虫歯なのに痛みがない?放置してはいけない理由

はじめに

虫歯があるけれど特に痛みがないからと放っておいていいのか、クリニックに行った方がいいのか・・と不安になる時ありますよね?
虫歯はある日突然できるものではなく少しずつ進んでいくもので、痛みがある場合はかなり進行していることが多いです。
なので、痛みがなかったとしてもクリニックで治療を受けた方がいいと言えるでしょう。
ここでは痛みのない虫歯を放置しておくことのリスクや、虫歯を予防する方法などについてお教えしましょう。

虫歯とは

そもそも歯の表面にはプラークというものがあり、ここに虫歯菌がいると言われています。
この虫歯菌は食べものや飲みものの中にある糖分や炭水化物を使って歯を溶かす酸を作り出しだします。
酸で歯を溶かすことを脱灰と言い唾液の力で再石灰化し、食事の度に脱灰と再石灰化を繰り返しています。
このバランスが崩れることで虫歯になると言われており、虫歯菌が好む糖分を多く摂りずぎたり、歯磨きがじゅうぶんでないなど生活習慣の乱れによって虫歯になることが多いです。
特に以前歯に詰めものをしたことがある場合には、その詰めものと歯との間に細菌が入り込むため虫歯になるリスクが高まります。

放っておくとリスクのある虫歯

虫歯は放っておいて自然に治ってしまうものとそうではないものとがあります。
特に放っておくとリスクの高い虫歯には次のようなものが挙げられます。

黒く透けて見えるもの

歯の中が透けて黒く見えているものは虫歯が中で広がっているため治療が必要になります。
歯の表面はエナメル質という硬い物質で覆われており、虫歯によってそれが溶け出すとその下にある象牙質にまで虫歯が広がってしまいます。
神経付近まで虫歯が進むことで痛みを初めて感じるため、気づかないまま放っておく人がほとんどでしょう。
ですが、痛みを感じるまでに治療を受ければ神経を取り除く必要がありません。

詰めものが取れたままのもの

歯の表面はエナメル質によって保護されていますが、詰めものが取れたまま放っておくと中の弱い象牙質がむき出しになってしまうため、虫歯が進むのが速くなります。
痛みが出ないうちなら神経を残して治療ができます。

穴があいていてしみないもの

歯に大きな穴があいていてもしみないという場合には神経がすでに死んでいることが多いです。
痛みを感じないまま虫歯が進んでしまい、あごの骨の中に細菌が侵入して歯ぐきが腫れてしまったりあごが痛んだりします。
このような場合には虫歯を全て取り除いて歯根部を消毒する必要があります。
ただ、虫歯が中であまりに広がっている場合は抜歯することもあるようですね。

根だけになってしまったもの

虫歯がさらに進行すると歯がどんどん欠けていきます。
最終的に根っこの部分だけが残ってしまい、これを放っておくと噛み合わせが悪くなります。
さらに、周りの歯が折れてしまうこともあります。
そうなると、顔の形が変わってしまったりあごの位置が変わることもあります。
治療としては歯を抜いて動いた歯を部分的に矯正することが挙げられます。
抜歯したところにはブリッジやインプラント、入れ歯などの治療を行うことが多いです。

虫歯を放置するとどうなるのか

  1. 虫歯が進み歯の神経が痛みだす

    神経が残ったままの歯を放っておくと、虫歯が神経にまで達してしまうため痛みが強く出ます。
    歯の痛みは我慢しきれないほどになることもあり、鎮痛剤を飲んだ後、神経を取り除く治療が行われます。

  2. 歯根部から細菌が侵入し副鼻腔炎になることも

    上の奥歯の虫歯を放っておくと副鼻腔炎になることがあると言われています。
    この部分の歯は副鼻腔と近いため、根っこの先から細菌感染することで副鼻腔炎になるのです。
    抗生物質で抑えた後、歯根部を消毒する必要があります。

  3. あごに膿が溜まって歯茎が腫れてしまう

    歯の神経が死ぬほど虫歯を放っておくと、あごの骨の中で膿が溜まってしまうため歯茎が腫れてしまうことがあると言われています。
    それにより口が開かなくなったりものが飲み込めなくなる、腫れがひどくなることもあります。
    この場合は麻酔をかけ歯ぐきを切開して膿を出す治療をおこないます。

  4. 噛み合わせが悪化し顎関節症になる

    奥歯の虫歯を放っておくと噛み合わせが悪くなるため、顎関節症になってしまうことがあります。
    噛み合わせが悪くなることで耳鳴りや体調不良、顔の変化などが起こることもあるようですね。

自分でできる虫歯予防とは

寝る前の歯磨きが最も重要

歯磨きで最も重要なのが寝る前です。
寝ている間は虫歯菌が活発になってしまい唾液の量が減るため虫歯になりやすいと言われています。
朝は口臭を防止するため、昼はみだしなみのため、夜は虫歯を予防するため・・と意識して歯磨きを行うことで虫歯予防が可能です。

歯磨きの量を多くすゆすぎの水は少なく

現在市販されている歯磨き粉のほとんどにはフッ素が含まれており、このおかげで日本人の虫歯が激減したと言われています。
このフッ素をできる限りお口の中に残せるよう歯磨き粉の量を多めにし、ゆすぎの水を少なめにしましょう。

デンタルフロスを使う

歯ブラシだけでは6割程度、デンタルフロスを使うと2割程度お口の中の汚れを落とせると言われています。
虫歯のほとんどは歯と歯の間からできると言われているため、歯と歯の間の汚れを落とせるこの2割にはさらに効果があると考えていいでしょう。
なので、歯磨きの際にはまずデンタルフロスを使うようにしましょう。

1日に1回はフッ素洗口液を使う

お子さんや虫歯になりやすい方は寝る前に1回フッ素洗口液を使うことをおススメします。
また、歯磨き粉の味が苦手という方にもおすすめできます。
特にクリニックで販売されているフッ化ナトリウム洗口液は無味無臭なのでおススメです。
クリニックに行った時に一度聞いてみるといいでしょう。

まとめ

痛みがないからと言って虫歯を放っておくと、最終的に全身の健康に悪影響を及ぼすことがあります。
ぜひ、放ってくとリスクが高い虫歯について知っていただき、ご自分のお口の中が今どのような状態なのかを知っておきましょう。
また、日ごろのご自分のケアに加えて、クリニックで定期的に診てもらうことをおススメします。