漂白剤は使ってOK?知っておきたい入れ歯のお手入れ方法

はじめに

歯を白くきれいにしたい・・というのは誰もが思うことです。
ですが、クリニックで施術を受けると2~3万円以上も費用がかかってしまいます。
安く歯を白くする方法として漂白剤を使う方がたまにいらっしゃいますが、実際のところ安全性はどうなのでしょう。
ここでは歯の着色汚れの原因や漂白剤を使って歯を白くしても大丈夫なのか、歯を白くする最適な方法はどういったものなのか・・などについてご紹介します。

歯の着色汚れの原因とは

そもそも歯の着色汚れは歯に着色によって汚れが付着することを言います。
よく歯磨き粉のコマーシャルなどを見て、コーヒーや紅茶などがその原因だと思っておられる方が多いでしょう。
とは言っても、歯がとても汚れている方もいれば、きれいな方もいらっしゃいます。
この違いは日ごろの生活習慣などさまざまなものがあるため、何か一つのものとは言い切れません。
歯が汚れている方の着色汚れの原因には以下のようなものがあります。

  • 歯磨きがきちんとできていない、またはしすぎている
  • コーヒーや紅茶、ワインなどの着色しやすいものをよく摂る
  • 間違ったホワイトニング法を行っている

・・などですね。
歯磨きをしすぎると歯の表面に細かい傷がついてしまうため、そこに色素が入り込んでしまい着色しやすくなります。
歯磨きで着色汚れは落としづらく、ずっと残ってしまうのです。
いっぽうで、歯磨きが不十分な方も磨き残しがあることで虫歯ができやすくなり、虫歯の原因であるミュータンス菌が産出する酸性の成分によって歯の表面が溶かされてしまいます。
つまり、歯磨きが十分でない人もし過ぎている人もどちらも歯の表面に着色汚れが付きやすいのです。
こういった傷がたくさん付いてしまっている方は色の濃い飲食物を多く摂ってしまうと、すぐに着色汚れが付いてしまうと言われています。
傷がさほど付いていなくても歯の色がくすんで見えたり、歯磨きしづらい部分に着色汚れが付きやすくなりますし、色の濃い飲食物を食べると同様のことが起きます。
すでに汚れが付いてしまっていたり、歯磨きが不十分なため磨き残しがあったりして歯の表面がざらざらしているため、そこに新しい汚れが付いてしまいます。
つまり、着色汚れが付いたらすぐに対処することが大切です。
とは言っても、間違った対処法を行うと汚れが逆にひどくなったり、別のお口のトラブルの原因になるため注意しましょう。

歯が汚れたままにしておくと

欧米などでは歯科矯正やホワイトニングがさかんに行われています。
たとえば、アメリカでは口元の印象が悪いと就職の面接に落とされるくらいです。
歯が白く美しいと相手に清潔感を与えることができるため、人に好かれやすいのは間違いなさそうですね。
顔立ちや肌などと同様、歯はその人の印象を大きく左右するパーツで、ふと笑った時に見える白い歯によって相手にいいイメージを与えることができます。
また、歯科矯正や虫歯治療と比べて着色汚れを落とすと効果を実感しやすいです。
ちょっとした着色汚れであればおうちのケアで簡単に落とすことができます。
最近ではさまざまなものが市販されているため、そういったものを使ってきれいにする方が増えているようですね。

歯がきれいになることでのメリット

歯に自信がないままだと大きな口で笑ったりするのが恥ずかしくなります。
また、口元に自信がないと表情が乏しくなってしまい、積極的にふるまうことができません。
つまり、相手に消極的な人という印象を与えてしまいます。
ですが、歯をきれいに白くできれば自信を持って笑ったり、堂々と発言したりすることができますし、歯が白くきれいになると若く見えます。
着色汚れは年を取るにつれ付いてしまうため、白い歯でいることは肌のツヤやハリと同様若さを印象付けられます。
ファッションやメイク、ヘアなどと同様歯の白さで若さを表現できると言ってもいいでしょう。
どんなにおしゃれをしていても歯が汚くては意味がありません。
ぜひ、歯を白くきれいにしていただき若さを取り戻してみませんか?

漂白剤で歯を白くすることのリスク

市販の漂白剤を使って歯を白くしようとする方がまれにいらっしゃいます。
この方法だとクリニックに行って白くするよりかなり安く済みます。
ドラッグストアなどでは100円以下で購入できるからです。
歯全体にきれいにまんべんなく塗ることができれば、着色汚れをきれいに取り除けます。
全体に塗って放置し口をゆすぐだけでいいので、15分もかからずに歯を白くできますよね。
ですが、漂白剤を塗っている間はずっと口の中から塩素のニオイがするでしょう。
しかも、この方法はリスクが伴います。
漂白剤は体に有害ですし、洗濯やトイレ掃除に使われるものをお口に入れたくはないでしょう。
それに、自分でこれを行えるのは前歯程度で、しかもあくまで歯の表面だけを白くしているので着色汚れ自体は残ったままです。
ただ白くなり目で見えなくなっているだけで、根本的に解決したとは言い切れません。

ホワイトニングがおすすめ

では、安全に歯を白くするにはどうすればいいのでしょうか?
やはり、クリニックでのホワイトニングが安心できます。
この方法は歯の表面にある色素をきれいにして表面の構造を変化させることによって白くできるものです。
また、ホワイトニング剤には過酸化水素などが含まれており、この成分は高温になると水と酸素に分解されます。
それによって歯のエナメル質が無色透明になると言われています。
歯の表面にあるエナメル質はほぼ無機質ですが、有機質の部分もわずかにあり、そこを白くできる・・というメカニズムです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
歯を安全に白くするにはクリニックでのホワイトニングがおススメです。
漂白剤を使って行うことはリスクが伴うためやめておきましょう。
ただ、クリニックによってホワイトニングを行っていないところもあるため、一度かかりつけのクリニックに尋ねてみてはいかがでしょうか?
まずは歯科での検診・相談を