虫歯治療はどこまで保険適用になるの?

「歯が痛いけど、歯医者で行う虫歯治療は全部保険で治せる?」

「虫歯治療って、どこまで保険が適用されるのかな?」

 

このような疑問を持たれた事がある方も多いのではないでしょうか。

 

一般的な歯科医院で行う虫歯治療は、保険が適用される保険診療での治療が可能です。
しかし、高度な技術や特殊な装置・器具を用いる治療や、審美性を高める目的で行う虫歯治療は保険が利かず自費診療となります。

 

虫歯治療を受ける際には、患者さんが受ける虫歯治療がどこまで保険が適用されるのかを見極める事が大切です。

 

そこで今回は虫歯治療はどこまで保険適用になるかについて解説します。

保険診療と自費診療の違い

歯科医院で行う虫歯治療は、保険が適用される保険診療と保険が適用されない自費診療の2種類に分けられます。

 

このうち、保険が適用される保険診療は治療法や治療に使う素材があらかじめ決められており、患者さんが治療法や素材を選ぶ事は原則として出来ません。
(2種類程度の歯科用素材から選択出来る場合もあります)

 

これに対して、保険が適用されない自費診療で虫歯治療を行う時には、治療時の痛みを軽減するために特殊な器具を使うなど、治療法にバリエーションが出てくるほか、虫歯を削った穴をふさぐ詰め物やかぶせ物もセラミックやゴールド、ジルコニアなど、より強度が高く審美性に優れた素材から選ぶ事が出来るようになります。

保険が適用される虫歯治療(保険診療)について

1-1.虫歯を削る

虫歯治療において歯を削る必要がある場合には、保険を適用して治療を受ける事が出来ます。

1-2.詰め物やかぶせ物をする

虫歯を削った後に使用する詰め物や、大きな虫歯を取り除いた後に使用するかぶせ物の治療は以下の素材に限り保険が適用されます。

 

レジン充填・・・プラスチック出来ている白い樹脂です。虫歯を削った箇所にその場で詰める事が出来ます。

 

・金銀パラジウム合金(銀歯)または銀合金(アマルガム)・・・一般的には「銀歯」や「アマルガム」と呼ばれる銀色の歯科用金属です。これらの金属は自費診療で使われるセラミック(陶器)よりも丈夫ですが、天然の歯よりも硬い為に噛み合わせ部分の歯を傷めてしまったり、歯が黒く変色する、金属アレルギーの原因になる、などのデメリットがあります。

 

・硬質レジン前装冠・・・内側の土台は金属製で外側にレジンを貼り付けて審美性を高めたかぶせ物で、前歯の治療時にのみ保険が適用されます。自然な歯の白さに近い色を再現出来ますが、黄ばみや変色を起こしやすく、プラーク(歯垢)も付きやすくなるというデメリットがあります。

 

・CAD/CAM冠 ハイブリッドセラミックレジン・・・セラミックとレジンをミックスして作られた歯科用素材で、真ん中の前歯から数えて6番目と7番目にある上下の「第一小臼歯」および「第二小臼歯」の治療時のみ保険が適用されます。クラウンの強度はレジンよりも硬く、見た目も自然の歯に近いというメリットがありますが、保険適用で利用するには、歯科医院の院内にハイブリッドセラミックレジンを製作出来るCAD/CAMの装置がある事が前提となります。

1-3.歯の神経を抜く(抜髄)

虫歯が歯の神経にまで達してしまった時には、神経を抜く抜髄(ばつずい)治療を保険適用で受ける事が出来ます。

1-4.根管治療をする

虫歯が歯の根っこである根管(こんかん)を侵してしまった時には、根管内部を清掃する根管治療を保険適用で受ける事が出来ます。

1-5.抜歯をする

虫歯が根管内部をすべて侵してしまい、歯が根っこの部分から腐ってしまっている場合には、保険を適用して歯を抜く治療を受ける事が出来ます。

1-6.歯石を除去する

プラーク(歯垢)が硬くなり歯石となって歯に付着している場合には、歯石除去の治療を保険を適用して受ける事が出来ます。

1-7.入れ歯やブリッジを作る

部分入れ歯や総入れ歯、ブリッジなどの義歯は、プラスチック樹脂のレジンで出来た義歯を保険を適用して製作する事が出来ます。
レジンの義歯は安価で丈夫というメリットがありますが、強度を保つ為に厚みを出す必要があり、装着感が自費の義歯よりも劣るほか、見た目も人工的で不自然な白さの歯となります。

1-8.歯磨きの指導をする(口腔内清掃指導)

虫歯や歯周病を予防する為の正しい歯磨きの仕方を保険適用で教えてもらう事が出来ます。

(※ 患者様の口腔内の状況によっては自費診療の清掃指導となるケースがあります)

保険が適用されない虫歯治療(自費診療)について

2-1.審美性・耐久性に優れた詰め物やかぶせ物をする

虫歯を削った後に使用する審美性や耐久性に優れた詰め物やかぶせ物は、自費診療を利用して製作する事が出来ます。

 

・セラミック(ジルコニア、e-max、オールセラミックやオールジルコニアなど)・・・陶器から作られている歯科用素材で審美性に優れ、自然の歯とほとんど同じ見た目になります。ただしセラミックの種類によっては欠けたり割れてしまうなど、強度面におけるデメリットがあります。

 

・ゴールド(金)またはプラチナ(白金)・・・金属製の歯科用素材で強度が高く柔軟性に優れており、抗菌作用があります。しかし使う場所によってはキラキラと目立つなど、審美面ではセラミックに劣るほか、熱伝導率が高く冷たい物や熱い物に過敏になってしまうというデメリットがあります。

 

・メタルボンド・・・金属製の土台にセラミックを貼り付けたかぶせ物で、強度が高く審美性にも優れています。さらに、変色に強くプラークがつきにくい、というメリットもありますが、中の金属が透けて黒く見える、金属アレルギーの原因になる、等のデメリットも存在しています。

2-2.審美性・耐久性に優れた入れ歯やブリッジを作る

自費診療で入れ歯やブリッジを作る際には、セラミックやジルコニア、硬質レジンなど、審美性・耐久性に優れた素材で義歯を製作する事が出来ます。

 

また、入れ歯の場合にはコーヌスクローネなど、金具を一切使わない義歯も選択可能となるほか、義歯を作る際にかける時間も保険診療の時よりも長く時間をかける事が出来、患者様が快適に義歯をお使いいただく為により時間と手間をかけて治療を行います。

2-3.PMTCやフッ素塗布を行う

PMTCは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、通常の歯磨きでは落とせない歯の汚れを専用の器具を使って徹底的に清掃します。
また、自費診療では希望する患者さんに虫歯を予防するための歯のコーティングやトリートメント、フッ素塗布を行う事も出来ます。

2-4.インプラント治療を行う

あらゆる手を尽くしても、どうしても歯を残す事が出来ない場合には、自費診療を利用して失われた歯の部分にインプラント治療を行う事が出来ます。
インプラントは人工の歯根を患者さんのあごの骨に直接結合させる治療であり安定性が高く、現在では多くの患者さんが失った歯を補う義歯治療としてインプラント治療を選択しています。

患者様がご納得して治療を受ける事が大切

この説明で「意外と保険が適用される治療が多くて驚いた」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

上記のように、歯科治療は保険診療か自費診療かにかかわらず、それぞれの治療法にメリットとデメリットが存在しています。

 

虫歯治療の際には、治療を受ける患者さん自身が治療の内容や素材、見た目、耐久性などについて歯科医師から説明を受け、十分にご納得して治療に入る事が重要です。
特に、保険が適用されない自費診療は治療時に高額な費用がかかるケースもありますので、もし、分からない事や聞きたい事があれば迷わずに、積極的に歯科医師に聞く事をおすすめします。