虫歯0の歯に! 歯医者いらずの健康な歯を保つポイント

「なんとなく歯が傷む」、「気がついたら歯が黒くなっていた」。虫歯ができる度に歯医者に通うのはうんざり・・・。

しかし、虫歯ができる度に歯医者に通うのは、今日で卒業です! 

以下では、歯医者に頼らず、自宅で虫歯予防ができる方法についてご紹介していきます。

 

虫歯ってどんな病気? 虫歯ができるメカニズムを知ろう!

健康な歯を保つポイントを知る前に、まずは虫歯になる仕組みを知っていきましょう。
そもそも虫歯とは、虫歯菌から出る酸によって、歯が溶けてしまう病気のこと。口腔内にはさまざまな細菌がいますが、その中でも虫歯一番の原因になる細菌が「ミュータンス菌」
です。ミュータンス菌は、ある条件が揃うと酸を作り出しやすくなります。条件とは、「歯・歯垢・糖分+時間の経過」の4つだと言われています。

虫歯は、一体どのようなメカニズムで起きているのでしょうか?

 

歯垢(プラーク)を作り出す

ミュータンス菌とその他の細菌が、歯垢を作り出します。歯垢ができるのは、食事をした際の食べ残しや、歯磨き不足の磨き残しが原因です。この、食べ残しや磨き残しを栄養源にして、ミュータンス菌や細菌が歯垢を作り出します。

歯垢(プラーク)の中で虫歯菌が繁殖する

歯磨きをしない、磨き残しをそのままにしておくなど、長時間歯垢を放置すると、とミュータンス菌がどんどん繁殖していきます。さらに歯垢を放置しておくと、口腔内がネバネバして不快感が出てきます。このネバネバの正体は、繁殖したミュータンス菌が作り出した「バイオフィルム」という膜です。
バイオフィルムはとても強力な膜なので、歯磨きをしても落としきれないこともあります。

ミュータンス菌が酸を出して歯を溶かす

バイオフィルムという強力な膜を作ったミュータンス菌は、膜の中で糖分を発行させて「酸」を作り出します。
ミュータンス菌が作り出した酸に耐えきれなくなった歯は、溶けて虫歯になってしまうのです。

 

虫歯を予防するためのポイント

虫歯にならないためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか? 虫歯予防をするポイントは、虫歯が発生しやすくなる4つの条件と関係してきます。その4つをおさらいすると、「歯・歯垢・糖分+時間の経過」です。

ここからヒントを得て、虫歯予防のポイントをつかんでいきましょう。

食べ残し・歯垢を残さない

虫歯予防に役立つポイントの1つは、口腔内を清潔に保つことです。食べ残しが歯と歯の間に挟まったままになると、細菌が繁殖。歯垢を発生させ、虫歯ができる原因になります。
また、歯垢の磨き残しに注意しましょう。歯垢は細菌が繁殖しやすい、絶好の場所です。長時間放置すれば、ミュータンス菌が酸を作り出し、歯を溶かしてしまうことになります。

食べ残しはそのまま放置せずに、すぐに取り除く。歯垢を残さないように、正しく歯を磨きましょう。

糖分を食べる回数を増やさない

毎日、間食にお菓子を食べていませんか? 何気なく食べているお菓子に含まれる「糖分」が、虫歯になる原因を作っているかもしれません。
なぜ、糖分が虫歯を作る原因になるのかは、ミュータンス菌の繁殖と、口腔内の
pH(ペーパー)に関係しています。

ミュータンス菌の栄養源は糖分です。特に、お菓子などに含まれる「砂糖」は大好物。
砂糖を含んだ食べ物を食べると、ミュータンス菌が繁殖しやすくなり、歯垢が発生することに繋がります。
また、口腔内の
pHは、唾液の作用で細菌が繁殖しにくい中性に近い状態に保たれています。
しかし、糖分を食べると口腔内の
pHは急激に酸性に傾きはじめます。糖分だけではなく、食事をすると口腔内は酸性に傾きますが、唾液の作用で時間をかけて中性に近い状態に戻ります。
ですが、糖分を含んだ食べ物を何度も食べていると、その度に口腔内が急激に酸性に傾きます。口腔内
pHが中性に戻る前に、酸性に傾いてしまし、口腔内が常に酸性の状態になります。

このように、口腔内が酸性の状態が長時間続くと、歯が溶けやすくなり、ミュータンス菌が繁殖しやすい環境にもなります。
「糖分を含んだもの食べてはいけない」、というわけではありません。食べる回数に気をつければ、虫歯予防ができます。糖分は口腔内を酸性に傾けるので、食べる回数が多いと唾液の作用が上手く働かなくなります。
適切な糖分食べ方は、
1日に決まった回数に食べることがポイントです。

ちょこちょこと不規則に糖分を食べるのではなく、食事と食事の時間をある程度空け、唾液の作用で口腔内を中性に戻す時間を作りましょう。

歯を正しく磨く3つの知識

虫歯予防をするために基本的なことは、しっかりと歯磨きをして口腔内を清潔に保つことです。ですが、ただ歯を磨くだけでは、歯垢は落としきれません。正しい歯磨き方法を学び、虫歯予防に役立てましょう。

食後15~30分経ってから歯を磨く

食事をしてからすぐに歯を磨きたくなりますが、すぐに磨くのは間違い。食事の直後は口腔内が酸性に傾いている状態です。ここで歯磨きをすると、歯が削れやすくなります。

唾液の作用を待つために、食後は1530分経ってから歯を磨きましょう

歯ブラシは小さく柔らかいタイプを選ぶ

歯ブラシ選びも大切です。使用する歯ブラシはヘッド部分が小さく、毛質のやわらかいタイプを選びましょう。
毛質が固い歯ブラシや、ヘッド部分が大きい歯ブラシは、磨き応えがあるので好んで使用している人もいるでしょう。
しかし、歯垢をしっかり落とすことに不向きです。毛質が固い歯ブラシは、歯茎を傷つけやすくなります。
また、ヘッド部分が大きいと、奥歯などの細かい部分の歯垢を落とすことに適していません。

歯垢をしっかり落とせる歯ブラシを使いましょう。

ペンを持つように握って優しく小刻みに磨く

歯ブラシの持ち方や磨き方にも、ポイントがあります。
歯ブラシをにぎる時によくある間違いは、強くにぎること。歯垢を落とすには、ゴシゴシと強く磨かないと落とせないイメージがありますが、歯垢を落とすのに力強さはいりません
正しい方法は、歯ブラシを歯垢が付着している部分に密着させるように当て、優しく小刻みに動かすことです。この時、ペンを持つように握ってみましょう。力が入りづらくなり、歯ブラシを大きく動かせなくなります。

小刻みに動かし、11本丁寧に磨きましょう。


毎日の正しい歯磨きで虫歯0の歯を目指そう!

虫歯予防のポイントは、「口腔内を清潔に保つこと」「歯垢を残さないこと」2つでした。毎日のちょっとした心がけと、正しい歯磨きで虫歯は十分に予防できます。

この方法を実践して、歯医者いらずの健康な歯を保ちましょう!