり落とすための正しい歯磨きを行うことです。

音波歯ブラシや電動歯ブラシを使うと歯磨き時間を短縮できますし、楽に歯磨きができるだけでなく手磨きだけでは落としきれない歯垢まで振動によって落とすことができますね。

さらに、歯磨きだけでは落とせない歯と歯の間や歯周ポケットなどには歯間ブラシデンタルフロスを使うといいでしょう。

デンタルフロスとはナイロン製の糸のことで、ワックスがついたものや持ち手がついたもの、指に巻いて使うもの、味がついたもの・・など様々です。

歯間ブラシは歯と歯の間がひろい人におすすめのグッズです。

舌には舌苔と呼ばれる菌の塊がついており、これを落とすためのブラシを使えば口臭予防になります。

朝か夜行うだけでも効果があるのでおすすめです。

また、歯磨きの後仕上げとしてデンタルリンスを使って口をすすげば口の中をキレイに浄化してくれ、歯周病や虫歯を防げます。

歯質を強化する、白くする、歯茎の炎症を抑えるなどといった目的別で歯磨き粉を選ぶといいでしょう。

ただ、研磨力があまりに強いものは歯を逆に傷める原因になるので注意しましょう。

 

 

オーラルケアにおすすめグッズ

◇デンタルリンス◇

人間は寝ている間、唾液の分泌が少なくなるため自浄作用が低下すると言われています。

そのため、虫歯の原因菌が増加するのでそれを予防するのにデンタルリンスでうがいするのがおすすめ。

30秒ほどデンタルリンスでうがいをすれば細菌の繁殖を防いでくれ、お口の中が爽快になりますよ。

 

◇口内保湿剤◇

唾液の分泌量は20代をさかいに急激に減少すると言われているため、保湿がきちんと行われていないと知らないうちに乾燥してしまい不快感や口臭の原因に。

そういった症状を予防するのが保湿剤で、ジェルタイプからスプレータイプまで揃っていますので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

 

◇デンタルフロス◇

デンタルフロスとは歯と歯の間の歯垢を除去できる細い糸のことを言います。

おうちでオーラルケアをするのに必要不可欠と言ってもいいでしょう。

歯磨き後にこのデンタルフロスを使うことで歯垢の除去率が3割も上がると言われており、歯ブラシだけでは取り切れない歯垢まで効果的に除去してくれるスグレモノです。

定期的な検診も重要

いかがだったでしょうか?

おうちで気軽にできるオーラルケアのポイントについてご紹介してみました。

加えて、歯医者さんで定期的に検診を受けることも大切です。

歯医者さんは何も虫歯になった時だけに行くものではなく、予防歯科という言葉もあるくらいで、虫歯になる前の対策のために利用することも大切なのです。

つまり、歯がまだ健康なうちにきちんとケアを行うことが大切で、美容院などと同様の感覚で3か月に1度程度は定期検診に行くなど、自分の中で決めておくといいでしょう。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

おうちでオーラルケアを行うことがいかに大切かお分かりになっていただけましたか?

上でも書きましたが、正しいオーラルケアのためにはかかりつけのクリニックも必要です。

何でも気軽に相談できるかかりつけの歯医者さんをぜひ見つけておきましょう。

何か症状が出てからではなく、予防のために日ごろからおうちでオーラルケアすると同時に定期的な検診も行うことが大切です。

そうすれば、ひどい虫歯や歯周病に悩まさせることなく、いつまでもご自分の歯でしっかりと食事ができるはずです。

今日からおうちでオーラルケア、始めてみませんか?