虫歯はうつる?誰にも聞けない虫歯の知識

はじめに

虫歯はうつるものなのか・・と、不安に感じている方は多いでしょう。
ですが、虫歯菌がうつると必ず虫歯になる・・というわけではなく、生活習慣や歯磨き方法などの条件が整うことで虫歯になるようです。
つまり、虫歯菌がうつったとしても虫歯にならないよう対策を行っていれば問題ないわけですね。
そこでここでは虫歯はうつる原因や、虫歯を防ぐ方法などについてお伝えしますのでぜひ読んでみて下さいね!

虫歯になるメカニズム

虫歯はお口の中の虫歯菌が糖分を栄養にし作った酸によって歯を溶かす病気のことで、原因菌としてはミュータンス菌が有名です。
このミュータンス菌はわれわれが食事などで摂る飲食物の中に含まれる糖分をえさにして増え、その際に菌の周りに粘着性の高いグルカンという成分でのりのような物質を作り出します。
このグルカンによって歯に強力に付着し細菌の塊が作られます。
これが増殖することで歯の表面に付いた物をプラークと言います。
さらに、ミュータンス菌は酸も作り出すと言われており、そうなるとプラークは酸性になるため歯の表面からカルシウム分やリンなどの成分が溶け出してしまうそうです。
つまり、この状態が続くことで歯に穴が開き、虫歯になる・・というメカニズムです。
ミュータンス筋はほとんどの方が持っていると言われている菌ですが、お口の中で増やさないようにし酸を作らないような生活を行うことで虫歯が予防できるのです。

虫歯はうつるの?

正確に言うと、虫歯自体がうつるということはあり得ません。
虫歯の原因となる虫歯菌が人から人へうつると言われており、この虫歯菌はプラーク内や唾液の中にいるため唾液を通じてうつるのです。
ではキスで虫歯はうつるのでしょうか?
キスしただけで虫歯がうつるとなるとちょっと怖いですよね?
虫歯菌は唾液を通じてうつるので、スキンシップやほおにキスをしただけでうつることはあり得ません。
さらに、たとえ虫歯菌がうつったからと言っても、100パーセント虫歯になるというわけではありませんので安心しましょう。
虫歯菌がある上に間違った歯磨き習慣や生活習慣の乱れ、間食などの条件が揃って初めて虫歯になるというわけですね。

子どもが虫歯になる理由

では、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいませんが、どうして虫歯になるのでしょう。
その理由は両親などから虫歯菌がうつることによるものです。
ですので、重要なのは家族が虫歯にならないことですね。
小さな頃から虫歯を予防する意識をしっかりと持っておくことで一生健康なお口で生活できるわけです。
では、どうやって赤ちゃんに虫歯菌がうつるのかをご説明しましょう。
虫歯菌は赤ちゃんの身近なところにいるお母さんやお父さん、祖父母などからうつると言われています。
おはしやコップなどの食器などを共有したり、大人が口に入れたものを食べさせたり、キスをしたり・・などからだそうです。
つまり、赤ちゃんに虫歯がうつるのを防ぐには食器の共有を止めるほか、大人の口の中から虫歯菌を減らすことが重要でしょう。
赤ちゃんがいるご家族の方は大切な赤ちゃんのためにも虫歯があればなるべく早く治療を受けていただいたり、虫歯を防ぐ生活を行うようにしましょう。

虫歯を予防する方法

クリニックで虫歯菌の数を調べてもらい虫歯菌が多いと分かった場合、虫歯菌を減らすことは残念ですができません。
なので、虫歯にならないよう生活習慣を見直す必要があります。
かかりつけのクリニックで歯科衛生士さんにアドバイスをもらうのもいいでしょう。

  1. 食生活の改善
    虫歯菌が多い方で食事回数が多い場合は食事回数を決めるといいでしょう。
    食事回数とは朝、昼、夕以外に間食や糖分の入った紅茶やコーヒーをよく飲む、アメを舐める・・なども含まれます。
    食事回数が多ければ多い人ほどお口の中は虫歯になりやすい状態になるため、間食の内容を見直す、時間を決めて食べるなど工夫をして食生活の改善を行いましょう。
  2. 再石灰化の時間を作る
    お口の中では歯からカルシウム分が溶け出す脱灰と言われる作用とカルシウム分が歯に戻る再石灰化と言われる作用が繰り返されており、再石灰化を行うためにはある程度の時間が必要です。
    ですが、ダラダラと食べ続けているとそのタイミングがなくなるため歯は溶け続けてしまい虫歯になってしまいます。ですので、食べものをダラダラ食べたり、スポーツドリンクやジュースなどをお茶代わりに飲んだりしていると虫歯になりやすくなります。時間を決めて摂るようにし、摂ったら歯磨きを行うなどし再石灰化の時間を取るようにしましょう。
  3. 正しいブラッシング習慣をつける
    虫歯菌がお口の中に多い方は日ごろの正しい歯磨き習慣を身につけることが大切です。
    他の人より虫歯になるリスクが高いため、意識的に正しい歯磨きを行うようにしましょう。
    毎食後のブラッシングやフッ化物が入った歯磨き粉を使うなど、予防に有効なアイテムを取り入れることも大切です。
  4. キシリトール入りのアイテムを利用する
    キシリトールには虫歯菌の活動を弱める効果があると言われています。
    ですので、キシリトール入りのタブレットやガムを取り入れるようにすれば虫歯を防止することができます。
    ただ、キシリトールは虫歯になりにくい環境を作るためのものなので、適正な量を摂ることを心がけましょう。
  5. クリニックでの定期的な検診
    また、ご自分でのケア以外に定期的にクリニックで検診を受けることも虫歯予防に大切です。
    かかりつけのクリニックでお口の中の歯石を取ってもらい、フッ素塗布などを行ったりなどして虫歯にならないようにしましょう。

まとめ

虫歯はうつるものではなく、虫歯菌がうつることで虫歯になる・・ということがお分かり頂けましたか?
また、虫歯は感染症の1つで生活習慣病と言ってもいいでしょう。
さらに、虫歯は予防を行うことで防止できる病気だということもはっきりしています。
虫歯を予防し一生ご自分の歯で食べたり会話できるよう努めてくださいね!