【いつまで続くの?】虫歯治療後の痛みについて

はじめに

だれでも虫歯の治療後の痛みに悩まされる経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか?
治療のたびに痛みがあったり、いつまでも痛みに悩み続けながらクリニックに通い続けている方もいるはずです。
ですが、その原因を明確にし、その対処法が分かれば痛みを軽減できるのではないでしょうか?
ここでは虫歯の治療後の痛みの原因やその対処法などをご紹介しますので、ぜひご参考になさってくださいね。

虫歯の治療後の痛みの原因とは

冷たいものなどが一瞬しみる位であればさほど問題ないですが、ずっと痛みが続く場合はクリニックで相談した方がいいでしょう。

神経が敏感になっている

虫歯を治療した後は神経の近いところを削っているため神経が炎症を起こしてしまい、過敏になることがあります。
さらに、虫歯が進行している場合には神経が細菌感染してしまうため、神経を治療する必要が出てきます。
数日程度でこれはおさまってきますが、その対処法として熱いものや冷たいものが当たらないようにすることが大切です。
ずっと痛みが続くのなら神経を取り除くという方法もあります。
ただ、神経を取り除いてしまうと歯が割れやすくなったりすることがありますので注意しましょう。

削り残しの虫歯がある

虫歯治療をしても全て取り除けていないまま詰めものをしてしまうと、歯が侵されてしまい痛みが発生します。
これは歯科医師の腕次第と言えますが、虫歯菌を見落とすと治療後さらに歯が悪くなっていきます。
この対処法としてはレーザーを使ってその反射を利用し、虫歯かどうか精度の高い診断をしてもらうことがおススメです。
虫歯かどうか診断するのが難しいものでもこの方法だと発見できるため、削り残しの心配がありません。

神経が残っていて痛む

神経を取り除いた後痛みがある場合は神経が残っているためだと考えられます。
神経を除去する治療は歯科医師によっては器具を使って簡単に行えることもあれば治療が困難なこともあります。
さらに考えられる要因としては、虫歯菌が取り切れず痛みが出ている場合があります。
神経も虫歯菌も取り残しがあると再治療になります。
神経を取った後痛みがあるようならクリニックで相談するようにしましょう。

被せものをした後に痛みがある

虫歯治療を行って被せものをした後に歯がしみることもあります。
その要因としては虫歯を削って被せものをするため、冷たいものや熱いものを感じやすくなっているからでしょう。
しみなくなるまでに2~3週間程度かかりますが、それでもおさまらない場合はクリニックで相談しましょう。
さらに、虫歯菌を取り除けても痛みが完全になくなるまで時間がかかることもあります。
それに、虫歯を治療して被せものをすると、元の健康な歯より高くなるため強く噛めなくなることもあります。
ただ、1か月も経てば高さもよくなり周囲の歯となじんでくるため痛みも治まってきますが、それでもまた痛む場合にはクリニックで詳しく調べてもらいましょう。

虫歯治療以外での痛み

歯石除去後に痛むことも

虫歯治療ではないものの、歯石を取っただけなのに歯がしみるケースがあります。
この要因はエナメル質に傷が付いているからです。
歯石を取る時に歯の表面にあるエナメル質に傷が付いてしまい、その下にある象牙質が露出します。
この象牙質には歯の神経があるので、冷たいものや熱いものを摂るとしみることがあるようですね。
ですが、象牙質はそれを改善するためにさらに作られるので数か月程度経てばおさまってくるようです。

クリニックへ行った方がいい目安とは

虫歯の治療後数日程度は痛みが起きることがあります。
ただ、その痛みがずっと続くようであれば神経を取った方がいいこともあります。
大切なのはその痛みがどのように変わっていったか・・ということでしょう。
治療後すぐに少しずつ痛みがおさまっているような場合はそのまま様子見でいいでしょう。
痛みがひどいなら歯の神経を取る方がいいでしょうが、痛みがずっと変わらず続いているような状態の場合は神経がダメージを受けている場合があります。
それを確認するには数か月先になってしまうこともあります。
神経を取り除くかどうかは症状との兼ね合いになることが多いため、歯科医師の判断を待つしかありません。
ひどい虫歯であるほど神経を残すには治療後痛みがでる確率が高まります。
ですが、神経が残せるか分からない場合には確実に残すためにも歯の神経を取った方がいいでしょう。
残せる確率が高いのであれば最初に神経を残したまま治療を行い、痛みがあれば神経を取るといった2段階で治療を行うのが望ましいです。

治療後の痛みを抑える応急処置

痛み止めを飲む

虫歯治療後にどうしても痛みが我慢できない場合、応急処置として市販の痛み止めを飲む方法があります。
たとえば、ロキソニSはクリニックで処方される鎮痛剤と近い成分なので安心です。
このお薬は飲んでから30分程度で効いてくると言われており、効果は4時間程度です。
ただ、注意点があるため次の点を理解しておくことが大切です。

  1. 飲む時は何か食べた後にします。
  2. アルコールと一緒に飲まないようにしましょう。
  3. 1回最大2錠までにしておき、4時間以上は時間を空けましょう。
  4. 15歳未満のお子さんは飲んではいけません。
  5. ピリン系薬剤にアレルギーがある方やぜんそくの方は飲むことができません。

痛いところを冷やす

濡れタオルや保冷剤などを使って冷やすようにしましょう。
歯が痛むのは神経が圧迫されることによるもののことが多いため、冷やすことで血流を遅くすることができます。
ただ、注意点としては口に氷などを含み急激に冷やしてしまうと痛みが強くなることがあるので、保冷剤や濡れタオルを使うようにしましょう。

まとめ

虫歯治療はその過程において、歯や歯ぐきにダメージを与えるものです。
つまり、虫歯治療後に痛みが起きるのは何も珍しいことではないのです。
ただ、虫歯治療が原因での痛みはいずれ収まってくるため、その原因によっても違いますが短ければ数日程度、長くても数ヶ月程度です。
もし、虫歯を治療しても痛みがおさまらない、どんどんひどくなっていく・・という場合には再治療が必要になることもあるため、クリニックで相談することをおすすめします。