虫歯が出来てしまう7つの原因

 

虫歯ができたかも…歯の痛みや変色を見つけたときに、歯医者さんに行きたくないな、と思ってしまいますね。

 

虫歯にならないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか。

まずは、虫歯になる原因を知り、虫歯予防に努めましょう。

 

■虫歯になる原因

1.正しい歯磨きができていない

歯みがきをしない人は虫歯になりますが、歯磨きをしている人の中にも、正しい歯磨き法を知らない人もいるかもしれません。

 

正しい歯磨きの仕方を知って、磨き残しを作らないのは虫歯予防で大切なことです。

虫歯の原因は歯に付いた食べかすが歯垢になり、歯垢に虫歯菌が繁殖しながら酸を出し、歯を溶かすことです。

まずは、歯垢を磨きのこなさないようにしましょう。

 

2.回数が少ない

食事をした後すぐには歯磨きしなくてもよいですが、1時間以内には歯磨きするようにしましょう。

 

食べかすが歯に残ったままだと、歯垢になり細菌が繁殖していきます。歯磨きするのが難しいなら水を飲んだり、うがいをするなどして、なるべく口の中の食べかすを洗い流すようにしましょう。

 

3.ダラダラ食べをする

口の中に常に食べ物があると、虫歯菌が酸をだし続けます。口の中が常に酸性なので、エナメル質が再石灰化をする時間がなくなってしまいます。

 

決まった時間に食事をとると、酸性に傾く時間は短くなり、虫歯になりにくくなります。

また、糖は虫歯菌を活発にさせるので、なるべく糖が入ってないおやつや飲み物のメニューを意識するとよいでしょう。

 

4.歯質がやわらかい

体質で歯が弱い人がいます。そうすると口内が酸性になったときに、歯が溶けやすくなってしまいます。

 

歯が溶けたところから虫歯が入り込み進行していくので、歯質を強化する作用のあるフッ素を毎日のケアにとりいれましょう。

 

5.唾液の量が少ない

酸性になったときに溶けた歯は、唾液により再生していきます。(脱灰)

食事のたびに歯は脱灰し、それを唾液が修復する作業を繰り返しています。(再石灰化)

 

唾液の量が少ないと、再石灰化できなかったり、追いつかなかったりして、虫歯が進行します。ガムを噛んだり、唾液分泌を促す工夫をしましょう。

 

6.虫歯菌が多い

虫歯菌は何種類もあり、主なものにミュータンス菌があります。それらの虫歯菌が口の中に存在しているかは、歯医者さんの唾液検査で調べることができます。

 

自分のタイプを知って、もし虫歯菌が多いタイプなら、より丁寧に歯磨きしたり、歯医者さんの定期検診の頻度を相談したり、対策をとることができますね。

 

7.虫歯治療が多い

保険診療で行われた虫歯治療は、銀歯などの被せ物の下で虫歯が再発することが多くあります。

 

保険診療の場合は、接着剤や診察方法の関係で、歯と被せ物や詰め物の間で隙間ができることがあります。

その隙間に虫歯菌が入ることが再発の原因となります。

 

また、接着剤がとけることや、被せ物の材質が経年劣化で割れたり縮んだりすることも隙間ができる原因です。

 

■虫歯予防にはフッ素が効果的

フッ素を普段のケアに取り入れると虫歯予防に効果を発揮しますが、その理由や取り入れ方をみていきましょう。

 

フッ素は3つの働きで虫歯予防に効果があります。

 

1.初期虫歯を修復

食事ごとに私たちの歯は脱灰と再石灰化を繰り返しています。

歯が溶けたあとの再石灰化が追い付かないと、初期虫歯になります。

フッ素は再石灰化を促進する効果があるので、初期虫歯を修復する働きがあります。

 

2.歯を強くする

再石灰化を繰り返して歯は硬い構造に変わり、歯が強くなっています。

強くなった歯は、初期虫歯にもなりにくくなります。

 

3.虫歯菌の繁殖を抑制

虫歯菌のだす酸で歯が溶けて、虫歯になります。

フッ素には虫歯菌の活動を抑える効果があるとされており、歯が溶けにくくなります。

 

歯磨き粉をフッ素入りのものに変えたり、フッ素が口の中になるべく残るように、歯を磨いた後のうがいの回数を控えめにしたりしましょう。

 

■歯石除去の効果

定期的に歯医者さんにクリーニングにいって、歯石を除去するのも大切なことです。

歯垢が歯石に変わると歯磨きでは取り除くことができません。歯医者さんに診てもらって歯石除去しましょう。

 

1.虫歯予防・歯周病予防

歯垢や歯石は細菌の塊で、虫歯や歯周病の原因になるので、その原因を取り除くことができます。

 

2.口臭を予防する

歯垢や歯石に在中している細菌が口臭の原因となっていることがあります。

口臭かも、と悩んでいる人は、まずお口の中、歯周ポケットを清潔にしてみましょう。

 

3.歯が白くなる

表面の着色や汚れが取り除かれることで、歯が本来の白さに戻ります。

歯垢や歯石は歯が黄ばんで見えたりする原因になります。

 

■星野歯科医院での虫歯治療

患者さんがリラックスして治療に臨めるように、歯医者さん特有のキーンという音が出にくい治療器具を使用しています。

 

また、できるだけ削らない治療をこころがけ、虫歯の進行状況では予防処置のまま削らないなど、その場だけでない、その後の歯の寿命も考えた治療です。

 

まとめ

虫歯にならないように定期的に歯医者さんに通院することがとても効果的です。虫歯の他にも歯周病などのチェックもしてもらえます。

 

痛みを我慢するために歯医者さんに通うのではなく、スッキリ歯垢を取り除いてもらい、歯本来の白さも戻る予防歯科はとてもおすすめです。

 

普段のケアにプラスして、時間を作って虫歯でないときに歯医者さんに通ってみましょう。